医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

膠原病抄読会:PAISLEY_SLEにおけるTYK2阻害薬の有効性 (第二相試験) L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

投稿者

磯谷俊太郎

1/71

テキスト全文

  • #1.

    名古屋市立大学病院 リウマチ・膠原病内科 磯谷 俊太郎 論文抄読会: SLEにおけるTyk2阻害薬の有効性(第2相試験)~PAISLEY Trial~ テーマ: SLE/治療 ペーズリー模様

  • #2.

    本日の論文1) Arthritis & Rheumatology Impact Factor: 15.483

  • #3.

    本スライドには自験例の提示並びに一部個人の見解が含まれます. 本スライドには適応外使用の薬剤について記載しておりますが, 適応外使用を推奨するものではないことをあらかじめお断りいたします.

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

膠原病抄読会:PAISLEY_SLEにおけるTYK2阻害薬の有効性 (第二相試験)

  • 内科

  • 腎臓内科

  • アレ膠リウマチ内科

  • 批判的吟味
  • 臨床試験
  • 初期研修医
  • 膠原病内科
  • SLE
  • 専攻医
  • 膠原病
  • 抄読会
  • リウマチ膠原病

5,098

10

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
磯谷俊太郎

名古屋市立大学病院

投稿した先生からのメッセージ

膠原病内科抄読会. 疾患: SLE, テーマ: 治療 (新薬). TYK2阻害薬であるDeaucravacitinibのSLEへの有効性を評価した第二相試験 (PAISLEY)に関してまとめた

概要

膠原病内科抄読会. 疾患: SLE, テーマ: 治療 (新薬). TYK2阻害薬であるDeaucravacitinibのSLEへの有効性を評価した第二相試験 (PAISLEY)に関して

本スライドの対象者

専攻医/専門医

参考文献

  • Morand E, Pike M, Merrill JT et al. Deucravacitinib, a Tyrosine Kinase 2 Inhibitor, in Systemic Lupus Erythematosus: A Phase II, Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Arthritis Rheumatol. 2023 Feb;75(2):242-252. doi: 10.1002/art.42391. Epub 2022 Nov 11

  • Felten R, Dervovic E, Chasset F et al. The 2018 pipeline of targeted therapies under clinical development for Systemic Lupus Erythematosus: a systematic review of trials. Autoimmun Rev. 2018 Aug;17(8):781-790.

  • Seif F, Khoshmirsafa M, Aazami H et al The role of JAK-STAT signaling pathway and its regulators in the fate of T helper cells. Cell Commun Signal. 2017 Jun 21;15(1):23.

  • Burke JR, Cheng L, Gillooly KM et al. Autoimmune pathways in mice and humans are blocked by pharmacological stabilization of the TYK2 pseudokinase domain. Sci Transl Med. 2019 Jul 24;11(502):eaaw1736.

  • Armstrong AW, Gooderham M, Warren RB et al. Deucravacitinib versus placebo and apremilast in moderate to severe plaque psoriasis: Efficacy and safety results from the 52-week, randomized, double-blinded, placebo-controlled phase 3 POETYK PSO-1 trial. J Am Acad Dermatol. 2023 Jan;88(1):29-39.

  • Mease PJ, Deodhar AA, van der Heijde D et al. Efficacy and safety of selective TYK2 inhibitor, deucravacitinib, in a phase II trial in psoriatic arthritis. Ann Rheum Dis. 2022 Jun;81(6):815-822.

  • Morand EF, Vital EM, Petri M et al. Baricitinib for systemic lupus erythematosus: a double-blind, randomised, placebo-controlled, phase 3 trial (SLE-BRAVE-I). Lancet. 2023 Mar 25;401(10381):1001-1010.

  • Petri M, Bruce IN, Dörner T et al. Baricitinib for systemic lupus erythematosus: a double-blind, randomised, placebo-controlled, phase 3 trial (SLE-BRAVE-II). Lancet. 2023 Mar 25;401(10381):1011-1019.

  • Catlett IM, Aras U, Hansen L et al. First-in-human study of deucravacitinib: A selective, potent, allosteric small-molecule inhibitor of tyrosine kinase 2. Clin Transl Sci. 2023 Jan;16(1):151-164.

  • Felten R, Scherlinger M, Mertz P et al. New biologics and targeted therapies in systemic lupus: From new molecular targets to new indications. A systematic review. Joint Bone Spine. 2023 Mar;90(2):105523.

  • Petri M et al. Arthritis Rheum. 2012 Aug;64(8):2677-86.

  • Gladman DD et al. J Rheumatol. 2002 Feb;29(2):288-91.

  • Yee CS et al. Arthritis Rheum. 2006 Oct;54(10):3300-5.

  • Furie RA et al. Arthritis Rheum. 2009 Sep 15;61(9):1143-51.

  • Wallace DJ et al. Ann Rheum Dis. 2014 Jan;73(1):183-90.

  • GOLDER, Vera, et al. The Lancet Rheumatology, 2019, 1.2: e95-e102.

  • Albrecht J et al. J Invest Dermatol. 2005 Nov;125(5):889-94.

  • Morand, Eric F et al.The Lancet Rheumatology, Volume 4, Issue 4, e282 - e292

  • Richard A, Eric F , Ian N et al. Type I interferon inhibitor anifrolumab in active systemic lupus erythematosus (TULIP-1): a randomised, controlled, phase 3 trial,The Lancet Rheumatology,Volume 1, Issue 4,2019,Pages e208-e219.

  • https://acrabstracts.org/abstract/belimumab-for-systemic-lupus-erythematosus-a-cochrane-systematic-review-and-meta-analysis/

テキスト全文

  • #1.

    名古屋市立大学病院 リウマチ・膠原病内科 磯谷 俊太郎 論文抄読会: SLEにおけるTyk2阻害薬の有効性(第2相試験)~PAISLEY Trial~ テーマ: SLE/治療 ペーズリー模様

  • #2.

    本日の論文1) Arthritis & Rheumatology Impact Factor: 15.483

  • #3.

    本スライドには自験例の提示並びに一部個人の見解が含まれます. 本スライドには適応外使用の薬剤について記載しておりますが, 適応外使用を推奨するものではないことをあらかじめお断りいたします.

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

磯谷俊太郎さんの他の投稿スライド

ループス腎炎患者における寛解達成後の免疫抑制療法の中止について

ループス腎炎患者における寛解達成後の免疫抑制療法の中止について

#論文 #膠原病内科 #SLE #免疫抑制剤 #膠原病 #抄読会 #リウマチ膠原病

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

21

13,676

最終更新:2022年11月11日

リウマチ・膠原病内科抄読会: AURORA2 VCS併用マルチターゲットセラピーのループス腎炎における長期安全性について

リウマチ・膠原病内科抄読会: AURORA2 VCS併用マルチターゲットセラピーのループス腎炎における長期安全性について

#論文 #批判的吟味 #腎臓内科 #慢性腎臓病 #治療 #PICO #膠原病内科 #医学論文 #SLE #膠原病 #抄読会 #自己免疫性疾患 #全身性エリテマトーデス #カルシニューリン阻害薬 #マルチターゲットセラピー #ループス腎炎 #ボクロスポリン #ミコフェノール酸モフェチル

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

72

6,103

最終更新:2023年10月19日

線維筋痛症

線維筋痛症

#膠原病内科 #膠原病 #リウマチ膠原病 #線維筋痛症

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

81

17,077

最終更新:2022年11月11日

もっと見る

関連するスライド

難しいことは分かりませんが... アナフィラキシー の対応を教えてください! 〜身体診察をなによりも大切にしよう〜

難しいことは分かりませんが... アナフィラキシー の対応を教えてください! 〜身体診察をなによりも大切にしよう〜

#救急外来 #救急 #医学生 #研修医 #救急科 #アナフィラキシー #アドレナリン #初期研修医 #アレルギー

ゆっくり救急医

ゆっくり救急医

234

37,164

最終更新:2022年5月20日

2024.3.21更新 よくみる感染症のポイントをまとめました。

2024.3.21更新 よくみる感染症のポイントをまとめました。

#抗菌薬 #感染症 #初期研修医 #原因菌

新米ID

新米ID

568

51,065

最終更新:2024年3月21日

地獄の内科系専門医試験を乗り越えよ!総合内科専門医試験向け〜膠原病編〜

地獄の内科系専門医試験を乗り越えよ!総合内科専門医試験向け〜膠原病編〜

#関節リウマチ #SLE #MTX #膠原病 #総合内科専門医試験 #線維筋痛症 #メトトレキサート #HLA #成人still病 #EGPA #好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 #内科専門医試験

チラ呼吸器内科医

チラ呼吸器内科医

73

13,387

最終更新:2024年3月19日

過敏性腸症候群に対するRifaximinの効果

過敏性腸症候群に対するRifaximinの効果

#総合診療 #消化器内科 #過敏性腸症候群 #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部

G-MoreJournal Club

G-MoreJournal Club

10

15,870

最終更新:2022年5月10日

小児の急性胃腸炎について知っておいてほしいこと

小児の急性胃腸炎について知っておいてほしいこと

#外来 #小児科 #初期研修医 #後期研修医 #急性胃腸炎 #経口補水療法

ふずふず@小児科,小児神経科

ふずふず@小児科,小児神経科

164

26,832

最終更新:2023年6月7日

救急当直で血小板減少に出会ったら 夜間検査でも鑑別できる?

救急当直で血小板減少に出会ったら 夜間検査でも鑑別できる?

#救急外来 #研修医 #救急科 #血小板減少 #初期研修医 #播種性血管内凝固症候群 #DIC #血栓性微小血管障害症 #TMA #偽性血小板減少症

ゆっくり救急医

ゆっくり救急医

533

81,976

最終更新:2022年2月2日


このスライドと同じ診療科のスライド

活動性ループス腎炎の導入療法としてタクロリムスとミコフェノール酸モフェチルを比較したランダム化比較試験の長期転帰

活動性ループス腎炎の導入療法としてタクロリムスとミコフェノール酸モフェチルを比較したランダム化比較試験の長期転帰

#臨床研究 #総合内科 #内科 #内科専門医 #腎臓内科 #治療 #専門医 #膠原病内科 #SLE #免疫抑制剤 #膠原病 #抄読会 #GC #膠原病診療 #RCT #AZA #寛解導入 #TAC #MMF

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

9

1,991

最終更新:2024年5月16日

論文抄読会: ループス腎炎(LN)における維持免疫抑制治療 (IST)からの離脱 ~WIN-LUPUS~

論文抄読会: ループス腎炎(LN)における維持免疫抑制治療 (IST)からの離脱 ~WIN-LUPUS~

#SLE #免疫抑制剤 #膠原病 #抄読会 #ループス腎炎 #RCT

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

14

5,079

最終更新:2024年1月13日

リウマチ・膠原病内科抄読会: AURORA2 VCS併用マルチターゲットセラピーのループス腎炎における長期安全性について

リウマチ・膠原病内科抄読会: AURORA2 VCS併用マルチターゲットセラピーのループス腎炎における長期安全性について

#論文 #批判的吟味 #腎臓内科 #慢性腎臓病 #治療 #PICO #膠原病内科 #医学論文 #SLE #膠原病 #抄読会 #自己免疫性疾患 #全身性エリテマトーデス #カルシニューリン阻害薬 #マルチターゲットセラピー #ループス腎炎 #ボクロスポリン #ミコフェノール酸モフェチル

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

72

6,103

最終更新:2023年10月19日

SLERPI(SLEリスク確率指数)(論文抄読会)

SLERPI(SLEリスク確率指数)(論文抄読会)

#臨床研究 #診断 #内科 #論文 #膠原病内科 #医学論文 #SLE #膠原病 #抄読会 #リウマチ膠原病 #自己免疫性疾患 #分類基準 #全身性エリテマトーデス #機械学習

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

15

6,551

最終更新:2023年4月22日

論文抄読会: 活動性ループス腎炎寛解導入療法におけるタクロリムスの有効性(無作為化非盲検第三相試験)

論文抄読会: 活動性ループス腎炎寛解導入療法におけるタクロリムスの有効性(無作為化非盲検第三相試験)

#研修医 #論文 #シクロホスファミド #SLE #免疫抑制剤 #専攻医 #膠原病 #抄読会

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

13

25,620

最終更新:2023年2月2日

ループス腎炎患者における寛解達成後の免疫抑制療法の中止について

ループス腎炎患者における寛解達成後の免疫抑制療法の中止について

#論文 #膠原病内科 #SLE #免疫抑制剤 #膠原病 #抄読会 #リウマチ膠原病

磯谷俊太郎

磯谷俊太郎

21

13,676

最終更新:2022年11月11日



Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter