医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

降圧薬と高K血症のマネージ 〜Kはこのように調整すると上手くいく〜 L1.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

投稿者

長澤@腎臓内科

1/23

テキスト全文

  • #1.

    降圧薬と高K血症のマネージ 〜Kはこのように調整すると上手くいく〜 長澤@腎臓内科 1

  • #2.

    降圧薬のTips ✔ RAA系を使う症例を見極める ✔ K値をどこまで許容するか? → 危ない高K血症はこう見分ける ✔ K値の調整方法(入院/外来) → 入院させての対応方法、外来ではK吸着薬がメイン 2

  • #3.

    高血圧診療の大事なポイント ✔ 心血管イベントを防ぐために血圧コントロールは極めて重要 → 特に日本人では、脳出血、脳梗塞、心不全、CKD、心筋梗塞を減らせる可能性が高い ✔ 降圧度が一番大事 日本人は欧米人と比べて心筋梗塞が少ない → 薬にばかり目がいっていてはだめ、降圧目標に達しているかを第一に考える ✔ 同じ血圧ならば、RAA系が有利な場面が出てくる → 生命予後、臓器保護(心臓、腎臓)の観点から ✔ そのためにRAA系が適応となる疾患がある(後で解説) ✔ ただし、RAA系で高K血症はかなり多い副作用であるのでこのマネージができた方が良い 3

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

降圧薬と高K血症のマネージ 〜Kはこのように調整すると上手くいく〜

  • 内科

  • 循環器内科

  • 腎臓内科

  • 高カリウム血症
  • RAA系
  • ケイキサレート
  • カリメート
  • ロケルマ

80,750

671

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
長澤@腎臓内科

東北大学病院

概要

高血圧診療において、心血管イベントを防ぐための血圧コントロールは極めて重要です。このスライドでは降圧薬について、RAA系を使う症例の見極め方と危ない高K血症の見分け方についてまとめました。

◎目次

・降圧薬のTips

・高血圧診療の大事なポイント

・降圧の目標値

・リスク別の降圧目標

・患者に正しい血圧測定方法を

・RAA系を使うべき患者像(各種ガイドラインから)

・実践的降圧薬選択方法

・実践的なRAA系導入方法

・RAA系を使うのは分かってるけれど…

・高K血症の患者側のチェックポイント(私見)

・どのK値まで許容するか?まずは患者を診る!

・危ない高K血症

・許容できない高K血症を外来だったらこうする

・K吸着薬の使い分け

・尿がでるか分からない→入院

・尿がでるか?

・RAA系の効果判定

・RAA系使うときのちょっとしたコツ

・Q&A どの薬がいいですか?

・Q&A RAA系の再開時期は?

本スライドの対象者

研修医/専攻医/専門医

テキスト全文

  • #1.

    降圧薬と高K血症のマネージ 〜Kはこのように調整すると上手くいく〜 長澤@腎臓内科 1

  • #2.

    降圧薬のTips ✔ RAA系を使う症例を見極める ✔ K値をどこまで許容するか? → 危ない高K血症はこう見分ける ✔ K値の調整方法(入院/外来) → 入院させての対応方法、外来ではK吸着薬がメイン 2

  • #3.

    高血圧診療の大事なポイント ✔ 心血管イベントを防ぐために血圧コントロールは極めて重要 → 特に日本人では、脳出血、脳梗塞、心不全、CKD、心筋梗塞を減らせる可能性が高い ✔ 降圧度が一番大事 日本人は欧米人と比べて心筋梗塞が少ない → 薬にばかり目がいっていてはだめ、降圧目標に達しているかを第一に考える ✔ 同じ血圧ならば、RAA系が有利な場面が出てくる → 生命予後、臓器保護(心臓、腎臓)の観点から ✔ そのためにRAA系が適応となる疾患がある(後で解説) ✔ ただし、RAA系で高K血症はかなり多い副作用であるのでこのマネージができた方が良い 3

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

長澤@腎臓内科さんの他の投稿スライド

糖尿病性腎症の捉え方 〜臨床上大事なのはアルブミン尿の有無〜

糖尿病性腎症の捉え方 〜臨床上大事なのはアルブミン尿の有無〜

#アルブミン尿 #eGFR #RRT #血糖 #心血管イベント #uAlb #CVD #糖尿病性糸球体硬化症 #糖尿病関連腎臓病

長澤@腎臓内科

長澤@腎臓内科

47

8,987

最終更新:2024年3月19日

腎臓内科のキャリア〜 2023 年の中年腎臓内科からの 1 つの視点の提供〜

腎臓内科のキャリア〜 2023 年の中年腎臓内科からの 1 つの視点の提供〜

#キャリア #大学病院 #キャリアパス

長澤@腎臓内科

長澤@腎臓内科

143

51,471

最終更新:2023年5月11日

検尿のススメ 〜たんぱく尿、アルブミン尿は腎予後、生命予後に大事! 非専門医はここを押さえて治療して欲しい!〜

検尿のススメ 〜たんぱく尿、アルブミン尿は腎予後、生命予後に大事! 非専門医はここを押さえて治療して欲しい!〜

#腎臓内科 #検尿 #尿たんぱく #uP #アルブミン尿 #eGFR #紹介基準

長澤@腎臓内科

長澤@腎臓内科

296

52,981

最終更新:2022年1月4日

もっと見る

関連するスライド

【5分で学べる】高カリウム血症治療のまとめ【ER頻用薬シリーズ】

【5分で学べる】高カリウム血症治療のまとめ【ER頻用薬シリーズ】

#初期研修医向け #救急外来 #救急科 #みんなの救命救急科 #高カリウム血症 #初期研修医

三谷雄己

三谷雄己

473

107,936

最終更新:2022年7月9日

もう怖くない!高カリウム血症の慢性期管理

もう怖くない!高カリウム血症の慢性期管理

#糖尿病 #CKD #高K血症 #透析 #高カリウム血症 #ロケルマ #DKD治療 #Pseudohyperkalemia #K吸着薬 #RAA #食事指導

長澤@腎臓内科

長澤@腎臓内科

166

23,356

最終更新:2024年3月11日

#3 K代謝異常 | 電解質輸液塾

#3 K代謝異常 | 電解質輸液塾

#輸液 #医学生 #研修医 #K代謝異常 #低K血症 #高K血症 #電解質輸液塾 #低カリウム血症 #高カリウム血症

門川俊明

門川俊明

863

265,035

最終更新:2021年12月4日

【なぜ?どうして?どうする…?】高カリウム血症のギモン

【なぜ?どうして?どうする…?】高カリウム血症のギモン

#高K血症 #高カリウム血症

三谷雄己

三谷雄己

100

23,344

最終更新:2024年3月27日

ER頻用薬の塩コショウ【2023年度版アップデート】

ER頻用薬の塩コショウ【2023年度版アップデート】

#ショック #高カリウム血症 #低血糖 #アナフィラキシーショック #高血圧性緊急症 #Award2023受賞

三谷雄己

三谷雄己

1,494

349,001

最終更新:2023年8月15日

高カリウム血症の薬剤処方と治療 〜診療科別でみた傾向〜

高カリウム血症の薬剤処方と治療 〜診療科別でみた傾向〜

#心不全 #CKD #高K血症 #高カリウム血症 #ケイキサレート #カリメート #ロケルマ #慢性腎不全 #ポリスチレンスルホン酸Ca経口ゼリー #ジルコニウムシクロケイ酸Na #カリウム吸着剤

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

78

22,575

最終更新:2024年4月26日


このスライドと同じ診療科のスライド

利尿薬の使い方〜体液量過剰に使うものだという認識が第一歩〜

利尿薬の使い方〜体液量過剰に使うものだという認識が第一歩〜

#腎臓内科 #高K血症 #利尿薬 #サイアザイド #高カリウム血症 #マンニトール #スピロノラクトン #ループ利尿薬 #トルバプタン #グリセロール #低Mg血症

長澤@腎臓内科

長澤@腎臓内科

1,484

168,957

最終更新:2022年12月22日

睡眠時無呼吸症候群に気づいてから紹介につなげるまで

睡眠時無呼吸症候群に気づいてから紹介につなげるまで

#眠気 #睡眠時無呼吸症候群 #CPAP

吉峯晃平

吉峯晃平

17

4,528

最終更新:2024年5月22日

活動性ループス腎炎の導入療法としてタクロリムスとミコフェノール酸モフェチルを比較したランダム化比較試験の長期転帰

活動性ループス腎炎の導入療法としてタクロリムスとミコフェノール酸モフェチルを比較したランダム化比較試験の長期転帰

#臨床研究 #総合内科 #内科 #内科専門医 #腎臓内科 #治療 #専門医 #膠原病内科 #SLE #免疫抑制剤 #膠原病 #抄読会 #GC #膠原病診療 #RCT #AZA #寛解導入 #TAC #MMF

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

9

1,991

最終更新:2024年5月16日

高カリウム血症の薬剤処方と治療 〜診療科別でみた傾向〜

高カリウム血症の薬剤処方と治療 〜診療科別でみた傾向〜

#心不全 #CKD #高K血症 #高カリウム血症 #ケイキサレート #カリメート #ロケルマ #慢性腎不全 #ポリスチレンスルホン酸Ca経口ゼリー #ジルコニウムシクロケイ酸Na #カリウム吸着剤

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

78

22,575

最終更新:2024年4月26日

非専門医が”間質性肺炎を診る”とは

非専門医が”間質性肺炎を診る”とは

#間質性肺炎 #ILD #間質性肺疾患 #ILA

飛野和則

飛野和則

84

32,907

最終更新:2024年3月21日

医師の医療機器開発 〜薬事承認までの道のりと展開戦略〜

医師の医療機器開発 〜薬事承認までの道のりと展開戦略〜

#医療機器開発 #起業 #超聴診器 #薬事承認 #資金調達

小川晋平

小川晋平

15

6,329

最終更新:2024年3月5日



Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter