栄養と輸液/点滴の考え方、計算方法とその実際

1/18

近藤 猛

近藤 猛

名古屋大学医学部附属病院

6651views

栄養と輸液/点滴の考え方で理想体重の設定、水分量、電解質(Na:ナトリウムとK:カリウム)、総エネルギー量からタンパク質、脂質、炭水化物の決め方、微量元素(ビタミン、ミネラル)について紹介。スライド後半では栄養のモニタリング、Refeeding syndrome(リフィーディングシンドローム)について説明。

栄養と輸液/点滴の考え方、計算方法とその実際

1. 名古屋大学医学部付属病院総合診療科 病院助教 近藤 猛
2. 維持輸液と栄養計画 体重を決めよう 栄養を考える 5つのStep 栄養開始と中止 急性期の栄養 3つのPhase Refeeding Syndrome
3. 体重を決めよう 〜
4. -