医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

NSTI(壊死性軟部組織感染症)でボッチにならない3つの共有 ~他科を巻きこむ治療戦略~ L1.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/78

関連するスライド

皮膚軟部組織感染症 overview

皮膚軟部組織感染症 overview

長谷川耕平

143725

387

NSTI(壊死性軟部組織感染症)でボッチにならない3つの共有 ~他科を巻きこむ治療戦略~

投稿者プロフィール
井上三四郎

飯塚病院

31,406

61

概要

NSTI(壊死性軟部組織感染症)は進行が早く、極めて重篤な状態に陥ることもあり、早期の診断・治療が生存率の上昇につながります。2023年に感染者が過去最多となった『人食いバクテリア』劇症型溶血性レンサ球菌感染症での発症もみられ、近年のトピックスでもある疾患です。

 

所見の似ている蜂窩織炎との鑑別を行った上で、緊急外科的デブリドマン手術および全身管理が求められることから、他科を巻き込んで治療をする必要があります。

 

このスライドではこれまでNSTIの症例を数多く診てきた総合診療科医師が、早期診断および治療につなげる方法や、他科との連携について解説します。

 

【このスライドで学べること】

・蜂窩織炎?それともNSTI(壊死性軟部組織感染症)??診断のポイント

・NSTIの治療方針~治療に必要な3つの要素~

・他科と上手く集学的治療を成功させる秘訣

 

【このスライドが役立つ利用シーン】

軟部組織感染症の診かたがわかる、NSTIの治療方針を共有できる

 

【特に対象の診療科】

整形外科、形成外科、皮膚科、救急科、総合診療科

※Zoomウェビナーで解説したスライドになります。

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

皮膚軟部組織感染症 overview

皮膚軟部組織感染症 overview

長谷川耕平

長谷川耕平

143,725

387

小児科外来で使う抗菌薬

小児科外来で使う抗菌薬

鈴木政志

鈴木政志

26,727

233

日本における整形外科と総合内科のコマネジメントの一例

日本における整形外科と総合内科のコマネジメントの一例

恒光綾子

恒光綾子

7,073

14

日本における整形外科と総合内科のコマネジメント

日本における整形外科と総合内科のコマネジメント

筒泉貴彦

筒泉貴彦

2,302

10




テキスト全文

  • #1.

  • #3.

    NSTI Necrotizing Soft Tissue Infection スピード感のある集学的治療が必要な致死的疾患

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter