使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/9

シェア

三谷 雄己

広島大学病院

5353 page views

医学の観点から見たストリートダンスを文献を用いてまとめてみました。
シェアなどしていただいて大丈夫ですが、その際は下記のメールアドレスに一言ご連絡していただけると嬉しいです。

dancingdoctorhouse@gmail.com

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

27874 14

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

286942 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

15877 37

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

405023 193

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

57248 28

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18101 44
もっと見る

ストリートダンス医学のまとめ【医学の観点から見たダンス】

1.
2. ダンス×医学 ダンス医学とは 健康維持 幸せホルモン(セロトニン)放出 小児の発達教育 ダンス教育 認知症治療・予防 難病治療 音楽療法 ダンスは医学の観点から注目されている
3.
4. 医学の観点から見たストリートダンサーの特徴 ●有酸素運動+瞬発的なボディーコントロール ●同じ動作の反復や無理の多い可動域運動 ●審美スポーツ・芸術の側面が強い ⇒スポーツ外傷・障害が起こりやすい  食生活・ボディーイメージの悩み ●練習やショーに合わせた不規則な生活リズム ⇒体調管理が困難・睡眠リズムが崩れやすい ダンサーであることに配慮した 健康管理・ケアが必要
5. ダンス療法に言及した世界的論文 ●アメリカの62%の人が、身体的認知的代替療法を日々の生活に  取り入れており、特に不安障害を持つ人々に多い。 Adv Data. 2004 May 27;(343):1-19.Complementary and alternative medicine use among adults: United States, 2002. Barnes PM他  ●太極拳は35のRCT(2765人)のうつ病・不安障害患者に  おいて軽度-中等度以上の治療結果を得た。 Ment Health Phys Act. 2014;7:135. The effect of Tai Chi and Qigong practice on depression and anxiety symptoms: A systematic review and meta-regression analysis of randomized controlled trials Yin J, Dishman RK ●ヨガを日々の生活で導入することで、不安症状の強い30人は  コントロール群と比較して精神的ストレスが改善した。 Efficacy of two relaxation techniques in examination anxiety Broota A, Sanghvi C J Pers Clin Stud. 1994;10:29.
6. ダンス療法に言及した世界的論文 ●ダンス療法の他身体代替療法全般において、  その研究手法を考慮して、エビデンスの観点から見ると  限界があるといわざるを得ない。  今後不安症の患者に対するより多くの  ダンス療法用いた臨床介入試験が組まれることが期待される。 Human and economic burden of generalized anxiety disorder. Hoffman DL, Dukes EM, Wittchen HU Depress Anxiety. 2008;25(1):72-90.  
7. 今、私たちにできること ●Stay Home 『おうちにいましょう』 ●自分自身が身体的・精神的に健康でいることが一番 ●元気な体・心があるのなら、自分達の大好きなダンスを  シェアしましょう! ●一緒にダンス医学の観点から世界を変えていきましょう
8.
9. 医学の学び・医学書レビューを発信させていただいています 公式LINEアカウント(定期動画配信+限定情報!) https://line.me/R/ti/p/%40339dxpov ブログ(勉強ノート・医学書レビュー)は以下をタップ https://dancing-doctor.com/antaa/