1/46

黒田 浩一

黒田 浩一

亀田総合病院

5830views

造血幹細胞移植後のワクチン接種についてまとめました。あまりなじみがない分野だと思いますが、血液内科・腫瘍内科の先生方の日々の診療にお役立ていただければ幸いです。2018年7月に作成したものです。

造血幹細胞移植後ワクチン

1. 造血幹細胞移植後ワクチン 亀田総合病院 感染症科 黒田浩一 2018.7作成 フェロー1年目講義用 注意:このスライドは、作者が個人的に作成したもので、所属施設の見解を代表したものではありません
2. 造血幹細胞移植(HSCT)後の免疫 ワクチンで予防できる抗体価は、移植後(同種移植、自家移植)1-10年で低下していく 移植後は、肺炎球菌、Hib、VZV、インフルエンザウイルス感染症の頻度が増え、重症化リスクも高い HSCT後の患者は、移植前のワクチン接種歴に関係なく、まったくワクチンを接種していない状態とみなす Clin Infect Dis 2014;58(3):e44-100 Bone Marrow Transplantation 2005;35:737–746
3. 造血幹細胞移植(HSCT)後の免疫 自然免疫系が先に移植後6ヶ月で回復し、その後獲得免疫系が移植後1年かけて回復していく 移植前の臨床経過、移植前処置の種類、移植細胞の種類、慢性GVHD、免疫抑制薬が影響する リンパ球の移植後の免疫学的回復は、新生児期から生後1年までのリンパ球発達過程に沿って回復する 造血細胞移植学会ガイドライン第2版, 2014
4. -