Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/123

イケてる医療教育・訓練をめざそう

  • 救急科

  • 初期研修医

  • 患者安全
  • インストラクショナルデザイン
  • 振り返り会話
  • デブリーフィング
  • アウトカム基盤型教育
  • セーフティー2

12,019

16

2020/3/24
2020/8/18 更新

内容

医療での教育・訓練の抜本的改善を目指すための考え方

松本尚浩

東京大学健康寿命延伸データサイエンス社会連携講座


松本尚浩さんの他の投稿スライド

蘇生率改善につながる蘇生教育

#心肺蘇生教育 #患者安全 #医療教育 #インストラクショナルデザイン

8

11,283




診療科ごとのスライド

内科(281)

消化器内科(48)

循環器内科(67)

呼吸器内科(63)

血液内科(28)

糖尿病内分泌代謝内科(40)

腎臓内科(19)

アレ膠リウマチ内科(21)

脳神経内科(81)

総合診療科(103)

救急科(299)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(11)

泌尿器科(19)

形成外科(14)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(34)

産婦人科(42)

精神科(53)

放射線科(44)

麻酔科(10)

緩和ケア科(19)

感染症科(166)

産業医(3)

初期研修医(232)

その他(258)


イケてる医療教育・訓練をめざそう

  1. 患者安全な医療のための教育・訓練 NexWel 恵那地域笑顔共創クリニック 全日本患者安全組織文化学習支援財団 松本尚浩

  2. 本日の重要な問い あなたは、今の学び方で 人生を活き活きと 生き抜くことが できますか? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 2

  3. あなたの携帯端末で 投票準備をお願いします http://goo.gl/BuAec6 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 3

  4. 投票画面のご案内 回答を 選びます 質問や コメント 歓迎です 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 4

  5. 自己紹介(1/2) • 略歴 – 1962年 福岡県久留米市で出生 – 1987年 産業医科大学医学部卒業 – 2008~2011年 水戸済生会総合病院、筑波大学附属病院 – 2014年~ 在宅医療と患者安全 – 2019年~ 医療過疎地域の医療再建 • 主な出来事 – 1995年 鱒淵マラソンで2時間57分 – 2001年~心肺蘇生術インストラクター – 2015年 全日本患者安全組織文化学習支援財団 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 5

  6. おにぎりが好き A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 6

  7. 自己紹介(2/2) サラメシ シーズン5、#14 http://www.nhk.or.jp/salameshi/archives/a150803.html 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 7

  8. その教育・訓練は、効果ありますか? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 8

  9. 話題1 効果が不明な教育・訓練 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 9

  10. 「心肺蘇生術コースを 開催すれば、 蘇生率向上。」 僕は、間違ってました 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 10

  11. 2001年~2006年 心肺蘇生術(CPR)教育 ある病院で隔月、CPRコース開催 6年間(~2006年12月) 受講者総数、約700名 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 11

  12. 院内CPR後の生存退院率は改善せず 生存退院率(%) CPR教育効果でCPR後の 生存退院率増加を期待していたが、、、 ガイドライン2000後CPR教育増加 院内心肺蘇生術(CPR)後,生存退院率の年次変化 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 (N Engl J Med 2009; 361: 22-31) 12

  13. カークパトリックの 研修効果の4段階 1.反応 研修参加者の満足度 (アンケート調査など) 2.学習 受講者の知識理解度や学習到達度 (筆記試験や実技試験) 3.行動変容 現場での行動変化 (インタビューや他者評価) 4.結果 組織の業績向上心肺蘇生術教育・訓練は、 (医療過誤減少,病院内死亡減少) 1-2レベルか? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 13

  14. 私の得た教訓 教育・訓練成果を 測定しなければ 努力が無駄になる 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 14

  15. 2018年、アメリカ心臓協会(AHA)が 「蘇生教育を改善すべき」と提言 何百万人もの一般市民と医療従事者が、 毎年蘇生術訓練を受けていますが、 心停止の患者への 最適な臨床ケアの提供には 大きなギャップがあります。 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 日本語訳 公開中 15

  16. 話題2 その教育・訓練の結果、困るのは患者さん? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 16

  17. 若手同僚向けの講義。 準備のため夜更しして 翌日、疲労のまま仕事。 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 17

  18. 教育の負担が大きい A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 18

  19. 教育負担の改善が必要 https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/151309/ 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 19

  20. 病院勤務医の繁忙感の原因 1.院内委員会活動・会議 (62.3%) 2.教育・指導 (49.4%) 3.外来患者の増加 (32.7%) 4.外来患者1人に費やす時間 (28.9%) 繁忙改善するには、教育負担軽減? (「医師の需給に関する検討会」報告書(https://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/07/dl/s0728-9c.pdf)) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 20

  21. 研修医の勤務時間を制限した結果 1.教育時間の減少 2.臨床能力の習得時間の低下 3.治療の継続性低下 4.プロ意識の低下 勤務時間を減らすと能力に劣化か? (Mt Sinai J Med 67; 136-139, 2000.) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 21

  22. 医療組織での教育・訓練と患者安全 教育・訓練の負担が多いとき 教育・訓練の負担を軽減したとき 負担過剰 負担軽減 疲労 能力低下 患者危険 患者危険 教育・訓練が患者安全に悪影響? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 22

  23. 医療の教育・訓練に改善の余地がある A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 23

  24. その教育・訓練を、変えませんか? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 24

  25. その教育・訓練は効果がありますか? 講義は、やめましょう 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 25

  26. 「講義しない」工夫をしている A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 26

  27. 「若手を指導して」 と言われて、 僕は、まず「講義」 してしまいました 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 27

  28. 師匠曰く、 講義なんて 狂気の沙汰 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 28

  29. 講師の脳よりも講義聴衆の脳が活性化している A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 29

  30. 私の実践事例 • 短い話題や例示を示す(5分程度) – 「皆さんも体験しそうな、こんな事例がありました。」 – 「では、最初にクイズです。」 • ステップ・ラダー法(10分程度) – 「この話題のなかから課題を示します。」 – 「1人で課題に取り組んだ後、2人で共有しましょう」 • 適宜、クイズ、意欲確認(投票システム)(5分程度) • 「学び続ける仕組み」の提示(5分程度) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 30

  31. 講義しない工夫のプレゼンテーション事例 (https://www.slideshare.net/matstaro) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 31

  32. 師匠曰く、 事例から 学び始めよ 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 32

  33. 【クイズ】 自己評価は通常、過大評価か過小評価である A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 33

  34. 【クイズ】 講義で聴衆が自分の概念を変える可能性は? A: 7%程度 B: 28%程度 C: 42%程度 D: 56%程度 E: 70%程度 F: 93%程度 A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E F 0 vote at Tak-Mats.participoll.com 34

  35. ステップ・ラダー法の応用 •一人で思いついたことをメモに書く 1人で •文字でも絵でも構わない •お互いに自分の考えを示し、共有 2人で •一人が話す時間は一分以内 共有 19 Oct 2019 •更に多くの方々と意見交換 •改善計画立案 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 35

  36. 【実習】学びの場で、講義をしないとしたら、 自分はどんな教育活動を提供するか? •一人で思いついたことをメモに書く 1人で •文字でも絵でも構わない •お互いに自分の考えを示し、共有 2人で •一人が話す時間は一分以内 共有 19 Oct 2019 •更に多くの方々と意見交換 •改善計画立案 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 36

  37. 【共有】学びの場で、講義をしないとしたら、 自分はどんな教育活動を提供するか? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 37

  38. 「わかりましたか?」と尋ねたら、理解を確認できる A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 38

  39. 師匠曰く、 「わかりましたか?」を 尋ねるのではなく、 確かめよ 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 39

  40. 【確認クイズ】 講義は一般的に学習効果が高い A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 40

  41. 学びの場の終わりの場面で 「これから、どうする?」 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 41

  42. オンラインでお手伝いします 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 42

  43. さらに、学びを深めたい方、 お手伝いします。 • 「チャットワーク」で学習支援開始 – チャット・メッセージで情報交換・質疑応答 – ファイル添付・共有可能 – カメラ会議も可能 • 手順 – オンライン会議室「チャットワーク」で無料アカウント • http://www.chatwork.com/ja/price/ – アカウント作ったら、松本(ID:180462)へメールで連絡を • takahiro.matsumoto418@gmail.com 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 43

  44. 講義を避ける教育実践の効果 • この形式に変更後、教室1000名以上で、居眠り1名のみ • 始まりにクイズ、終わりにクイズで理解確認 – 「わかりましたか?」と聞かない • ステップ・ラダー法で活発な対話 – 対話内容の把握が課題 • 学びの支援が継続 – 学習者の変化を確認できる 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 44

  45. その教育・訓練は効果がありますか? 対話こそが学べる場 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 45

  46. デブリーフィング(振り返り会話)の重要性 デブリーフィング実施が 心肺蘇生教育訓練の質改善 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 46

  47. 振り返り会話を探究 (医療職の能力開発 3:41-49, 2014) (https://bit.ly/2zyUld5) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 47

  48. 「振り返り会話」練習会の実践事例 • ある市立病院看護部 • 数年間、「責めない振り返り会話」練習会 • 参加者 – 看護部管理者、主任、新人看護師 • 練習会後調査 – 「管理者が責めない振り返り会話を実施している」 • 看護部離職率の低下 – 「振り返り会話」練習との関連は不明 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 48

  49. 洞窟に住んでた人に教室はなかった • いつか、われわれは、文字を書くこともしなくなり、 お互いに話すことへ戻っていくだろう。 – One day we will stop texting and stop writing and go back to talking to each other. • われわれは、物語を語り、エキスパートから学ぶ。 – We will still tell stories and still learn from experts. 人を納得させる会話から人は学ぶ 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 49

  50. グーグルは行動面接(STAR面接)で雇用を決める 対話で、学習状態が分かる (参照 https://goo.gl/wJCzzh) Situation: あなたの物語は何ですか? Task: この状況であなたの役割は何ですか? Action: あなたは何をしましたか? Result: あなたの行動はどんな結果に繋がりましたか? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 50

  51. 「振り返り会話」の 大きな壁は、 日本人の、 言葉使いの特徴にある 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 51

  52. 「学ぶ・教える場」にも「人を助ける」要素 「人を助ける」本質がわかる好著です。 是非ご一読を 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 52

  53. 「オフライン」が大切 「こうしたコミュニケーションを 安全に生まれさせるには 「オフライン」として定義される 時間や空間が必要である。」 (引用、kindle版 2311/3802) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 53

  54. 日本人は「公的な場」での会話が苦手 日本の管理職が上司と 酒を飲みながら 言いたいことを言うのは、 この方法の一つである。 (引用、kindle版 2311/3802) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 54

  55. 【実習】対話を職場での学習に応用するには •一人で思いついたことをメモに書く 1人で •文字でも絵でも構わない •お互いに自分の考えを示し、共有 2人で •一人が話す時間は一分以内 共有 19 Oct 2019 •更に多くの方々と意見交換 •改善計画立案 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 55

  56. 【共有】対話を職場での学習に応用するには 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 56

  57. その教育・訓練は効果がありますか? 成功した事例を探究しよう 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 57

  58. 対策の成果を 測定して 患者安全促進した 事例がある 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 58

  59. 中心静脈カテーテル感染の防止策 “Bundled Care” 1.手指衛生 2.ガウン・マスク・帽子、広いドレープ 3.クロルヘキシジン消毒 4.適切なカテーテル刺入部位選択 5.不要なカテーテルの抜去 防止策を教育訓練した、だけでなく 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 59

