急性期血糖コントロールとインスリン持続静注

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/16

シェア

石澤 嶺

東京北医療センター 外科

6774 page views

集中治療室や救命センターといった重症患者管理における血糖コントロールは非常に重要です。

本スライドでは、新規入院患者を診る全ての医師が知っておくべき血糖コントロールのうち、特にインスリン持続静注にフォーカスして解説しています。

文献 
1) N Engl J Med. 2001 Nov 8;345(19):1359-67.
https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa011300

2) N Engl J Med. 2009 Mar 26;360(13):1283-97. 
https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa0810625

3) JAMA. 2008 Aug 27;300(8):933-44.   
https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/182432

4) CMAJ. 2009 Apr 14;180(8):821-7. 
http://www.cmaj.ca/content/cmaj/180/8/821.full.pdf

5) Chest. 2010 Mar;137(3):544-51.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20018803

6) 日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)
https://www.jsicm.org/pdf/jjsicm24Suppl2-2.pdf


※本スライドは、Antaaウェブサイト上に掲載された「Antaa×中外医学社」の共同企画記事を再編集して作成されました。

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

19349 10

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

241804 105

アルコール診療をアップデートせよ!

総合診療医、家庭医を対象としたアルコール使用障害の勉強会で使用したスライドです。 否定の病気である使用障害の患者・家族に接する際にご参照になれば幸いです

8896 21

ちゃんとできる!骨粗鬆症!

若手医師向けに骨粗鬆症の解説スライドを作りました。YouTubeにも解説動画をUpしていますのでそちらもご覧ください!URL:https://youtu.be/3seRqhEaT_o

29318 13

いまさら先輩には聞けない足関節捻挫

前半では、時間外救急部門や一般整形での診療の流れを、 後半では、スポーツ整形での重症度評価やスポーツ復帰スケールについて学べます AntaaNEWSでの解説動画はこちら https://qa.antaa.jp/stream/contents/136 鹿児島県 米盛病院 https://www.yonemorihp.jp/ Spolink JAPAN〜日本のスポーツ医療体制を良くするコミュニティ〜 https://spolink-japan.com/ https://qa.antaa.jp/stream/contents/133

8533 15

急性期血糖コントロールとインスリン持続静注

1. 急性期血糖コントロールとインスリン持続静注 石澤 嶺(地域医療振興協会 東京北医療センター 外科) ─ その処方例から注意点/エビデンスまで
2. 2 プロフィール 石澤 嶺(いしざわ りょう) 地域医療振興協会 東京北医療センター 外科 東京医療センターにて初期研修の後、そのまま救命センターで後期研修を開始し救急外来および救命センターでの集中治療に従事。 現在は外科医として赤羽の東京北医療センターで研鑽を積んでいる 趣味は研修医教育。その一環として「救急医 ざわさん」名義でTwitterやブログで情報発信を行っている。 ブログ: http://zawa99.hatenablog.com/ Twitter: @ryo31527
3. 本スライドについて 集中治療室や救命センターといった重症患者管理における血糖コントロールは非常に重要です。 本スライドでは、新規入院患者を診る全ての医師が知っておくべき血糖コントロールのうち、特にインスリン持続静注にフォーカスして解説しています。 3 ※本スライドは、Antaaウェブサイト上に掲載された「Antaa×中外医学社」の共同企画記事を再編集して作成されました。
4. -