<東京北プレゼン部>症例報告スライド ビフォー・アフター

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/29

シェア

東京北 総診

東京北医療センター

11584 page views

<東京北プレゼン部>
当部ではプレゼンのTIPSを紹介していきます.
今回は症例スライドのありがちな例をデザイン的に修正します.
こちらの診療のTIPSページもお役立てください.
https://www.tokyokita-resident.jp/rollcabbage/

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

28057 15

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

288215 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

16619 39

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

418300 203

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

61026 33

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18740 49
もっと見る

<東京北プレゼン部>症例報告スライド ビフォー・アフター

1. 症例報告スライド編 1
2. 今回は症例報告をテーマとして ありがちなデザインと修正案を紹介
3. 症例提示スライドで 爆死しないために キーメッセージ重視 内容の絞り込み 読みやすくする 整列,文章量,文字の大きさ,色 デザインのノイズをなくす これは本当に必要?
4. Epstein‐Barrウィルス感染症により門脈血 栓症をきたした1例 東京北医療センター 総合診療科 ◯◯ ◯◯ 筆頭発表者のCO I 開示 演題発表に関連し、開示すべきCO I 関係にある 企業等はありません。 Before
5. ウィルス感染症により門脈血 栓症をきたした 例 単語の途中で改行 東京北医療センター 総合診療科 筆頭発表者のCO I 開示 演題発表に関連し、開示すべき 関係にある 企業等はありません。 全体として意図のない中央揃え Before
6. Epstein-Barrウィルス感染症により 門脈血栓症をきたした1例 東京北医療センター 総合診療科 ◯◯ ◯◯ 筆頭発表者のCO I 開示 演題発表に関連し、開示すべきCO I 関係にある 企業等は ありません。 After
7. 48歳男性 【主訴】右上下肢麻痺 【現病歴】X年5月16日に右上肢の動かしにくさ を自覚したが,同日中に症状は消失した.翌朝 起床時から右上下肢麻痺が出現した.夕方に嘔 気が出現し,胃液様の嘔吐が2回あり救急要請し 当院に搬送された.右顔面神経麻痺もあり,緊 急で施行した頭部単純CTにて脳梗塞があり.急 性期脳梗塞として当科に入院となった. Before
8. 時系列が ごちゃごちゃ見づらい 単語途中切れ 「入院となった」 【現病歴】から左がはみ出てる Before
9. 症 例 【症例】 生来健康な48歳男性 【主訴】 右上下肢麻痺 【現病歴】 受診前日に一過性の右上肢の筋力低下を自覚. 受診同日,起床時に右上下肢麻痺を自覚し, その後嘔気・嘔吐が出現したため,当院に搬送. 来院時,顔面を含む右不全麻痺があり,頭部CT所見 から左レンズ核,尾状核の急性脳梗塞と診断され入院. After
10. 身体所見 【Vital】 BT 36.6℃ 意識清明,BP 104/75mmHg、PR 82bpm,SpO2 98%(Room air), 【頭頚部】 結膜貧血・黄染なし、咽頭発赤なし 扁桃腫脹なし,頸部リンパ節腫脹なし 【胸部】 心雑音・肺雑音なし 【腹部】 平坦、軟、腸蠕動音正常,圧痛なし 【四肢】 皮疹,下腿浮腫なし 【その他】 腋窩・鼠径リンパ節腫脹なし Before
11. 【 】 意識清明, 、 , , 【頭頚部】 結膜貧血・黄染なし、咽頭発赤なし 扁桃腫脹なし,頸部リンパ節腫脹なし 【胸部】 心雑音・肺雑音なし 【腹部】 平坦、軟、腸蠕動音正常,圧痛なし 【四肢】 皮疹,下腿浮腫なし 【その他】 腋窩・鼠径リンパ節腫脹なし なぜ揃えない Before
12. 身体所見 【Vital】 意識清明,BP 104/75mmHg、PR 82bpm SpO2 98%(Room air),BT 36.6℃ 【頭頚部】 結膜貧血・黄染なし、咽頭発赤なし 扁桃腫脹なし,頸部リンパ節腫脹なし 【胸部】 心雑音・肺雑音なし 【腹部】 平坦、軟、腸蠕動音正常,圧痛なし 【四肢】 皮疹,下腿浮腫なし 【その他】 腋窩・鼠径リンパ節腫脹なし After
13. <生化> TP 7.8 g/dl Alb 4.2 g/dl LDH 473 IU/l AST 55 IU/l ALT 73 IU/l ALP 323 IU/l Γ-GTP 39 IU/l T-Bil 0.4 mg/dl D-Bil 0.1 mg/dl BUN 10.7 mg/dl UA 5.1 mg/dl Cr 0.91 mg/dl Na 136 mEq/L K 4.2 mEq/L Cl 92 mEq/L Ca 9.4㎎/dl P 2.2 ㎎/dl CRP 1.2 mg/dl 血糖値 83 mg/dl HbA1c 5.4% 検査所見 <血算> WBC 9280 Lymp 49.0 % Mono 4.9 % Neut 35.3 % Eosino 1.0 % Baso 2.0% Hb 15.1g/dl RBC 454☓104/μ MCV 84.3 MCH 28 MCHC 34 Plt 17.0万/ml <凝固> PT-INR APTT Fib D-dimer <動脈血ガス(room)> /ml pH 7.42 pO2 92.3 Torr pCO2 HCO3 AG fL pg g/dl 1.05 37.4 230 mg/dl 2.4 μ /ml 43 Torr 24.8 mmol/L 8 mmol/L <随時尿検査> 蛋白 (±) 糖 (-) ケトン (-) 潜血 (-) URO (-) BIL (-) 亜硝酸塩 (-) WBC (-) Before
14. データの取捨選択がなく タレ流し状態のためカオス データが多すぎた結果 文字が小さく読めない 多すぎるデータをパズルのように 埋め込んだ結果,整列できていない 数値や単位が揃っていない Before
15. 検査所見 <生化> <血算> WBC <血液ガス分析> TP 7.8 g/dL CK 135 U/L Lymp 49.0 % LDH 473 IU/L Mono AST 55 IU/L Neut ALT 73 IU/L Eosino 1.0 % ALP 323 IU/L Baso 2.0 % γ-GTP 39 IU/L Hb T-Bil 0.4 mg/dL Plt BUN 10.7 mg/dL Cre 0.91 mg/dL Na 136 mmol/L PT-INR K 4.2 mmol/L APTT CRP 1.2 mg/dL D-dimer Glu 83 mg/dL (大気下) 9280 /μL PH 7.42 4.9 % PCO2 43.0 Torr 35.3 % PO2 92.3 Torr HCO3- 24.8 mmol/L 15.1 g/dL <尿検査> 蛋白 (±) 潜血 (ー) 糖 (ー) 1.05 /μL ケトン (ー) 37.4 sec 亜硝酸塩 (ー) WBC (ー) 17 104/μL <凝固> 2.4 μg/mL After
16. 隙間がなくて,チャンクで きておらず,切れ目がわか りづらい ■血算 ・ WBC RBC Hb Ht Plt ■生化 TP Alb LDH AST ALT T-Bil 2247 0 567 18.2 52.8 30.3 8.7 5.5 364 32 34 0.6 /μL 万/μL g/dL % 万/μL g/dL g/dL U/L U/L U/L mg/dL UA BUN Cre CRP Na K Cl Ca P CRP HbA1 c BS 血液検査 10.8 28.2 2.08 0.857 131 6.6 92 9.4 7.7 0.8 7.0 mg/dL mg/dL mg/dL mg/dL mmol/L mmol/L mmol/L ㎎/dl ㎎/dl ㎎/dl % 470 mg/dL 小さい.絞れ,なぜかカタ カナ半角 ■動脈血 ガス (room) pH 7.04 pO2 58.3 mmHg pCO2 17.4 mmHg HCO3 BE AG 4.8 mmol/L -23.8 mmol/L 33 mmol/L ■尿検査 pH 比重 ケトン 糖 5.5 1.019 (4+) (4+)
17. <画像> Before 胸部単純X線写真(立位)では左中肺野に浸潤影を認める
18. 画像なんて見ればわかる どこが異常か わかりづらい 今回のプレゼンに 横隔膜下の情報は いらない Before
19. 胸部単純X線写真(立位) 左中肺野に 浸潤影 After
20. 経過 ヘパリ ン ワルファリン ALT CMV IgG AST 抗カルジオリピン抗 CMV IgM 血栓消失 00 11 22 33 44 24 24 48 (週)
21. ごちゃつきすぎだろう 経過 ヘパリ ン ワルファリン 抗カルジオリピン抗 血栓消失 (週) Before
22. 経過 After ヘパリン ワルファリン ALT CMV IgG CMV IgM 血栓消失 0 1 2 3 4 24 48 (週)
23. 経過 After ヘパリン ワルファリン 抗カルジオリピン抗体 血栓消失 0 1 2 3 4 24 48 (週)
24. 考察:鑑別疾患 結節性紅斑から 薬剤性,サルコイドーシス,溶連菌感染症,伝染 性単核球症,細菌性腸炎,Sweet病,炎症性腸疾患, 強皮症,PM/DM,SLE,Behçet病 右下腹部痛から 急性虫垂炎,細菌性腸炎,憩室炎,回盲部 炎,尿管結石,PID,異所性妊娠,炎症性 腸疾患,卵巣出血,卵巣茎捻転,Behçet病 Before
25. 文字の大きさが 違う 疾患のカテゴリが混在しており理解しづらい 共通点を探るという点でデザインに検討の余地あり Before
26. 共通点から 鑑別疾患を絞る 結節性紅斑 右下腹部痛 溶連菌感染症 急性虫垂炎 伝染性単核球症 憩室炎 薬剤性 回盲部炎 細菌性腸炎 Sweet病 炎症性腸疾患 サルコイドーシス Behçet病 尿管結石 PID 強皮症 異所性妊娠 PM/DM 卵巣出血 SLE 卵巣茎捻転 After
27. 結語 今回我々はEBV感染による門脈血栓 症を経験した Before
28. だから何? キーメッセージ不在 Before
29. 結語 EBV感染による門脈血栓症は 抗凝固療法を短期間で終えられるため 門脈血栓症患者では 伝染性単核球症の可能性を想起する ことが有用 After