Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/17

<東京北総診>会議を仕立てろ!状況整理編

  • その他

  • 初期研修医

  • 東京北総診
  • ロールキャベツ系総診
  • 会議
  • 病院総合診療

2,023

11

2022/2/24

内容

総合診療医たるもの,医師,多職種との連携は必須スキルです.参加する会議も多いと思います.

ただ,会議に出ても,何を話し合っているのかわからない.目的がわからない.時間が終わらないなど「これ,出てる意味あるの?」と感じてしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は会議を円滑にするための方法を状況整理,比較,考えるに分けてご紹介します.

まずは状況整理編です.

https://www.tokyokita-resident.jp/rollcabbage/tips/

東京北総診

東京北医療センター


東京北総診さんの他の投稿スライド

<東京北EBM>ベイズの定理

#診断 #EBM #ロールキャベツ #東京北 #ベイズ

12

2,540

<東京北プレゼン部:図をつかいこなす 総論>

#総合診療 #プレゼン #東京北 #東京北プレゼン部 #ロールキャベツ系総診 #ダイアグラム #図

19

6,568

<東京北プレゼン部:達人スタイル>田中スタイル

#総合診療 #スライド #東京北プレゼン部 #ロールキャベツ系総診 #東京北医療センター #キャッチコピー

6

3,577

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(284)

消化器内科(48)

循環器内科(67)

呼吸器内科(63)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(40)

腎臓内科(20)

アレ膠リウマチ内科(21)

脳神経内科(82)

総合診療科(104)

救急科(300)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(12)

泌尿器科(19)

形成外科(14)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(35)

産婦人科(42)

精神科(54)

放射線科(44)

麻酔科(10)

緩和ケア科(19)

感染症科(166)

産業医(3)

初期研修医(237)

その他(259)


<東京北総診>会議を仕立てろ!状況整理編

  1. 専攻医のための 会議の流儀 フレームワーク紹介 状況整理編

  2. 総合診療科では「業務改善」のために 会議を行うことも多い しかし,それぞれが言いたいことばかり言って 話が前に進まないことも多かろう

  3. 当院のプロジェクトに関わった ある専攻医の院内の○○委員会後の一言 「 会議にホワイトボードとペンがあれば, もっと効率よく建設的な議論ができる のに,なんでしないんですかね マジでイラつきますね 」 そう,色々な背景を持った人との会議で 必要なのは ホワイトボード,ペン,ふせん そして,フレームワークだ!

  4. フレームワーク 会議で使えそうな武器 状況整理系 考える系 比較系

  5. フレームワーク 会議で使えそうな武器 状況整理系 KJ法 ロジックツリー プロセスマップ フィッシュボーン システムループ

  6. 状況整理系フレームワーク KJ法 ブレインストーミングからの再構成 ひとまず問題点などをブレインストーミングして ふせんで挙げまくり,似た者同士をグルーピング. そのグループをこれ以降のフレームワークのパー ツにしてもよい

  7. KJ法例 「なんかみんな疲れている」 自分が成長しているのか わからない COVID19が不安定 新人が多い カンファが多い タスクが多い 最近眠れない 入院患者が多い 外来患者が多い 状況の不安定さ カンファが多い 入院患者が多い カンファの内容が難しい ハレがない 外来患者が多い 燃え尽きてる? 最近眠れない ボーッとしちゃう 重症患者が多い COVID19が不安定 重症患者が多い ハレがない ボーッとしちゃう PF書かなきゃ 調べることが多い 患者さんとトラブル 調べることが多い その他 PF書かなきゃ カンファの内容が難しい 新人が多い 患者さんとトラブル 自分が成長しているのか わからない

  8. 状況整理系フレームワーク ロジックツリー モレなく,ダブリなく が合言葉 問題の構造を可視化することで 議論の焦点をはっきりさせやすい これをやると話がとっちらからない いい加減にやって,モレ・ダブリがでると 後々,場が混乱しやすい

  9. ロジックツリー例 「学会発表が少ない」 学会発表が少ない スキル欠乏 ネタ欠乏 やる気欠乏 情報整理力 診断力 本人の気持ち まとめ力 情報収集力 科の雰囲気 プレゼン力 知識

  10. 状況整理系フレームワーク プロセスマップ 物事の流れに沿って 問題点などを整理 プロセスを図示することで どの流れのどの部分にどんな問題が あるのかが把握しやすい

  11. プロセスマップ例 問題整理型 「外来診察までが遅い」 そもそも事務の人数が少なく長蛇の列 書類作成に時間がかかる 検温の手間 診療科の振り分けで戸惑う 問診票が医師の手元に コミュニケーションが難しい患者さんで止まる 来るまでが遅い 患者さんが順番がわからず 動線が複雑で患者さんが迷う どこかに行ってしまう 物理的に遠い 受付 看護師問診 医師診察 医者がブースにいない なんかのんびりしてる 患者さんを順番通り呼ばない すごく密度の高い問診を取る 処置の付添いなどで看護師が足りない 待合にいない患者さんを探す必要がある 目標整理型 「専攻医がEBMを学ぶには」 二次資料に慣れる 抄読会で単語に慣れる S1 S2 抄読会でレクチャー 診療で適用をできる S3 自分で吟味できる 抄読会を楽しめる 隣の後輩に教えられる S4 フレームワークを 使って診療・指導

  12. 状況整理系フレームワーク フィッシュボーン 問題に対して,ある程度カテゴリが わかっている場合に カテゴリを骨として図示することで カテゴリごとにどんな問題があるのかが 把握しやすい

  13. フィッシュボーン例 「カンファに人が集まらない」 カンファへの思い 自分が行かなくても 大丈夫 行っても意見が反映 されない 怒られる 発言しづらい 雰囲気が悪い 多忙 日常診療の負担多 カンファが多い レベルが 合ってない ニーズに 合ってない 学習面での魅力がない

  14. 状況整理系フレームワーク システムループ それぞれのトピックの関連性を図示 変化が他の部分にどう影響するか 家庭医療理論ではおなじみのやつ それぞれの関係性を知ることで, パッと見の解決法が他の部分に 悪影響をきたすことなどが可視化できる 慣れないとこれをハンドリングするのは大変かも

  15. システムループ例 業務負担 同 経験値 同 担当機会 同 担当意欲 同 同 カンファの参加を 増やしたい 知識 重症管理を 身に着けたい 参加意欲 同 同 同 自信 やりがい 逆 逆 同 参加人数 同:同じ方向に動く 逆:逆の方向に動く

  16. さて,次の会議はどこだ

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.