医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン
検尿のススメ 〜たんぱく尿、アルブミン尿は腎予後、生命予後に大事! 非専門医はここを押さえて治療して欲しい!〜 L1.png

関連テーマから出会おう。

閲覧履歴からのおすすめ

Antaa Slide
高K血症に出会ったら? =専門医へ送るタイミング=

高K血症に出会ったら? =専門医へ送るタイミング=

さくら@漢方/腎臓内科

続けて閲覧
この透析は離脱できますか?

この透析は離脱できますか?

長澤@腎臓内科

続けて閲覧

1/21

関連するスライド

健康診断で要精査 尿潜血の対応方法

健康診断で要精査 尿潜血の対応方法

湯浅駿

535

535

検尿のススメ 〜たんぱく尿、アルブミン尿は腎予後、生命予後に大事! 非専門医はここを押さえて治療して欲しい!〜

投稿者プロフィール
長澤@腎臓内科

東北大学病院

53,439

299

概要

◎目次

・腎臓内科の思考回路

・腎臓内科的疾患は検尿必須!(HD除)

・uP は腎予後のマーカー

・uP を見つけたら定量で!

・どのくらいの頻度で検尿?

・糖尿病、試験紙(-)→ アルブミン尿定量

・何故 uAlb が重要か?

・uAlb と心血管イベント

・基本的には uAlb → uP へ進展

・uAlb と eGFR の関係

・正常な人の腎機能低下速度

・日本人のベースライン eGFR

・無難な紹介基準

・アルブミン尿の進展(JDCS)

・uAlb↓には血圧が大事!

・血糖も脂質も一緒に良くする!

・目標値に達するまで手を緩めない

・腎臓内科紹介のポイント

・Tips

本スライドの対象者

研修医/専攻医

参考文献

  • Clin Exp Nephrol. 2007 ;11(1):51-5

  • BMJ Open Diabetes Res Care. 2020 Mar;8(1):e000902 J Am Soc Nephrol. 2006 May;17(5):1444-52.

  • Diabetes Care 2005; 28: 2733-2738

  • Diabetes. 2005 Oct;54(10):2983-7

  • Diabetes. 2007 Jun;56(6):1727-30.

  • N Engl J Med 2021; 384:2219-2228

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

健康診断で要精査 尿潜血の対応方法

健康診断で要精査 尿潜血の対応方法

湯浅駿

湯浅駿

535

62,594

2023/3/24

CKDの合併症抑制におけるXOR(キサンチン酸化還元酵素)阻害の可能性

CKDの合併症抑制におけるXOR(キサンチン酸化還元酵素)阻害の可能性

寺脇博之

寺脇博之

10

5,343

2020/10/16

慢性腎臓病(CKD)と抗菌薬・抗ウイルス薬の使い方

慢性腎臓病(CKD)と抗菌薬・抗ウイルス薬の使い方

アイジュ@腎臓内科

アイジュ@腎臓内科

126

51,907

2022/2/14

活動性ループス腎炎の導入療法としてタクロリムスとミコフェノール酸モフェチルを比較したランダム化比較試験の長期転帰

活動性ループス腎炎の導入療法としてタクロリムスとミコフェノール酸モフェチルを比較したランダム化比較試験の長期転帰

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

11

3,128

2024/5/16


長澤@腎臓内科さんの他の投稿スライド

すべて見る


テキスト全文

  • #1.

    検尿のススメ 〜たんぱく尿、アルブミン尿は腎予後、生命予後に大事! 非専門医はここを押さえて治療して欲しい!〜 長澤@腎臓内科

  • #2.

    腎臓内科の思考回路 ✔ 腎臓の機能(eGFR)をできる限り維持する。 ✔ 心血管イベント(CVD)を減らす ✔ 腎機能低下に伴う合併症に対応する。 (代謝性アシドーシス、 腎性貧血、Ca×P 代謝異常)

  • #3.

    腎臓内科的疾患は検尿必須!(HD除) ※HD:血液透析 ✔腎臓は尿を生成・調整する臓器(その他ホルモン分泌もある) 検尿 🞐 尿量→体液量の恒常を保てているか否か 🞐 尿たんぱく(uP)・尿アルブミン(uAlb) → 腎臓が壊れている証拠 (さらに全身の血管が壊れている証拠として捉える) 🞐 尿赤血球→糸球体が壊れている証拠 尿生化学 🞐 尿電解質→電解質の調整

  • #4.

    uP は腎予後のマーカー ✔ uP が多い → eGFR 低下が早い!(下のイメージ) 累積割合 (%) uP 別 累積末期腎不全に達する割合 3+(15年で10-20%くらい) 10 この段階では無症状 早期介入が重要! 2+(15年で5-10%くらい) 5 1+ ・・・15年で1−2%くらい +/5 10 15 ここは糖尿病ならば uAlb で議論するところ。 観察期間(年)

  • #5.

    uP を見つけたら定量で! ⮚ 試験紙では(-)-(4+)だが、濃度で検出 → 希釈尿だと偽陰性になる事がある ⮚ - から +/- でも隠れ腎臓病がかなりいる → +/- 以上は一度uP定量。 ⮚ 定量は g/gCre(尿たんぱく濃度 / 尿中 Cr 濃度)で。 → <0.2g/gCre が正常。 ⮚ 小柄な人、尿中 Cr 低め → uP過大評価 ⮚ 大柄な人、尿中 Cr 高め → uP過小評価 → 成人男性が 1g/日尿に Cr を排泄するために、1日量の代わりとして使われる

  • #6.

    どのくらいの頻度で検尿? ✔ 高血圧(140/90 mmHg 以上あるいは降圧薬内服中)あるいは 糖尿病は 3ヶ月に一回は検尿 を! ✔ その他の人は誕生月に年一回でOK。 ✔ 医療機関ではためらわずuP定量を! (試験紙はスクリーニング用!) 3ヶ月に1回

  • #7.

    糖尿病、試験紙(-)→ アルブミン尿定量 ✔ 試験紙だけだとアルブミン尿を見逃す! ✔ → 試験紙では少ないアルブミン尿は検出できな い 試験紙の結果と実際のアルブミン尿の有無 試験紙 微量アルブミン(%) 顕性アルブミン(%) ー 0.2 10.1 +/ー 1.2 59.3 1+ 28.8 51.0 Clin Exp Nephrol. 2007 ;11(1):51-5 糖尿病あり 試験紙法 uP (-) uP (+/-) 尿中アルブミン定量を! 尿中たんぱく定量を!(g/gCre)

  • #8.

    何故 uAlb が重要か? ✔ CVDのマーカーとして有用 ✔ 腎症の進展のマーカーとして有用 ✔ 非専門医は uAlb をターゲットにした治療が確実かつ有用! →保険診療上は「早期糖尿病性腎症」で3ヶ月に1回測定可能」 (非糖尿病は苦しい。) ✔ 顕性蛋白尿は原則専門医紹介!

  • #9.

    uAlb と心血管イベント (アルブミン尿の程度) NA mA MA 60 ✔ uAlb ↑ で心血管イベント↑、RRTのリスク↑ 低 イベントのリスク eGFR (mL/min) ✔ eGFR↓で心血管イベント↑、RRTのリスク↑ ✔ eGFRとuAlbの組み合わせでより強力なマーカー 高 0 eGFR↓、uAlb↑でイベントが爆発的に増える。 ※大体においてeGFRは測っているのでここにuAlbを加える! RRT:腎代替療法(Renal Replacement Therapy) NA:Normoalbuminuria (0-29mg/gCre) mA:microalbuminuria(30-299mg/gCre) MA:macroalbuminuria(≧300mg/gCre)

  • #10.

    基本的には uAlb → uP へ進展 ✔ アルブミン尿が徐々に増えていき、顕性蛋白尿になる事が大半! ✔ いきなり顕性蛋白尿が出ている場合には、腎疾患を想定する → IgA腎症、膜性腎症など ✔上記の為にも「いつまで検尿が問題ないか」も大事

  • #11.

    uAlb と eGFR の関係 観察年数 eGFR変化(mL/min/1.73m2/年) アルブミン尿(-) :-0.22 (-2.22 – 2.01) 一般住民:-0.36 ここは問題ない。 臨床的には年に1未満のeGFR低下 は認識できない アルブミン尿(+):-2.68 (-6.15 – 0.56) ここはかなり問題 5年で10以上 eGFRさがる eGFR 試験紙(-)でも、このようにuAlbが隠れており進行が早い症例が存在する! →だからuAlb定量が必要! BMJ Open Diabetes Res Care. 2020 Mar;8(1):e000902 J Am Soc Nephrol. 2006 May;17(5):1444-52. から作図

  • #12.

    正常な人の腎機能低下速度 ✔ eGFR(mL/min/1.73m2)の年あたりの低下速度 →小さな変化なので過去のデータを年に1回は見直す ・日本の住民レベル:0.36 ・eGFR 40-50 :0.8-1.2 ・eGFR 30-39 :2.0-3.3 これを逸脱してeGFRの低下が早いときは Hypetens Res 2008;31:433-441 eGFR (mL/min) 紹介を検討 ・左図はeGFR低下のイメージ → 50から加速し、40を切ると転げ落ちる。 50 40 ・eGFR<30あたりから、薬の制限、腎性貧血、アシドーシス、 P、Ca代謝異常など色々起こる → これらがでてくるとフォローの間隔を調整する必要がある。 50 60 70 80 90 年齢(歳)

  • #13.

    日本人のベースライン eGFR ✔年齢で eGFR のベースラインが違う →若いのに eGFR が低い人が問題になることが多い! (mL/min/1.73m2) (2017年国民健康・栄養調査より作図) eGFRが毎年3-5減少しているのはおかしいと気付くことが大事!

  • #14.

    無難な紹介基準 eGFR (mL/min/1.73m2) ・75歳でeGFR<35は生涯でRRTになる可能性有 こういう人は心配ない → 特に若い人に腎移植、腹膜透析の話をするには 悩ましいが、75歳でeGFR35をかすりそうならば 一度見てもらう方が良いだろう 一度専門医に診てもらった方が良い。 → 超高齢者にRRTどうするか?と言う話も必要 ・eGFR>35であれば、治療オプションも多い → 腎生検で確定診断するメリットも多い 35 この場合が想定できる場合は 紹介しておいた方が良い(年齢によらず) 75 年齢(歳) ※紹介基準は地域の腎臓診療の状況にかなり依存する

  • #15.

    アルブミン尿の進展(JDCS) <30 >90 60-89 30-299 ※JDCS:日本糖尿病合併症研究 >300 0.67%/年 45-59 ✔1990→2000年代で腎症への進展は かなり改善した。 この数字以下が目標。 Diabetologia. 2011; 54: 1025-31 30-44 15-29 <15 かかりつけ医→腎臓専門医の紹介基準に準拠 赤 :紹介 黄色:血尿プラスなら紹介 40未満なら紹介。生活指導、診療継続 緑 :経過観察 ✔2010年代以降でさらに改善する見込み → SGLT2阻害薬・GLP-1・DPP4阻害薬が でてきたため。 ✔ただし患者数が圧倒的多数(1000万人以上) → 皆が対応できる必要有

  • #16.

    uAlb↓には血圧が大事! ✔ RAS系を使ってまず 140/90 mmHg を達 成! (mmHg) ここがコスパが高い これ以上下げると過降圧など懸念↑ (mmHg) 最近は死亡率の観点からここまでは下げない Diabetes Care 2005; 28: 2733-2738から作図

  • #17.

    血糖も脂質も一緒に良くする! 血圧、脂質、血糖未達成を1とした時の uP 寛解の Odds Ratio 〜 6.2 3個達成がとても大事! 禁煙も加えると尚良い 🞐 血圧:<130/80mmmHg 🞐 脂質: ・TC <200mg/dl 2.0 1.0 ・TG<150mg/dl 1.2 ・HDL>40mg/dl 🞐 目標達成検査値の個数 Diabetes. 2005 Oct;54(10):2983-7 Diabetes. 2007 Jun;56(6):1727-30. より作図 血糖:HbA1c<7.0% ※続報でeGFRの低下抑制、 心血管イベント↓

  • #18.

    目標値に達するまで手を緩めない ✔ 良い薬がたくさんあるのに、 ✔ これだけしか治療目標を達成していない! 項目 目標値 達成率 血糖 HbA1c < 7.0% 50%強 血圧 < 140/90 mmHg 70%強 脂質 non-HDL < 130 mg/dL 50%強 (米国国民栄養調査の糖尿病患者のデータ) ✔ 恐らく日本でも同程度 (N Engl J Med 2021; 384:2219-2228) このギャップを埋めることで腎症の進展も抑制!

  • #19.

    腎臓内科紹介のポイント 🞐 治療目標※に達しているのにuPが減らない、eGFRが低下する。 → 腎炎などが隠れている事がある ※<140/90mmHg, HbA1c<7.0%, non- HDL<130mg/dl 🞐 そもそも治療目標に達しない!(特に血圧) → 二次性の否定など必要になります 🞐 uPがでていないのに、eGFRがじわじわ下がる。 → 多発嚢胞腎や IgG4 関連腎疾患、シェーグレン症候群などが隠れている事あり 紹介を検討

  • #20.

    Tips ✔ 腎臓内科に紹介時は血清クレアチニンと検尿を必ずセットで! ✔ 顕性蛋白尿、eGFR↓早いときは紹介 ✔ 糖尿病ではアルブミン尿が腎機能低下、心血管イベントの有用な ✔ マーカー → 3~6 か月に 1 回はチェックしよう! ✔ アルブミン尿を減らすためには血圧を中心に血糖・脂質も良くする。 ✔ 目標達成までは手を緩めない。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter