睡眠薬(眠剤)の副作用とは?~眠気、健忘、ふらつき、依存~

1/9

大澤 亮太

大澤 亮太

元住吉こころみクリニック

7572views

ここでは、睡眠薬(眠剤)のタイプ別、作用時間別の副作用の違い、代表的な副作用である眠気、健忘、ふらつき、依存について詳しく説明しています。それぞれの副作用の対応策(薬の種類の変更、減量、投与方法など)を掘り下げています。

睡眠薬(眠剤)の副作用とは?~眠気、健忘、ふらつき、依存~

1. 睡眠薬 眠剤 の副作用とは? 医者と学ぶ心のサプリ  )  (   ~眠気、健忘、ふらつき、依存~
2. 目次 睡眠薬のタイプによる副作用の違い 睡眠薬の作用時間による副作用の違い 代表的な睡眠薬の副作用について(眠気、健忘、ふらつき、睡眠薬依存)
3. バルビツール酸系は副作用、依存性どちらも強く現在ではほとんど使用されていない。 オレキシン受容体拮抗薬は夢を増加させるので、悪夢をみることがある。 *印がついているものは、起こる可能性もある。 1.睡眠薬のタイプによる副作用の違い
4. -