  60. The Effect of an Education Program on the Incidence of Central Venous 内科的ICUでの中心静脈カテーテル関連血流感染症の Catheter-Associated Bloodstream Infection in a Medical ICU* 頻度に関する教育プログラムの効果 感染率 年間の平均感染率 カテーテル関連血流感染症の 症例数を測定しながら、防止策を実践 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019CHEST. 2004;126(5):1612-1618. doi:10.1378/chest.126.5.1612 60

  61. 教育訓練したら、現場での変化を確認している A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 61

  62. カークパトリックの 研修効果の4段階と「理想モデル」 研修参加者の満足度 教育・訓練したあとに、 (アンケート調査など) それを応用して行動変容あれば、 受講者の知識理解度や学習到達度 2.学習 「理想モデル」 (筆記試験や実技試験) 3.行動変容 現場での行動変化 (インタビューや他者評価) 組織の業績向上 4.結果 (医療過誤減少,病院内死亡減少) 1.反応 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 62

  63. 成功事例法(サクセス・ケース・メソッド) 教育・訓練 •教育・訓練による理想モデルを想定 •教育・訓練実施 調査・分析 •現場での理想モデル探しとインタビュー •何故、理想モデルになれたか分析 改善 •学習を促進した要因を活かす •教育プログラム、組織の改善へ 教育・訓練による成功事例を見つけて、分析、改善へ 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 63

  64. サクセス・ケース・メソッドの応用を この161-3頁に 「成功事例法」記載あり。 ご一緒に、成功事例法を応用して、 教育・訓練を改善してみませんか? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 64

  65. 他人事ではなく、自分ごと 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 65

  66. 【私見】 これまでに 体験した教育には 改善の余地が大きい 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 66

  67. 2011年、世界保健機関 (WHO) が 患者安全教育を推進しはじめた 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 67

  68. 2016年5月:合衆国での死因第3位は医療過誤 ガン 58.5 万人 心疾患 61.1 万人 医療過誤 25.1万人 全原因 259.7万人 【私見】日本での数字は不明だが、 同様の状況が推察される (http://www.bmj.com/content/353/bmj.i2139) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 68

  69. 「医療事故調査届け出低調 想定の3割以下」 日本経済新聞電子版 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H8F_R11C16A0CC1000/ 「事故減らし」は、上手くいかない 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 69

  70. 「非難の文化」が患者安全の壁 • 医療分野では「非難する」 ことが問題解決のための 一般的な方法であった. • これを「非難の文化(blame culture)」と呼ぶ – (99頁、WHO患者安全カリキュラムガイドPartB) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 70

  71. 症例検討会では、当事者を責めない約束がある A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 71

  72. “Find and Fix” と 欠損補充 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 72

  73. 私達の慣れ親しんだ「Find and Fix」 • 日常業務 – ヒヤリハットを見つけ(Find)、対策を練る(Fix) – 問題の事例を取り上げ(Find)、事例検討会(Fix) • 学習・教育・訓練 – 自分のできないこと・知らないことを見つけ(Find)、学ぶ(Fix) – 職場での問題発生し(Find)、院内講習会(Fix) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 73

  74. 振り返り場面では、失敗や想定外に焦点を置く A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 74

  75. 産業化社会適応の教育モデル ある基準で 人を選別 社会依存の 能力評価 19 Oct 2019 産業化社会組織で 過不足ない行動 欠損した状態に 補充 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 75

  76. 産業化時代の学校での「学習」とは (ピーター・センゲ『学習する学校』より) 1. 子どもは欠陥品で学校がそれを修正する 2. 学習は頭で行うもので体全体でやるものではない 3. 誰もが同じ方法で学ばなくてはならない 4. 学習は教室の中で行われるもので世界の中で行われ るものではない 5. 「できる子ども」と「できない子ども」がいる 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 76

  77. 徹底的に長所を伸ばせ ー高畠コーチの言葉ー • 欠点を直そうとしたって、直るもの ではありません。 • 欠点を直そうとすることは無駄な 努力なのです。 • だから長所を伸ばすんです。 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 77

  78. 才能を磨く教育への探究 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 78

  79. 自分の才能を見つけて伸ばしている A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 79

  80. 教育・訓練の本質に挑む 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 80

  81. 欠損補充教育の限界 と 自己評価能力未発達 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 81

  82. 心肺蘇生教育のモンダイ 教育で染み込んだこと 指導者は 学習者の 失敗を指摘し 反省はさせる 19 Oct 2019 「慣れた教育」の影響 指導者は フィードバック 振り返り会話が 見よう見まね Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 82

  83. フィードバックとデブリーフィング (FB と DB) 最適化されたFDとDBの実践は 主要スキルの保持を促進し、 患者の転帰に影響を与える。 FBとDBは、パフォーマンスギャップ (学習目標と現状の差)を埋めることを目指す 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 83

  84. 自己評価能力が低い医師は学習できない可能性 【私見】見た目に、失敗がない中堅以降の医師に 学習や発達が止まる要因か? 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 84

  85. 医療での深いモンダイ 「医療者は、 自己評価能力が低い」 出典:AHA提言「フィードバックとデブリーフィング」 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 85

  86. 「医療での深いモンダイ」への改善方略 他者から評価を 積極的に得て 自己評価能力を適正化 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 86

  87. 積極的に他者評価を得ている A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 87

  88. 「失敗修正」だけでは伸び悩む 「欠損補充」の学びかた 他者評価で能力開発 失敗減少 実践と対話 他者評価と 能力認識 自己満足 発展減速 発展持続 他者評価と能力発見・開発が鍵 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 88

  89. 自己評価の適正化には、振り返りが重要 他者評価を 自 己 積極的に得る 評 価 技 能 中堅 中堅 熟達者 新人 デブリーフィング技能 熟達者 自己フィードバック者 技能 適切な評価能力で 能力開発 時間 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 89

  90. フィードバック・デブリーフィングの練習を勧めます 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 90

  91. 能 力 熟達医 専門医 社会組織人として発達することが 研修医 あなたの人生でしょうか? 「引退後」はどうなる? あなたの生涯の能力開発 時間 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 91

  92. 人生100年時代の能力開発 欠損補充型 教育の影響 能 力 中堅 中堅 熟達者 新人 熟達者 自分の才能開発 自己主導型 学習者として発達 社会組織人技能 時間 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 92

  93. 教育・訓練を もっと効果的に、 生涯を活き活きと 生き抜くために 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 93

  94. 医療者教育と訓練への提案 • 学び方の基本は「メンターとの対話」 – 実践と省察の繰り返し – 面談基盤型カリキュラム • 患者安全が最重要課題 – 新しい安全理論「セーフティー2」の実践 • 欠損補充から能力開発へ – モンダイ症例よりも、平凡な症例に焦点 – 調整力・準備力を高める 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 94

  95. これまでの教育は 効果不明。 「教育は不可能」かも 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 95

  96. 学び方の基本は、 実践と省察。 メンターとの対話が 重要 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 96

  97. 熟達には実践と振り返りが鍵 熟達にとって、 教育は不可能かもしれない 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 97

  98. 職人の学び探究から、学びの本質へ 実践 省察 専門職 振り返りが、重要な学習方法 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 98

  99. 実践事例 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 99

  100. 振り返り会話の理論と練習方法 習慣としての振り返りを、脱却を支援 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 100

  101. デブリーフィング支援者の第1段階 デブリーフィング支援者 デブリーフィング実践者の練習 (出典:医療職の能力開発 vol.2, 25-34, 2013) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 101

  102. デブリーフィング支援者の第2段階 皆さんは、デブリーフィング実践者の 会話内容に応じて、適宜介入します。 デブリーフィング支援者 (出典:医療職の能力開発 vol.2, 25-34, 2013) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 102

  103. デブリーフィング支援者の第3段階 部署内のスタッフが、自発的に 振り返り会話を実践する状況を見守ります デブリーフィング支援者 (出典:医療職の能力開発 vol.2, 25-34, 2013) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 103

  104. 事例)ある病院看護部での 「責めない振り返り会話」訓練 訓練 •看護部の主任・師長対象 •「責めない振り返り会話」講習会 調査 •アンケート調査:対象者の所属部署、同僚 •「振り返り会話で責める内容があるか?」 評価 •「責める振り返り会話」減少 •さらに「質的研究」で要因分析 この事例では離職者減少もあり(関連不明) 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 104

  105. 「講義は効果不明」 なので 「面談カリキュラム」へ 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 105

  106. 【提案】職場での教育を、 アウトカム基盤型に変えよう インプット 19 Oct 2019 アウトカム Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 106

  107. 【私案】面談基盤型カリキュラム 面談 学習実践 19 Oct 2019 学習方略 選択 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 107

  108. 面談基盤型カリキュラム 面談 •行動結果面接(BEI) •コンピテンシー・ディクショナリーに基づき評価 •学習内容検討 学習方 •学習方法・教材・指導者選択 略選択 学習 実践 19 Oct 2019 •講義や独習など •他者評価を取り入れ、自己評価しながら学ぶ Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 108

  109. 「非難の文化」で 事故減らしの 医療安全は拙策 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 109

  110. 「事故の減少」から 適切なパフォーマンスの発展へ そもそも稀な 有害事象を 減らすよりも 適切な パフォーマンス増加に 焦点化 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 110

  111. 上手くいっていることを増やすと安全につながる 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 111

  112. 業務マニュアルはピンボケでも 現場の「調整力」で業務は上手くいく 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 112

  113. 調整力が患者安全の鍵 危険回避 調整力 マニュアル 適時対応 個別対応 Work-As-Imaged(WAI) 想定された業務の記述に すぎない 19 Oct 2019 Work-As-Done (WAD) 実際の業務は調整力のお陰で 何とか安全を保っている Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 113

  114. 麻酔の実践では、準備力・調整力が重要 A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 114

  115. 【提案】 振り返り会話の話題はこの3種類から 平凡事例 •マニュアルや悪化を調整した事例 •調整力を共有して皆で実践 調整力 得意・長所 19 Oct 2019 •平凡の中に「秘訣」を見出す •秘訣を共有して皆で実践へ •得意・長所は自己評価不能 •チームメンバーの長所開発 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 115

  116. 患者安全に 取り組むと 自分の能力開発に つながる 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 116

  117. 生涯かけて 能力開発すれば、 生涯を活き活きと 生き抜くことができる 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 117

  118. 人生3段階時代の終焉 引退 学校 就業 引退 自己才 能開花 複数の ステージ 人生50年時代 人生100年時代 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 118

  119. 専門職技能の 向上 中堅 能 力 中堅 熟達者 新人 熟達者 自分の才能開発 患者安全を目指す 能力開発 社会組織人技能 「引退後」の才能開花へ 患者安全への能力開発が 豊かな人生への準備になる 時間 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 119

  120. お持ち帰りください • 「これまでの教育」を見つめなおそう – 講義は、効果不明 – 対話が、重要な学習方法 • 欠損補充よりも能力開発 – 失敗がなくなる中堅が伸び悩む – 対話で、長所や能力を見抜き、伸ばす学習を • 患者安全が医療の最重要課題 – 事故減らし、責める文化は患者安全の壁 – 平凡な事例が、どんな調整力でうまくいくのか分析・実践改善 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 120

  121. 役に立つ内容だった A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 121

  122. 周りの人に広めたい A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 122

  123. 続けて学びたい A: 全くそう思わない B: あまりそう思わない C: ややそう思わない D: ややそう思う E: かなりそう思う F: とてもそう思う A 19 Oct 2019 Education for Patient Safety @Ibaraki_Med2019 B C D E 0 F 123

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.