医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

集中治療室における血栓性微小血管障害症診療の問題点 L1.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

投稿者

ゆっくり救急医

1/17

テキスト全文

  • #1.

    集中治療室における ⾎栓性微⼩⾎管障害症診療の問題点 ゆっくり救急医 Twitter: @Yukkuri_991

  • #2.

    本⽇の⽬次 1. ⾎栓性微⼩⾎管障害症(TMA)の基礎知識 2. 播種性⾎管内症候群(DIC)との相同と相違 3. 集中治療領域におけるTMA診療の問題点

  • #3.

    “Physicians in the ICU see an average of three patients with TMA per year, many of whom are not diagnosed at the time of admission.” ICUの医師は,年間平均3⼈のTMA患者を診ていますが、その多くは⼊院時に診断されていません. Azoulay E, et al. Expert Statements on the Standard of Care in Critically Ill Adult Patients With Atypical Hemolytic Uremic Syndrome. Chest. 2017;152(2):424-434. “These clinical similarities of DIC, TTP, and HUS are a major concern because they pose a risk of misdiagnosis as intensivists are more likely to consider a diagnosis of DIC than of the rarer TTP or HUS, thus delaying potentially lifesaving treatment.” DIC,TTP,HUSの臨床的類似性は,集中治療医がより稀なTTPやHUSの診断よりもDICの診断を考慮する可能性が⾼いため,誤診のリスクをもたらし, 潜在的に救命治療を遅らせるという⼤きな懸念があります. Vincent JL, et al. Thrombocytopenia in the ICU: disseminated intravascular coagulation and thrombotic microangiopathies-what intensivists need to know. Crit Care. 2018;22(1):158. 集中治療室において⾎栓性微⼩⾎管障害症(TMA)の 診断・治療の遅れが懸念される

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

集中治療室における血栓性微小血管障害症診療の問題点

  • 救急科

  • 初期研修医

  • 医学生

  • MAHA
  • STEC-HUS
  • 採血検査所見
  • 補体介在性溶血性尿毒症症候群
  • 二次性TMA
  • CM-HUS
  • 血栓性血小板減少性紫斑病
  • TTP
  • 志賀毒素産性大腸菌
  • 溶血性尿毒症症候群
  • 微小血管障害性溶血性貧血

13,900

127

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
ゆっくり救急医

救命救急センター

概要

集中治療室において血栓性微小血管障害症(TMA)の診断・治療の遅れが懸念されています。TMAの正しい認識のために着目すべき所見をまとめたスライドです。

◎目次

・血栓性微小血管障害症 (Thrombotic microangiopathy, TMA)

・MAHAを示唆する採血検査所見

・1. 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

・2. 志賀毒素産生大腸菌による溶血性尿毒症症候群(STEC-HUS)

・3. 補体介在性溶血性尿毒症症候群 (CM-HUS)

・4. 二次性TMA

・4. 重症病態に関連したTMA

・DICとTMAの類似性と相同性

・MAHAを示唆する採血検査所見

・DICとTMAの相違

・集中治療領域におけるTMA診療の問題点

・Take Home Message

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

参考文献

テキスト全文

  • #1.

    集中治療室における ⾎栓性微⼩⾎管障害症診療の問題点 ゆっくり救急医 Twitter: @Yukkuri_991

  • #2.

    本⽇の⽬次 1. ⾎栓性微⼩⾎管障害症(TMA)の基礎知識 2. 播種性⾎管内症候群(DIC)との相同と相違 3. 集中治療領域におけるTMA診療の問題点

  • #3.

    “Physicians in the ICU see an average of three patients with TMA per year, many of whom are not diagnosed at the time of admission.” ICUの医師は,年間平均3⼈のTMA患者を診ていますが、その多くは⼊院時に診断されていません. Azoulay E, et al. Expert Statements on the Standard of Care in Critically Ill Adult Patients With Atypical Hemolytic Uremic Syndrome. Chest. 2017;152(2):424-434. “These clinical similarities of DIC, TTP, and HUS are a major concern because they pose a risk of misdiagnosis as intensivists are more likely to consider a diagnosis of DIC than of the rarer TTP or HUS, thus delaying potentially lifesaving treatment.” DIC,TTP,HUSの臨床的類似性は,集中治療医がより稀なTTPやHUSの診断よりもDICの診断を考慮する可能性が⾼いため,誤診のリスクをもたらし, 潜在的に救命治療を遅らせるという⼤きな懸念があります. Vincent JL, et al. Thrombocytopenia in the ICU: disseminated intravascular coagulation and thrombotic microangiopathies-what intensivists need to know. Crit Care. 2018;22(1):158. 集中治療室において⾎栓性微⼩⾎管障害症(TMA)の 診断・治療の遅れが懸念される

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

ゆっくり救急医さんの他の投稿スライド

救急当直で血小板減少に出会ったら 夜間検査でも鑑別できる?

救急当直で血小板減少に出会ったら 夜間検査でも鑑別できる?

#救急外来 #研修医 #救急科 #血小板減少 #初期研修医 #播種性血管内凝固症候群 #DIC #血栓性微小血管障害症 #TMA #偽性血小板減少症

ゆっくり救急医

ゆっくり救急医

533

82,036

最終更新:2022年2月2日

ARDS STANDARD CARE ARDS患者を悪くしないためになにをしたらいいのか?

ARDS STANDARD CARE ARDS患者を悪くしないためになにをしたらいいのか?

#敗血症 #呼吸器内科 #研修医 #肺炎 #集中治療 #救急科 #初期研修医 #ARDS #急性呼吸不全 #DRY-LUNGアプローチ #肺保護換気 #PROSEVA試験

ゆっくり救急医

ゆっくり救急医

404

97,288

最終更新:2022年2月24日

症例から学ぼう!熱中症

症例から学ぼう!熱中症

#腎機能障害 #仮想症例 #熱中症分類 #肝性脳症 #非労作性熱中症 #重症熱中症 #WBGT

ゆっくり救急医

ゆっくり救急医

39

6,203

最終更新:2024年2月26日

もっと見る



Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter