医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン
血液ガスの紐解き方 L001.png

関連テーマから出会おう。

閲覧履歴からのおすすめ

Antaa Slide
症例から学ぼう!敗血症~複雑性腎盂腎炎から敗血症性ショックを呈したHAMの一例~

症例から学ぼう!敗血症~複雑性腎盂腎炎から敗血症性ショックを呈したHAMの一例~

ゆっくり救急医

続けて閲覧
ショックのRRS対応

ショックのRRS対応

かんぱち

続けて閲覧

1/48

関連するスライド

アナフィラキシーのRRS対応

アナフィラキシーのRRS対応

かんぱち

10652

51

症例から学ぼう!熱中症

症例から学ぼう!熱中症

ゆっくり救急医

13777

51

血液ガスの紐解き方

投稿者プロフィール
島田利彦

医仁会武田総合病院

264,150

475

概要

血液ガスデータの分析手順、評価を実際の症例データでトレーニングする。初期研修医向け 

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

アナフィラキシーのRRS対応

アナフィラキシーのRRS対応

かんぱち

かんぱち

10,652

51

低ナトリウム血症の救急対応

低ナトリウム血症の救急対応

かんぱち

かんぱち

27,916

242

症例から学ぼう!熱中症

症例から学ぼう!熱中症

ゆっくり救急医

ゆっくり救急医

13,777

51

薬物中毒診療のピットフォール 〜救急外来や当直の現場でハマる 3つのワナ、教えます!〜

薬物中毒診療のピットフォール 〜救急外来や当直の現場でハマる 3つのワナ、教えます!〜

香月洋紀

香月洋紀

30,941

131


島田利彦さんの他の投稿スライド

すべて見る


テキスト全文

  • #1.

    血液ガス分析酸塩基と呼吸分析の型 2022/04/20 淡海医療センター

  • #2.

    血液ガス分析でなにをみる? ガス交換    酸素化AaDO2,  CO2蓄積 2. 酸塩基平衡  まず緩衝 →  次に呼吸性調節 →  腎による調節(24時間)  あとは Hb, 電解質(Ca), 一酸化炭素などが迅速で出る

  • #3.

    いつ動脈穿刺が必要か?静脈血液ガスの意義と注意

  • #4.

    動脈血と静脈血の差 酸塩基平衡の評価だけなら静脈で良い

  • #5.

    SpO2の注意事項 (SaO2, PaO2との解離) 【SaO2とSpO2が解離】 末梢のみの循環不全   (末梢動脈疾患, 寒冷) マニュキュアなど 【SaO2/SpO2とPaO2が解離】 酸素解離曲線と一致しない メトヘモグロビン血症 CO中毒 N Engl J Med 2019; 381:1158 Wikipedia

  • #6.

    ガス交換の評価PaO2低下(低酸素血症)の病態生理

  • #7.

    1. PaCO2上昇あり(Ⅱ型) A-a DO2非開大  CO2産生過剰  肺胞低換気

  • #8.

     2.  PaCO2上昇なし A-a DO2開大   拡散障害  VQミスマッチ  シャント(VQミスマッチの一種) 0.   酸素分圧が低い

  • #10.

    酸塩基平衡の評価  型通り順番に分析する習慣をつける

  • #11.

    分析の型 (BaseExcessは使わない) pHが7.4より上(アルカレミア)か、下(アシデミア)かから、    一次性変化を決定する    原則: 一次性変化はpHに反映される。代償性変化はovershootしない* 代償性変化は予測範囲内(ノモグラム or 予測式)にあるかをチェック  予想範囲になければ混合性障害が考えられる AnionGapを計算する。AG=「測定できない酸の上昇」があるかの検討**  AG = Na - (HCO3+Cl)    正常値は12 混合性障害のさらなる検討:  補正HCO3またはΔAGを計算する 患者病態と整合性の検討を行う *敗血症やアスピリン中毒などの例外あり **正確には後述のアルブミン補正などが必要

  • #12.

    使い方 pHをプロット HCO3をプロット pCO2確認 (カーブに沿って右上) 領域を確認 臨床像と矛盾しないか?を検討 例: pH 7.13, HCO3 26, pCO2 80  → ☆ 呼吸性アシドーシス+代謝性アシドーシスの混合性変化 動脈血液ガス ノモグラム ☆

  • #13.

    代償性変化の予測式 予測範囲に収まらなければその他の変化(混合性障害)がある

  • #14.

    Anion Gap: 電荷から求める酸直接測定できない不揮発性有機酸で、陰性に荷電(陰イオン) 【AGが低く計算される = AG acidosisが隠れることあり】 陰イオンの減少     アルブミン1g/dl低下でAG 2.5~3mol低下     (低アルブミン血症ではAGが増加する病態が見えにくい) 陽イオンの増加  IgG上昇   :IgG MyelomaではAG低値  Br       :ブロム中毒ではAG低値  Li中毒 高Ca 高K 高Mg などでも 初学者はとばす!

  • #15.

    混合性障害の分析その1  ΔAG 混合性変化は3つ以上共存しうる  (呼吸性アルカローシスと呼吸性アシドーシスの2つは混在しないが) AGが増加するタイプのアシドーシスだけなら   AGの変化(ΔAG) = AG – 12 はHCO3の変化と一致するはず。    補正HCO3=ΔAG + 測定HCO3を計算して、  正常値25以上なら別の代謝性アルカローシス、  正常値25以下ならnon AG アシドーシスが共存する。  (次頁は言い換え) 初学者はとばす!

  • #16.

    混合性障害の分析 その2  Δgap   Δgap,  Gap gap  :  正常値は0 ± 6 単純なAGアシドーシスではAG が1mol/L増加すると、HCO3 が 1mol/L低下する。Δgapはこの関係が崩れていることを示す Δgap = (AG測定 – AG正常12) - (HCO3測定値– HCO3正常値24)  Δgap > 0 代謝性アルカローシスが共存    Δgap < 0 AG正常高Cl性代謝性アシドーシスが共存 初学者はとばす!

  • #17.

    臨床シナリオ型どおり読んで、解釈する

  • #18.

    60歳代女性 脳腫瘍術後  外来通院で術後放射線・化学療法中  呼吸器疾患なし 癌性髄膜炎(頭痛)で入院、その後半日で急速に進行する意識障害と血圧低下あり 敗血症性ショックの疑いでコンサルトされた 動脈血液ガス(室内気)   pH 7.072  pCO2 119.0 pO2 105.0 HCO3 33.9  Lac 0.9 mmol/L 分析と検討

  • #19.

     急性呼吸性アシドーシス アシデミア(酸血症)をおこしているのは呼吸性  代償性の代謝性アルカローシス 意識障害 → 呼吸抑制 → CO2蓄積  注意:この症例はCO2ナルコーシスではない  ナルコーシスであれば、室内気では低酸素も   あるはずで、慢性呼吸性アシドーシスとして   代償性にHCO3>50になる

  • #20.

    CO2が蓄積  ≠  CO2ナルコーシス CO2ナルコーシスの病態生理 ・慢性呼吸筋疲労によるCO2蓄積 + 低酸素血症 ・徐々にCO2センシング消失 低酸素だけで呼吸ドライブ ・酸素投与でpO2上昇し、低酸素ドライブ消失 ・呼吸減弱から停止(さらにCO2蓄積) 慢性CO2蓄積・呼吸筋疲労に注意すればCOPDの低酸素に酸素投与することは、悪いことではない

  • #21.

    47歳 男性 アルコール多飲 意識障害で搬送  ERでVfを起こして、CPR・除細動施行直後 Na 134mEq/L, K 3.6mEq/L, Cl 95mEq/L BUN 6.3mg/dl, Cr 0.99mg/dl pH 7.238, pCO2 33.2mmHg, HCO3 13.8mEq/L Lactate 8.8mmol/L 分析と検討

  • #22.

    AG開大型代謝性アシドーシス乳酸アシドーシス アシデミアの原因は代謝性アシドーシス AG は22以上に上昇 AGの上昇分は、乳酸値の上昇分と一致する 循環不全にともなう乳酸産生 ↑ 乳酸正常値 0.44-1.78mmol/L(4-16mg/dL)

  • #23.

    AG 開大型acidosisの原因

  • #24.

     AG acidosis覚え方 覚えられないけどね M: Methanol intoxication U:  Uremia D:  Diabetic Ketoacidosis P:   Paraldehyde intoxication I:   Infection (sepsis) L: Lactic acidosis E: Ethylene glycol intoxication S: Salicylate intoxication, Seizures, Shock

  • #25.

     血漿浸透圧Gap 薬剤性の AG 上昇(メタノール・エチレングリコール中毒)を疑った際には、浸透圧ギャップ の計算が有効。 (直接測定しにくい濃度の代用) OG  =  実測血漿浸透圧  ‐  計算血漿浸透圧 (2Na + BUN/2.8 + Glu/18)   OG >10 mOsm/kg であれば、測定されない浸透圧物質が示唆される 例えば OG = 70mOsm/kgの場合、エタノール分子量は46であり、血中エタノール濃度= 70mOsm/kg x 46 g/Osm÷10 =322 mg/dL 強度酩酊に相当

  • #26.

    98歳女性 慢性心不全・認知症・るいそう 急性の呼吸困難で救急搬送  高血圧あり アゾセミドと抑肝散内服 胸部レントゲンでButterfly shadowあり BNP 720 pH 7.45, pCO2 60.7mmHg, HCO3 38.7mEq/L pO2 129mmHg (O2リザーバー10L ) Na 141mEq/L, K 2.1mEq/L, Cl 96mEq/L BUN 14.5mg/dl, Cr 0.6mg/dl 分析と検討

  • #27.

    [混合性障害] 慢性代謝性アルカローシス + 慢性呼吸性アシドーシス 偽性アルドステロン症、利尿剤による低K、 有効循環血漿量低下、呼吸筋疲労などの混在

  • #28.

    代謝性アルカローシス CO2↑から呼吸性アシドーシスとの誤認に注意 → 脱水 ・ 低K ・ アルドステロン

  • #29.

    代謝性アルカローシス   3K+ABCD 1. 体液量減少  (kawaki カワキ)2-1. 低カリウム  (慢性)      2-2. 鉱質コルチコイド過剰   (ketsuatsu ケツアツ) 多くは低Kとセット。低Kの評価へ

  • #30.

    数ヶ月前から呼吸困難感あり採血や胸腹部CTでは異常なし他に原因不明の体重減少5kg有り喫煙歴なし 呼吸器疾患既往なし  74歳 男性 これまで著患なし 分析と検討

  • #31.

    慢性+急性 呼吸性アシドーシス 身体診察で繊維束性攣縮あり ALS 筋萎縮性側索硬化症 ALSでは筋がpathyに侵される 10-20%程度は呼吸筋から初発する 呼吸性アシドーシスの本質は呼吸筋力の低下に伴う肺胞低換気!

  • #32.

    62歳男性 進行リンパ腫末期  発熱・頻呼吸あり 循環動態は問題なし(低血圧・ショックなし) 腎機能や尿酸値やLDH等にも変化無し   pH  7.15   PCO2  23   HCO3  7   Na 135, Cl 90, Lac 22 mmol/L 分析と検討 Mayo clinic proceedings 2018より改変

  • #33.

    乳酸アシドーシス(AG開大) Type B Lactic acidosis 組織低還流を伴わないタイプ

  • #34.

    乳酸アシドーシスの分類AG開大型代謝性acidosisの代表選手

  • #35.

    腫瘍に伴う乳酸アシドーシスWarburg effect  Science 2009 腫瘍細胞が有酸素下でも解糖系でATPを産生し、乳酸産生をおこす現象

  • #36.

    case1. 80代女性 CKDあり   高血圧、コントロール不良の糖尿病に長期罹患  【静脈血液ガス】 Na 143mEq/L, K 5.6mEq/L, Cl 118mEq/L BUN 37.0mg/dl, Cr 1.54mg/dl pH 7.255, pCO2 40.2mmHg, HCO3 17.0mEq/L   分析と検討 1/3

  • #37.

    case2. 42歳女性  全身倦怠感と脱力感がつよく働けない 以前から口渇感と目の渇きがある Na 135mEq/L, K 1.2mEq/L, Cl 114mEq/L BUN 12mg/dl, Cr 1.2mg/dl pH 7.28, pCO2 25mmHg, HCO3 10mEq/L 【尿 ; pH 6.6, Na 35mEq/L, K 30mEq/L, Cl 50mEq/L 】 分析と検討 2/3

  • #38.

    case3. 75歳男性 膀胱癌で膀胱全摘    回腸導管増設後 発熱で来院、肺炎の診断で入院。著明な脱水と採血で高カリウム血症を認めた。  pH  7.215  pO2  97.4  pCO2  24.1  HCO3  11.5 続く https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Diagram_showing_how_a_urostomy_is_made_(ileal_conduit)_CRUK_124.svg

  • #39.

