使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/7

シェア

三谷 雄己

広島大学病院

5786 page views

鉄欠乏性貧血がアスリートに多い理由とその治療についてまとめました。
シェアなどしていただいて大丈夫ですが、その際は下記のメールアドレスに一言ご連絡していただけると嬉しいです。

dancingdoctorhouse@gmail.com

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

27864 14

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

286942 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

15874 37

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

404816 193

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

57158 28

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18100 44
もっと見る

鉄欠乏性貧血のまとめ【5分で学べるスポーツ医学】

1.
2. 鉄欠乏性貧血 ●骨髄内でのヘモグロビン(Hb)合成のためには、  材料として大量の鉄が必要 ●Hb合成の材料の鉄が減少すると、生成される  赤血球も併せて減少 ●生成される赤血球もHb含有量の少ない  小型で菲薄なものとなり酸素運搬能も低下 アスリート・女性に多い疾患 引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』
3. アスリートに貧血が多い理由 ①筋肉で鉄が消費される ・Hbよりミオグロビンの方が鉄を必要 ②運動の負荷による溶血 ・足底への振動による溶血(マラソン、サッカー) ③体内臓器からの出血(腸管や膀胱など) ・溶血に伴うHbの尿への排泄 ・膀胱の振動による血尿も!(Stewart JG, et al. Ann Intern Med 1984;100:843-845) ④汗から鉄が喪失する ・アスリートが1日にかく汗の量は一般人の数倍 引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』
4. 女性に貧血が多い理由 ①月経周期がある ・平均約60ml/月の出血があり、約30mg/月の鉄を喪失 ②男性ホルモン(テストステロン)が少ない ・男女で20倍もの差がある テストステロン高値⇒Hb上昇 デュティ・チャンド(インド) 2013年にテストステロン高値のため女子選手として国際大会に出場することを禁じられる キャスター・セメンヤ(南アフリカ) 2009年ベルリン世界陸上800m走で優勝するも、テストステロン高値のため試合後に性別検査を要求される 引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』
5. 鉄欠乏性貧血の治療 ●鉄剤投与が第一選択 ・フェリチンで評価 100-200mg/dayが推奨 ・過剰投与の副作用 (肝・心疾患、糖尿病、関節炎の懸念も) ●食事療法・サプリメントも有用 ・鉄を補助的に補う サプリメント1錠10mg程度 ・サプリメント過剰投与の副作用 (胃腸障害・ドーピング) 鉄剤  食事・サプリメント  引用: 『鉄欠乏性貧血治療ガイドライン』 / 第32回健康スポーツ医学講習会『女性と運動』
6. 鉄欠乏性貧血まとめ ●女性アスリートに多い疾患である ●治療は鉄剤の内服に加え、食事やサプリメント  を用いて経過を見ながら調節する ●普段より疲れやすいと感じたら、貧血の可能性  を考える(隠れ貧血は思ったより多い) 
7. 医学の学び・医学書レビューを発信させていただいています 公式LINEアカウント(定期動画配信+限定情報!) https://line.me/R/ti/p/%40339dxpov ブログ(勉強ノート・医学書レビュー)は以下をタップ https://dancing-doctor.com/antaa/