赤い皮疹の見方/考え方/鑑別〜炎症、腫瘍、血管分けて考える〜

1/68

青柳 直樹

青柳 直樹

千葉市立青葉病院

27110views

皮膚科医でなくても、臨床でたくさん出会う赤い皮疹。その見方、考え方を炎症(感染、非感染)、腫瘍、血管異常に分け、今回は炎のうち非感染性の病態の対応の仕方について解説しています。接触皮膚炎、刺激性接触性皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、NSAIDsによる光過敏症、蕁麻疹、薬疹、湿疹を具体的に紹介。ステロイドの使い分け、塗り方もわかります。

赤い皮疹の見方/考え方/鑑別〜炎症、腫瘍、血管分けて考える〜

1. 皮膚科Basic勉強会 第1回 「赤い皮疹」の見方
2. 臨床で皮疹を見る時殆どが赤い皮疹ではないですか?
3.
4. -