    緊急透析含めた加療について相談あり pH 7.215, pO2 97.4, pCO2 24.1, HCO3 11.5 分析と検討 3/3

  • #40.

    Non AG metabolic acidosisアニオンギャップ正常(高Cl性)代謝性アシドーシス Case1. RTA type4 (アルドステロン作用不全)      高カリウム型尿細管性アシドーシス Case2. Sjogren症候群に伴うRTA type1 Case3. 回腸導管による高Cl性NAGアシドーシス     長時間尿貯留によりCl再吸収とHCO3排泄が促進

  • #41.

    Normal AG acidosis ≒  「HCO3がもれている」【Na正常のときのCl高値はなにかある】 腎から: 尿細管性アシドーシス(RTA type2 type1,4) 炭酸脱水酵素阻害薬 (eg. アセタゾラミド) アルドステロン阻害薬、低アルドステロン血症 消化管から: 重度の下痢 尿路変更・回腸導管  正常 AG増大 AG正常

  • #42.

    Non AG acidosis ≒ RTA (腎>> 消化管) 臨床的には(いわゆる)Type4RTAがもっとも多い. 中等度のDMやCHFに合併し、Kがやや高い RTA1   酸排泄障害    管腔内pHが低下しない事による尿酸性化障害 RTA2  重炭酸吸収障害  重炭酸がもれていくとやがてプラトーに達する。     尿中重炭酸排泄増加 UAGはnegative (RTA4) 低レニン低アルドステロン   アルドステロン作用不全     

  • #43.

    RTAを疑ったら、血清K, 尿pH, 尿AGをチェックする Non AG acidosis RTAの鑑別

  • #44.

    Non AG acidosis RTAの鑑別尿アニオンギャップ  Urinary net charge        Urine AG = Una + UK – Ucl        尿中の酸(代表はNH4+)排泄を間接的に表す    (酸が排泄されないと尿Cl排泄が低下)    正常は0より低い(特にアシデミアでは酸排泄が亢進するはず)     酸排泄障害で尿AGがプラス(> 0)になる  ・ UAG+ (NH4排泄障害あり) ; RTA1 or 4     ・ UAG- ; RTA2 初学者はとばす!

  • #45.

    Non AG acidosis RTAの鑑別  尿中NH4排泄評価 その2尿浸透圧ギャップ  尿浸透圧ギャップ  OG = 実測尿浸透圧  ‐  計算尿浸透圧 計算尿浸透圧(mosm/kg) = 2 × (尿Na + 尿K ) + 尿UN/2.8 + 尿Glc/18 尿アンモニウム塩は、尿浸透圧を形成する溶質の中で、計算式に入っていない主要な浸透圧物質。代謝性アシドーシスに際し て、腎臓は NH4 + 排泄を増やす。 RTAではアシドーシスに対する腎臓の応答が十分でなく、尿 OG <150 mosm/Lになる。 腎機能が保たれて、腎以外からの重炭酸塩の喪失(下痢や回腸瘻など)では尿 OG >400 mosm/Lになる。 初学者はとばす!

  • #46.

    Five Medical gaps臨床で使える5つの内科的ギャップ Anion Gap : AG正常アシドーシス 尿Anion Gap : AG正常アシドーシス 尿浸透圧Gap : AG正常アシドーシス 血漿浸透圧Gap : メタノール中毒etc. Saturation GAP

  • #47.

    Take home points 病態(ガス交換+酸塩基平衡)を把握するために血液ガスをとるのだ! 呼吸性アシドーシスでは肺胞低換気の原因を 代謝性アシドーシスでは最低限Anion gapまで 代謝性アルカローシスを呼吸性アシドーシスと間違えない。K, 血圧, 脱水をチェック

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter