新内科専門医制度 J-osler 攻略のコツ

1/38

原田 洸

原田 洸

岡山大学病院

29327 page views
3435 content views

2019年から始まった新内科専門医制度ですが、クリアするべき条件が多く、各地で混乱が多く生じています。特に症例登録や病歴要約のハードルが高く、計画的に取り組む必要があります。そこで、経験した内科専攻医の立場から何をするべきかをまとめました。情報が頻繁にアップデートされるため、各自で学会HPを確認するようお願いします。

新内科専門医制度 J-osler 攻略のコツ

1. 新内科専門医制度 J-osler 攻略のコツ 2020年3月28日作成
2. J-osler攻略のコツ 1、J-oslerとは? 2、専攻医は何をすれば良いか? 3、症例登録・病歴要約の攻略のコツ 4、J-oslerを経験して感じた注意点
3. 専攻医がやること:総論 ・J-oslerシステムへの登録 ・症例登録:56疾患群、160症例 (2年目の終わりまでに120症例) ・病歴要約:29症例 (2年目の終わりまでに全て) ・年に2回の講習受講 ・JMECCの受講 ・所定の学会発表 or 論文発表2回以上 ・内科系の学術集会や企画に年2回以上(=3年間で6回以上) 参加 ・半年おきの自己評価、指導医評価、プログラム評価、360度評価、技能技術評価 ・施設が変わる前に転出・転入届け、施設が変わった後に担当指導医の変更
4. -