"正しい"DNRの考え方〜DNRは取るものではない〜

1/67

小杉 和博

小杉 和博

国立がん研究センター東病院

8016views

DNRとはDo Not Reresuscitateの略で1960年JAMAで初めて報告されたCPRが始まりです。ここではそれに続くDNRの始まり、AMAのガイドライン、日本の現状、ADとACPをご紹介。後半はACPの良い点、問題点、患者の医師確認と医師の判断、ERでのACP、患者説明と合理的判断、DNRとDNARの違いについて解説します。

"正しい"DNRの考え方〜DNRは取るものではない〜

1. “正しい”DNRの考え方 国立がん研究センター東病院 緩和医療科 小杉 和博
2. 自己紹介 小杉和博(こすぎかずひろ) 1984年9月24日生 (33歳) 埼玉県出身 2011年 獨協医科大学卒 太田西ノ内病院で初期研修 2013年 聖路加国際病院 内科後期研修(主に消化器) 2015年 川崎市立井田病院 緩和ケア・腫瘍内科・在宅診療 2017年 国立がん研究センター東病院 緩和医療科
3. ①DNRとってますか? 皆さんへの質問 ①DNRとってますか?
4. -