医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide

お知らせ

ログイン
診療科

このスライドは会員限定コンテンツです。


今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

IVRistが知っ得べき血液疾患(試作) L1.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

投稿者

松田律史

1/23

テキスト全文

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

ページ番号から遷移も可能!

IVRistが知っ得べき血液疾患(試作)

  • 血液内科

  • 救急科

  • 放射線科

  • 後天性血友病
  • IVR
  • 凝固障害
  • 止血
  • 特発性脾破裂

5,815

27

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
松田律史

医療法人徳洲会札幌東徳洲会病院

投稿した先生からのメッセージ

北海道IVR研究会での発表スライドを一部整理して掲載しています。後日、単発のレクチャーシリーズにする可能性があります。

概要

抗血栓薬頻用の時代、様々な出血のIVRを頼まれます。

成因に薬剤が関わるものや止血の適応判断において薬剤の影響を気にするものなど、色々なパターンがあると思います。

しかし、こう言った薬剤に関連しない出血、ただ止血するだけではならない基礎疾患などが隠れていることもしばしばあります。

こう言った、止血に関連して知らなければならない知識について、整理します。

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

参考文献

  • Wang M, Hao H, Leeper NJ, Zhu L; Early Career Committee. Thrombotic Regulation From the Endothelial Cell Perspectives. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2018;38(6):e90-e95. doi:10.1161/ATVBAHA.118.310367

  • 押味和夫、やさしい血液疾患、日本医事新報社、2009年

テキスト全文

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

ページ番号から遷移も可能!

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

松田律史さんの他の投稿スライド

HERSの作り方と松田律史の数奇な人生

#救急科 #キャリア #IVR #救急IVR認定医

37

24,516

最終更新:2023年12月30日

救急診療勘所

#初期研修医向け #救急外来 #コンサルト #SAMPLE #入院適応

28

8,305

最終更新:2023年11月5日

2023年HERS研究会発表

#救急 #Hybrid ER system #HERS

6

3,656

最終更新:2023年11月5日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(527)

消化器内科(69)

循環器内科(91)

呼吸器内科(135)

血液内科(37)

糖尿病内分泌代謝内科(69)

腎臓内科(50)

アレ膠リウマチ内科(51)

脳神経内科(114)

総合診療科(228)

救急科(429)

外科(38)

消化器外科(4)

呼吸器外科(38)

乳腺外科(0)

整形外科(92)

脳神経外科(23)

泌尿器科(25)

形成外科(24)

皮膚科(32)

眼科(19)

耳鼻咽喉科(14)

歯科口腔外科(9)

リハビリテーション科(12)

心臓血管外科(8)

小児科(66)

産婦人科(51)

精神科(69)

放射線科(88)

麻酔科(14)

緩和ケア科(29)

感染症科(230)

産業医(9)

初期研修医(517)

医学生(57)

その他(368)


Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter