人工栄養の選択 ~本当にその栄養必要ですか?~

1/34

金上 輝明

金上 輝明

千葉大学医学部

563views

人工栄養の適応、 投与経路からカロリー計算、 栄養の割合の比率などを論文などを交えてまとめました。

人工栄養の選択 ~本当にその栄養必要ですか?~

1. Nutrition support Nutrition support 千葉大学医学部6年 金上 輝明 千葉大学医学部6年 金上 輝明
2. 2 Nutrition support とは 経腸 or 非経口で カロリー、電解質、ビタミン、ミネラル、微量元素、水分 を供給すること Acute critical illness 異化 > 同化、脂肪の利用障害 炭水化物の補給、筋肉のアミノ酸への変化を緩和
3. 3 Nutrition support の種類 Enteral nutrition Parenteral nutrition
4. 4 適応 High nutritional risk 意図的な経口摂取ができない 経腸栄養禁忌の場合に経静脈栄養 基本的に経腸栄養
5. 5 適応 High nutritional risk 意図的な経口摂取ができない 経腸栄養禁忌の場合に経静脈栄養 基本的に経腸栄養 状態が良くて5~7日以内に経口摂取が可能な場合 人工栄養は必要ない!
6. 6 禁忌 Ileus や 消化管吻合は禁忌ではない!
7. 7 Nutrition risk Poor nutrition status と 疾患の重症度
8. 8 Nutrition risk Poor nutrition status と 疾患の重症度
9. 9 投与開始時期 経腸栄養 経静脈栄養 (栄養状態〇) 経静脈栄養 (栄養状態×)
10. 10 Access 経腸栄養 経静脈栄養
11. 11 Access 経腸栄養 経静脈栄養 Gastric Post-pyloric 中心静脈 末梢静脈 使用頻度
12. 12 Access 経腸栄養 経静脈栄養 Gastric Post-pyloric 中心静脈 末梢静脈 使用頻度 2種類のチューブがある 1. Sump tube 2. Feeding tube ・太くて硬い ・細くて柔軟 ・長い期間の経腸栄養 ・胃の減圧に使用 ・短い期間の経腸栄養
13. 13 Access 経腸栄養 経静脈栄養 中心静脈 末梢静脈 Post-pyloric Gastric 誤嚥のリスク高い or gastric EN に耐えられない
14. 14 Access 経腸栄養 経静脈栄養 Gastric Post-pyloric 中心静脈 末梢静脈はめったに使用しない
15. 15 Access 経腸栄養 経静脈栄養 Gastric Post-pyloric 中心静脈
16. 16 Dosing weight Dosing weight = カロリー計算に使用する体重 Underweight (BMI < 18.5 kg/㎡) Normal (BMI 18.5 ~ 24.9 kg/㎡) Overweight (BMI 25 ~ 29.9 kg/㎡) Obese (BMI > 30 kg/㎡) 実測体重 PSU 2010 を使用
17. 17 Dosing weight Dosing weight = カロリー計算に使用する体重 Underweight (BMI < 18.5 kg/㎡) Normal (BMI 18.5 ~ 24.9 kg/㎡) Overweight (BMI 25 ~ 29.9 kg/㎡) Obese (BMI > 30 kg/㎡) 実測体重 PSU 2010 を使用 浮腫による体重増加を考慮する
18. 18 The Penn State University 2010 MSJ:男性 5 + 10 × Weight (kg) + 6.25 × Ht (cm) - 5 × Age (y)    女性 -161 + 10 × Weight (kg) + 6.25 × Ht (cm) - 5 × Age (y) Tmax:過去24時間の最大の体温 (℃) VE:分時換気量 (L/minute) Dosing weight = IBW + 0.4 (ABW - IBW)
19. 19 栄養
20. 20 栄養 蛋白 炭水化物  脂質 カロリー 25~30 kcal/kg/day ただし… 重症患者 体重増加が望まれる場合 初めの1週間 8~10 kcal/kg/day 35 kcal/kg/day を目標
21. 21 栄養 Mild to moderate illness Critical illness 0.8~1.2 g/kg/day (IBW) 1.2~1.5 g/kg/day (IBW)
22. 22 栄養 腎機能障害のとき  どうするんや
23. 23 栄養 Critical illness のときは問題なし! CRRT のときはさらに問題なし! 安心してください!
24. 24 栄養 低炭水化物/高脂肪や高炭水化物/低脂肪 は特に何も改善させない
25. 25 Formulation 経腸栄養 経静脈栄養
26. 26 Formulation 経腸栄養 経静脈栄養
27. 27 Formulation 経腸栄養 経静脈栄養 別に投与が必要なときも 脂肪乳剤、ビタミン、ミネラル ・脂肪乳剤 卵・大豆アレルギーに注意
28. 28 Monitoring Refeeding syndrome と Wernike脳症 に注意 経腸栄養 経静脈栄養 ルーチンの GRV 測定 は推奨されない! 水分バランス、電解質を 1日1回以上測定 開始時はより頻繁に計測
29. 29 Complications 経 腸 栄 養 経 静 脈 栄 養
30. 30 Complications 下痢 誤嚥 血流感染 経 腸 栄 養 経 静 脈 栄 養 and
31. 31 Complications 下痢 誤嚥 血流感染 経 腸 栄 養 経 静 脈 栄 養 and
32. 32 Complications 血流感染 経 腸 栄 養 経 静 脈 栄 養 下痢 誤嚥 and 最大の清潔操作と手洗いの徹底   で多くは防ぐことができる
33. 33 Take home massage 人工栄養が本当に必要か考慮する 経腸栄養をできる限り使用 手洗いと清潔操作を徹底しよう
34. 34 出典 1. Up to date ・nutrition support in critically ill patients 2. Dynamed plus ・enteral nutrition support in adult ・parenteral nutrition support in adult 3. Guideline 2016 https://www.nature.com/articles/ajg201628#t5  4. 論文