医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

小児外科領域のERASについて L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/18

関連するスライド

クリスマスはサンタが来るから小児救急受診数少ないのでは?

クリスマスはサンタが来るから小児救急受診数少ないのでは?

住吉翔元

22

22

正しく知る腸閉塞とイレウス

正しく知る腸閉塞とイレウス

@KI77消化器外科

446

446

キズの呼び方

キズの呼び方

中村磨美

209

209

小児外科領域のERASについて

投稿者プロフィール
山田直樹

大島病院

4,049

12

概要

小児外科領域のERASについての包括的な研究論文の紹介です。

少しでも参考になれば幸いです。

本スライドの対象者

研修医/専攻医/専門医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

クリスマスはサンタが来るから小児救急受診数少ないのでは?

クリスマスはサンタが来るから小児救急受診数少ないのでは?

住吉翔元

住吉翔元

22

22,896

2022/12/27

正しく知る腸閉塞とイレウス

正しく知る腸閉塞とイレウス

@KI77消化器外科

@KI77消化器外科

446

71,391

2021/12/12

キズの呼び方

キズの呼び方

中村磨美

中村磨美

209

57,728

2021/2/13

熱性けいれんの対応ー救急での対応と家族への説明ー当直の前に一度確認!

熱性けいれんの対応ー救急での対応と家族への説明ー当直の前に一度確認!

どっと@小児科

どっと@小児科

680

163,963

2022/2/25




テキスト全文

  • #1.

    An enhanced recovery after surgery pathway in pediatric colorectal surgery improves patient outcomes Laura N. Purcell ¹⁾, Kathleen Marulanda ¹⁾, Matthew Egberg ²⁾, Sabrina Mangat ³⁾, Christopher McCauley ³⁾, Nicole Chaumont ¹⁾, Timothy S. Sadiq ¹⁾, Concetta Lupa ⁴⁾, Peggy McNaull ⁴⁾, Sean E. McLean ¹⁾, Andrea Hayes-Jordan ¹⁾, Michael R. Phillips ¹⁾, 1)Department of Surgery, University of North Carolina at Chapel Hill, NC 2)Department of Pediatrics, University of North Carolina at Chapel Hill, NC 3)College of Medicine, University of North Carolina at Chapel Hill, NC 4)Department of Anesthesiology, University of North Carolina at Chapel Hill, NC Journal of Pediatric Surgery,Journal of Pediatric Surgery 56 (2021)p115–120 選択必修BSL小児外科 自治医科大学医学部5年 山田直樹

  • #2.

    背景  Enhanced recovery after surgery (ERAS)は、術後の早期回復を目指して周術期の管理方法を集学的に実施するプロトコルである。  特に、成人の結腸・直腸手術の領域において、手術侵襲等のストレスからの回復をはやめるために用いられている。  既存の研究では、成人および小児の小規模集団でのERASを用いた周術期管理が実施されているのみであり、その研究では、合併症の増加はなく、入院期間の短縮、オピオイド相当量の減少、経口摂取再開までの時間の短縮が示された。  しかし、小児外科領域でのERASの研究にはより包括的な研究が必要である。

  • #3.

    ERAS(enhanced recovery after surgery ) 小児外科の有効なプロトコルの要素を抜粋 術前 入院前カウンセリング 併存症の管理 絶飲食をしない オピオイドの非使用 術中 静脈血栓症予防 抗菌薬投与 適切な麻酔 侵襲の最小化 悪心/嘔吐の予防 経鼻胃管の非挿入 低体温の予防 術後 腹腔内ドレーンの非使用 補液を使用しないことを目指す 尿道カテーテルの早期離脱 術後のイレウス予防 オピオイドの節減 周術期栄養スクリーニング 早期離床 プロトコルの検証・監査

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter