Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/8

2022.1.23時点の酸素投与を要さない軽症COVIDの治療まとめ

  • 感染症科

  • COVID

9,363

82

2022/1/23
2022/1/23 更新

本スライドの対象者

研修医/専攻医/専門医

内容

軽症COVIDの治療についてまとめました。薬剤の供給が限られ以前として手探りの疾患ですので、日本に限らず様々な国のガイドラインが参考になります。情報の更新が著しく早い分野ですので、参照される際は最新の情報に基づきご活用のほどお願い致します。

新米ID

某地方救急病院


新米IDさんの他の投稿スライド

2022.11.25時点のCOVID治療薬と濃厚接触者の就業制限の考え方とワクチンまとめ

#COVID-19

1,226

519,668

最終更新:2022年11月25日

2022.1.11時点のCOVID治療について

#COVID #治療

83

18,269

最終更新:2022年1月12日

2022.6.18更新 細菌感染症の治療期間まとめ

#初期研修医向け #抗菌薬 #感染症 #治療期間 #適正使用

296

24,436

最終更新:2022年6月18日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(301)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(70)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(316)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(43)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(259)

その他(260)


2022.1.23時点の酸素投与を要さない軽症COVIDの治療まとめ

  1. 12歳以上かつ40kg以上 かつ COVID-19発症し酸素投与を要さない かつ 発症7日以内 かつ ゼビュディ投与が望ましい重症化因子あり 同意書取得し薬剤部へ報告後 ゼビュディ 500mg 点滴静注 同意書取得し薬剤部へ報告後 ラゲブリオ 800mg 12時間毎 5日間内服 ベクルリー 初回200mg 2日目以降100mg点滴静注 3-5日間 18歳以上, 非妊婦・非授乳婦 かつ 発症5日以内 かつワクチン未接種 ラゲブリオ投与が望ましい 重症化因子あり ゼビュディ投与可 ゼビュディ投与不可 入院不要または不可 要入院 ワクチン未接種で ゼビュディ投与可 ワクチン接種済み または ゼビュディ投与不可 ラゲブリオ投与が望ましい重症化因子 61歳以上, 活動性のがん, 慢性腎臓病, COPD/中等症以上の喘息, BMI>30, 心不全, 心筋炎 冠動脈疾患, 糖尿病, 高血圧, 脂質異常症, 喫煙, 固形臓器移植後免疫不全 慢性肝疾患, 認知症, 脳卒中, てんかん, ダウン症, 重度の学習障害 骨髄幹細胞移植後, 重度の精神疾患, ケアホーム居住者 ゼビュディ投与が望ましい重症化因子 55歳以上, 悪性腫瘍, 慢性腎臓病, COPD/中等症以上の喘息, BMI>30, 心不全 冠動脈疾患, 糖尿病, 高血圧, 脂質異常症, 喫煙, 固形臓器移植後の免疫不全 免疫抑制者, 妊婦, CPAPなど医療機器を日常的に使用する者 Yes No Yes No 重症化しないか 在宅 or ホテルで 経過観察 重症化しないか 在宅 or ホテルで経過観察 酸素投与を要さない COVID-19患者への 治療 (2022.1.21時点)

  2. 軽症COVIDの治療ガイドライン@オンタリオ 2022.1.21 https://covid19-sciencetable.ca/wp-content/uploads/2022/01/Clinical-Practice-Guidelines_Update_20220121.pdf

  3. 入院を要さない重症化リスク患者に対するCOVID-19治療@NIH GL 2022.1.19

  4. 「メディケア」利用者のCOVID入院コスト: 21752$と比べ パクスロビドは入院阻止効果と費用対効果が高い COVIDの外来治療で選択すべき薬剤は? *非オミクロン流行期の文献等を元に算出 臨床効果, 副反応, 相互作用, 費用対効果をふまえ個々人や地域の状況に応じた最適な外来治療薬を選択する必要がある https://doi.org/10.1093/ofid/ofac008

  5. https://www.idstewardship.com/comparison-paxlovid-versus-molnupiravir-first-oral-covid-pills/?fbclid=IwAR1HrvGM2im0Olfns6P0UL9D_VBGWqZ36Dzqbnxy9fY9NuS4bAkN0Yp8FWk

  6. SARS-CoV-2 細胞内に侵入後 RNAから蛋白合成 Polyprotein chains Main protease (Mpro) ウイルス蛋白 Mproを阻害 パクスロビドの作用機序 パクスロビドの効果 (press release) モルヌピラビルとの違い 感染予防効果は不明で ワクチンにかわるものではない https://erictopol.substack.com/p/why-paxlovid-is-a-just-in-time-breakthrough

  7. 2020.9.18-2021.4.8に行われた二重盲検RCT, 酸素投与を要する患者や組入時に入院を要する患者, SARS-CoV2ワクチン接種者, 既往者は除外 重症化リスクのある外来患者へ発症7日以内にレムデシビルを3日使用すると入院リスクが87%減少

  8. 発症5日かつPCRまたは抗原陽性後24時間以内の外来患者 Multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled 1st: 29日以内の入院または全死亡 2nd: ER受診, 酸素化の悪化, 副反応 etc Sotrovimab 500mg iv : placebo= 1: 1 Early Treatment for Covid-19 with SARS-CoV-2 Neutralizing Antibody Sotrovimab 副作用発症率に有意差なし (73/430 17% vs 85/438 19%) 重篤な副反応はsotrovimab群で少ない 2% vs 6% 重症化リスクのあるCOVID-19患者に対して Sotrovimab 500mgを単回投与することで 入院または死亡リスクを85%低減し 重症化を防ぐ可能性がある DOI: 10.1056/NEJMoa2107934

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.