Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/28

急性期脳梗塞の治療

  • 内科

  • 脳神経内科

  • 脳梗塞

7,918

39

2022/11/10
2022/11/10 更新

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

内容

超急性期は割愛

関西花子

済生会病院


関西花子さんの他の投稿スライド

低ナトリウム血症

#低Na血症

212

39,234

最終更新:2022年11月10日

ACLS

#ACLS

47

7,203

最終更新:2022年11月10日

頭蓋内血管狭窄に対する血管内治療

#頭蓋内血管狭窄 #ICAS

10

4,245

最終更新:2022年11月10日




診療科ごとのスライド

内科(300)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(69)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(314)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(42)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(258)

その他(260)


急性期脳梗塞の治療

  1. 急性期脳梗塞の診断と治療

  2. ・脳梗塞の病型分類   発症機序による分類   臨床カテゴリーによる分類 ・発症機序と画像所見   当院の2症例 ・発症機序と病歴の特徴 ・治療 ・検査 ・全身管理

  3. 脳梗塞の病型分類 脳梗塞を診療する際は発症機序、塞栓源、閉塞部位を考え、病態に合った治療を行う

  4. 発症機序による分類 ①血栓性 ②塞栓性 ③血行力学性 アテローム硬化により狭小化した血管に血栓が形成され閉塞する→白色血栓(血小板血栓) アテローム硬化部にできた血栓や、心腔内血栓が飛んで血管が閉塞する→赤色血栓(凝固血栓) 脳動脈の狭窄がある状態に加えて、血圧低下、脱水などの全身の変化により虚血が生じる

  5. 臨床的カテゴリーによる分類

  6. ①血栓性 大脳基底核、放線冠、視床、橋などの穿通枝領域に小さい梗塞巣(15mm未満)が生じる ラクナ梗塞

  7. ①血栓性 動脈硬化による狭窄は緩徐に進行し側副血行路が発達しやすいため皮質は保たれ梗塞巣は狭い アテローム血栓性脳梗塞

  8. ②塞栓性 側副血行路が発達しにくく、閉塞をきたした動脈支配領域全体が虚血に陥り皮質を含む大きな梗塞を起こす 心原性脳塞栓症

  9. 動脈原性塞栓症(A to A embolism)  血小板血栓が断片化し末梢へ流れ、皮質に小梗塞が多発する ②塞栓性 アテローム血栓性脳梗塞

  10. ③血行力学性 アテローム血栓性脳梗塞 分水嶺梗塞  ACA・MCA・PCAなどの灌流境界領域、穿通枝の終末領域に生じる

  11. 症例1 80代女性 【現病歴】 構音障害が出現し救急搬送された JCS1、NIHSS 2点 【既往歴】 高血圧、脂質異常症、糖尿病、脳梗塞 脳梗塞の既往がありクロピドグレル75mgを内服中

  12. 拡散強調像

  13. MRA BPASS

  14. 症例1 アテローム血栓性脳梗塞(A to A embolism) ・梗塞巣が多発している ・梗塞範囲が小さい ・動脈硬化のリスクがある ・口径不整を多数認める 狭窄した椎骨動脈、脳底動脈で作られた 血栓が断片化し小梗塞が多発した

  15. 症例1 80代女性 【現病歴】 意識レベル低下、構音障害、右共同偏視、左上下肢麻痺があり救急要請された JCS100 【既往歴】 心房細動、うっ血性心不全、直腸癌

  16. 拡散強調像

  17. MRA

  18. 症例1 心原性脳塞栓症 ・梗塞範囲が広く皮質まで及んでいる ・主幹動脈が閉塞している ・梗塞範囲が前大脳動脈、中大脳動脈の支配領域に一致する ・心房細動がある 心腔内血栓が内頸動脈を閉塞し広範な脳梗塞をきたした

  19. 発症機序と病歴の特徴 ※必ずしも上記のような病歴になるとは限らない

  20. 発症機序と症状 ※アテローム(血):血栓性機序のアテローム血栓性脳梗塞 ※アテローム(塞):動脈原性塞栓症(A to A embolism)

  21. 急性期の治療

  22. 急性期の治療 ※心原性脳塞栓症に抗血小板療法を行なっていないことが多い ※オザグレルナトリウムを含めた抗血小板薬2剤投与に関する有効性や安全性は   確かめられていない

  23. 入院中の検査 ・採血 D-ダイマー、BNP 動脈硬化のリスク評価(中性脂肪・LDLコレステロール・尿酸値・HbA1cなど) TSH、T3、T4 ・頸動脈エコー ・心エコー ルーチンで行う ・ホルター心電図 心原性脳塞栓症を疑い心房細動未指摘の場合に追加で施行する

  24. TOAST分類 入院中の検査

  25. 全身管理 ・血圧管理 急性期:降圧薬は基本使用しない。 慢性期:両側内頸動脈高度狭窄や主幹動脈閉塞がある例→140/90mmHg未満 上記所見なし+ラクナ梗塞、抗血栓薬内服中→ 130/80mmHg未満 ・脂質管理 LDL<100mg/dLを目標としてスタチンを使用する ・血糖管理 糖尿病のコントロール(血糖126mg/dL未満)が推奨されている ・禁煙指導

  26. Take Home Message ・画像所見、現病歴から発症機序、閉塞部位を推定する ・入院中に検査を一通り行い、診断を確定し病態にあった    治療をする ・再発予防には全身管理も重要

  27. 参考文献 研修医のための内科診療ことはじめ みんなの神経内科 内科学第12版 脳卒中ガイドライン2021 頭部 画像診断の勘ドコロ 臨床画像 2022 vol.38 No.3 画像診断 2020 vol.40 No.14 病気がみえるvol.7 脳・神経(第2版)

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.