医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン
<東京北プレゼン部:症例プレゼンではオープニングステートメントで心をつかめ> L1.png

関連テーマから出会おう。

閲覧履歴からのおすすめ

Antaa Slide
多職種のための認知症の診断と治療

多職種のための認知症の診断と治療

近藤敬太

続けて閲覧
【藤田総診】嚥下障害【荒川裕香】

【藤田総診】嚥下障害【荒川裕香】

近藤敬太

続けて閲覧
投稿者

東京北総診

1/15

テキスト全文

  • #1.

    お願いですから 症例プレゼンの 出オチだけは おやめください 開始5秒で心をつかむ opening statement

  • #2.

    「胸痛で受診した49歳男性です」 こんなプレゼンだと 開始5秒で萎えるんです

  • #3.

    プレゼンの大きな目標は 「伝えたいことを しっかり伝える」 そのためには ノイズを減らすことが重要

  • #4.

    ノイズには情報量や見た目も含まれるが 聞き手の頭に余計なことを 考えさせてしまうことも 大きなノイズになる

  • #5.

    症例プレゼンが伝わりづらい理由の1つに 聞き手によけいなことを考えさせて 頭を消耗させてしまうことがある 本来検討したい内容をしっかりと検討するためには 論点までに相手を無駄に消耗させないことが重要

  • #6.

    さっきのプレゼンだと,本来の論点に移る前に聞き手が 疲れて脱落してしまったり,イライラしてまともな議論が できなくなってしまう可能性がある

  • #7.

    そこで使う技が opening statement(OS) 症例プレゼンの冒頭に述べる その患者の状況を表す一文

  • #8.

    opening statement(OS) に含むもの 名前,年齢,性別 必要に応じ ADL,住居,職業 今回の主訴に関連する既往,併存疾患 今回の主訴とその特徴 ex) 山田さんは,認知症があり施設入所中のADL全介助の 82歳女性で,食事中の咳嗽と呼吸困難で搬送されました

  • #9.

    OSのメリット 患者さん個人のイメージがわきやすい 余計なことを考えずに聞けるので疲れない キーワードから診断推論につなげやすい

  • #10.

    opening statement OFF 「胸痛で受診した54歳男性です」 狭心症?大動脈解離?気胸?リスクは? 労作性?突然発症?いつから? そんなことばかり考えて,プレゼンに集中できない opening statement ON 「高血圧,脂質異常症を持ち,1週間前からの 労作性の胸痛発作で受診した54歳男性です」 なるほど,狭心症を疑う患者だな.どんな経過だろう? 余計なことを考えずに,プレゼンに集中できる

  • #11.

    初診/初回OS 「ADL自立の心房細動を持つ65歳男性 で,突然発症の左上下肢麻痺で 救急搬送された方です」 病棟/2回目OS 「元々ADL自立の心房細動を持つ65歳男性で, 左上下肢麻痺で発症した脳梗塞のため 入院3日目の患者さんです」

  • #12.

    OSのポイント 長ったらしくしない それただの現病歴じゃんというのはよくある 関係のない既往/併存疾患を言わない 鑑別や経過に関係ないものまで含めるのもよくある 突然発症の胸痛患者に虫垂炎切除歴は不要

  • #13.

    クロージング opening statementで 開始5秒で心をつかめ

<東京北プレゼン部:症例プレゼンではオープニングステートメントで心をつかめ>

  • 内科

  • 総合診療科

  • 初期研修医

  • 総合診療
  • プレゼン
  • 東京北プレゼン部
  • 東京北総診
  • ロールキャベツ系総診
  • 東京北医療センター
  • オープニングステートメント

50,213

238

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
東京北総診

公益社団法人地域医療振興協会東京北医療センター

概要

「胸痛を主訴に受診した45歳男性です」ってプレゼンされると,けっこう萎えてしまう人が多いんではないかと思います.

いきなり現病歴よりはよいですが,初手としてはもうちょっと考えやすいように情報を入れてくれると助かりますね.

今回は症例プレゼンの第一声となるオープニングステートメントを取り上げました.オープニングステートメントは症例プレゼンの冒頭に述べるその患者の状況を表す一文です.

これがあるとないでは,第一印象とその後の展開が大きく変わるので,ぜひ入れましょう!

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

テキスト全文

  • #1.

    お願いですから 症例プレゼンの 出オチだけは おやめください 開始5秒で心をつかむ opening statement

  • #2.

    「胸痛で受診した49歳男性です」 こんなプレゼンだと 開始5秒で萎えるんです

  • #3.

    プレゼンの大きな目標は 「伝えたいことを しっかり伝える」 そのためには ノイズを減らすことが重要

  • #4.

    ノイズには情報量や見た目も含まれるが 聞き手の頭に余計なことを 考えさせてしまうことも 大きなノイズになる

  • #5.

    症例プレゼンが伝わりづらい理由の1つに 聞き手によけいなことを考えさせて 頭を消耗させてしまうことがある 本来検討したい内容をしっかりと検討するためには 論点までに相手を無駄に消耗させないことが重要

  • #6.

    さっきのプレゼンだと,本来の論点に移る前に聞き手が 疲れて脱落してしまったり,イライラしてまともな議論が できなくなってしまう可能性がある

  • #7.

    そこで使う技が opening statement(OS) 症例プレゼンの冒頭に述べる その患者の状況を表す一文

  • #8.

    opening statement(OS) に含むもの 名前,年齢,性別 必要に応じ ADL,住居,職業 今回の主訴に関連する既往,併存疾患 今回の主訴とその特徴 ex) 山田さんは,認知症があり施設入所中のADL全介助の 82歳女性で,食事中の咳嗽と呼吸困難で搬送されました

  • #9.

    OSのメリット 患者さん個人のイメージがわきやすい 余計なことを考えずに聞けるので疲れない キーワードから診断推論につなげやすい

  • #10.

    opening statement OFF 「胸痛で受診した54歳男性です」 狭心症?大動脈解離?気胸?リスクは? 労作性?突然発症?いつから? そんなことばかり考えて,プレゼンに集中できない opening statement ON 「高血圧,脂質異常症を持ち,1週間前からの 労作性の胸痛発作で受診した54歳男性です」 なるほど,狭心症を疑う患者だな.どんな経過だろう? 余計なことを考えずに,プレゼンに集中できる

  • #11.

    初診/初回OS 「ADL自立の心房細動を持つ65歳男性 で,突然発症の左上下肢麻痺で 救急搬送された方です」 病棟/2回目OS 「元々ADL自立の心房細動を持つ65歳男性で, 左上下肢麻痺で発症した脳梗塞のため 入院3日目の患者さんです」

  • #12.

    OSのポイント 長ったらしくしない それただの現病歴じゃんというのはよくある 関係のない既往/併存疾患を言わない 鑑別や経過に関係ないものまで含めるのもよくある 突然発症の胸痛患者に虫垂炎切除歴は不要

  • #13.

    クロージング opening statementで 開始5秒で心をつかめ

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

東京北総診さんの他の投稿スライド

<東京北EBM>ベイズの定理

<東京北EBM>ベイズの定理

#診断 #EBM #ロールキャベツ #東京北 #ベイズ

東京北総診

東京北総診

34

8,404

最終更新:2021年7月12日

<東京北総合診療/プレゼン部>インストラクショナル・デザイン

<東京北総合診療/プレゼン部>インストラクショナル・デザイン

#総合診療 #教育 #プレゼン #インストラクショナルデザイン #東京北プレゼン部 #東京北総診 #ロールキャベツ系総診 #東京北医療センター #レクチャー

東京北総診

東京北総診

44

16,441

最終更新:2023年3月20日

<東京北プレゼン部:医療スライドでのあしらい(装飾)を学ぶ>

<東京北プレゼン部:医療スライドでのあしらい(装飾)を学ぶ>

#総合診療 #プレゼン #東京北プレゼン部 #東京北総診 #ロールキャベツ系総診 #東京北医療センター #装飾 #あしらい

東京北総診

東京北総診

70

16,730

最終更新:2023年3月6日

もっと見る


このスライドと同じ診療科のスライド

総合診療医が教える!抗菌薬入門(2024年アップデート版)第三夜 演習編:全三回

総合診療医が教える!抗菌薬入門(2024年アップデート版)第三夜 演習編:全三回

#抗菌薬 #感染症 #細菌 #ペニシリン系 #カルバペネム #セフェム系

水谷肇

水谷肇

485

62,070

最終更新:2024年5月23日

総合診療医が教える!抗菌薬入門(2024年アップデート版)第二夜 各論編:全三回

総合診療医が教える!抗菌薬入門(2024年アップデート版)第二夜 各論編:全三回

#抗菌薬 #感染症 #細菌 #ペニシリン系 #カルバペネム #セフェム系

水谷肇

水谷肇

1,957

257,739

最終更新:2024年5月23日

総合診療医が教える!抗菌薬入門(2024年アップデート版)第一夜 総論編:全三回

総合診療医が教える!抗菌薬入門(2024年アップデート版)第一夜 総論編:全三回

#抗菌薬 #感染症 #細菌 #ペニシリン系 #カルバペネム #セフェム系

水谷肇

水谷肇

1,278

191,403

最終更新:2024年5月23日

高K血症に出会ったら? =専門医へ送るタイミング=

高K血症に出会ったら? =専門医へ送るタイミング=

#腎臓内科 #高K血症 #腎不全 #糖尿病性ケトアシドーシス #代謝性アシドーシス #尿細管性アシドーシス #食事指導 #副腎不全 #偽性高K血症

さくら@漢方/腎臓内科

さくら@漢方/腎臓内科

19

3,308

最終更新:2024年5月23日

【救急外来/一般外来】3STEPの問診【どんな診察でもすぐに使える!】

【救急外来/一般外来】3STEPの問診【どんな診察でもすぐに使える!】

#初期研修医向け #救急外来 #診断推論 #総合診療 #研修医 #総合内科 #外来診療 #専攻医

小栗太一

小栗太一

139

35,527

最終更新:2024年4月25日

EBMとジャーナルクラブ

EBMとジャーナルクラブ

#EBM #論文 #批判的吟味 #患者中心の医療の方法 #ジャーナルクラブ #Information Mastery #Usefulness Equation #医学雑誌 #Foraging #背景疑問 #前景疑問 #Hunting #査読

松島和樹

松島和樹

192

43,222

最終更新:2024年4月16日



Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter