喘息患者へのアプローチ

1/37

近藤 猛

近藤 猛

名古屋大学医学部附属病院

3602views

ERでの喘息患者へのアプローチ、その治療。一般症例から重症例まで。

喘息患者へのアプローチ

1. 31歳男性 「うつ病」にてDAIG○病院かかりつけ ここ数年秋に長引く咳に悩まされることが多かったが医者にはかかっていなかった 今年の秋は夜に時々息苦しいこともあったが座るとましになるため様子を見ていた 本日より呼吸苦が出現、様子をみていたががまんできなくなり深夜2時に救急車をコール
2. ERでの喘息 2009 6/27音羽病院 ERレクチャー 音羽病院シニアレジデント2年次 近藤 猛
3. 31歳男性 本日より呼吸苦が出現、様子をみていたががまんできなくなり深夜2時に救急車をコール SpO2 96% Wheezeはなし, 息を苦しそうにしておりしゃべることもできない あれあれまたいつもの過換気? 「ほ~らゆっくり息をしてね」
4. -