医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ〜リスク、食事、薬剤、リハ〜 L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/104

関連するスライド

【2022年改訂版】誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ〜リスク、食事、薬剤、リハ〜

【2022年改訂版】誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ〜リスク、食事、薬剤、リハ〜

森川

327892

976

誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ〜リスク、食事、薬剤、リハ〜

投稿者プロフィール
森川暢

市立奈良病院

259,540

503

概要

本スライドは【2022年改訂版】があります。改訂版はこちら。

https://slide.antaa.jp/article/view/de5f50acba484414

研修医なら誰でも出会う誤嚥性肺炎。絶食+抗菌薬のルーチンの対応をしていませんか?誤嚥性肺炎のマネジメント内科医としての腕が試されていると言っても過言ではありません。今回ABCDEアプローチでリスク評価、急性期疾患の治療、食事形態と栄養、薬剤のチェック、リハビリと総合的アプローチを行いマネジメントしていくことを学びます。

本スライドの対象者

研修医/専攻医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

【2022年改訂版】誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ〜リスク、食事、薬剤、リハ〜

【2022年改訂版】誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ〜リスク、食事、薬剤、リハ〜

森川暢

森川暢

327,892

976

医師がよく遭遇する嚥下障害の診かた

医師がよく遭遇する嚥下障害の診かた

國枝顕二郎

國枝顕二郎

41,577

128

ABCDアプローチ【救急診療の総論】

ABCDアプローチ【救急診療の総論】

三谷雄己

三谷雄己

120,980

194

口腔衛生と全身管理〜感染性心内膜炎、誤嚥性肺炎、周術期口腔機能管理、知っておきたい歯科連携のツボ〜

口腔衛生と全身管理〜感染性心内膜炎、誤嚥性肺炎、周術期口腔機能管理、知っておきたい歯科連携のツボ〜

Dr.心拍

Dr.心拍

14,475

46




テキスト全文

  • #1.

    誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ 総合内科チーフ 森川暢

  • #2.

    運命の本

  • #3.

    79歳 女性  自宅 認知症と高血圧の既往歴あり。 ADLは、伝い歩きだが徐々に衰えてる。  内服薬は、レンドルミン、アムロジン 要介護4 今回、誤嚥性肺炎で入院。 どう、マネージメントしますか??

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter