Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/29

中毒診療総論

  • 救急科

  • 精神科

  • 中毒
  • 早見表
  • 総論

33,698

85

2019/8/26
2020/8/18 更新
山本康之

総合病院 国保旭中央病院

ここでは、中毒診療の初診のポイントをはじめ、信頼できるソースの紹介(19ページ〜)、救急外来で使える早見表(25ページ〜)について解説しています。


山本康之さんの他の投稿スライド

中毒診療24時

#中毒 #トキシドローム

73

34,416

中毒まとめ〜症状、臓器障害別原因物質とトキシドローム

#薬物中毒 #中毒 #トキシドローム #toxidrome

48

18,188

過量服薬-本当は怖いoverdose- 危険な薬剤/対処法

#薬物中毒 #OD #overdose #過量服薬

128

50,747




診療科ごとのスライド

内科(268)

消化器内科(47)

循環器内科(66)

呼吸器内科(63)

血液内科(27)

糖尿病内分泌代謝内科(40)

腎臓内科(19)

アレ膠リウマチ内科(20)

脳神経内科(79)

総合診療科(95)

救急科(287)

外科(28)

消化器外科(2)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(10)

泌尿器科(19)

形成外科(13)

皮膚科(21)

眼科(14)

耳鼻咽喉科(11)

歯科口腔外科(7)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(31)

産婦人科(41)

精神科(53)

放射線科(43)

麻酔科(9)

緩和ケア科(18)

感染症科(162)

産業医(3)

初期研修医(217)

その他(255)


中毒診療総論

  1. 中毒対応 2019年8月20日(火)19:30- 旭中央病院小児科山本康之先生 オンライン配信

  2. 自己紹介 名前:山本 康之 (通称ジョージ) 佐賀大学医学部2013年卒業 大手町病院初期研修医 大手町病院救急科(〜2019年3月) 救急専門医 総合病院 国保旭中央病院 小児科(2019年4月〜) 執筆 救急用語辞典

  3. 本日お伝えする3つのポイント 1.中毒診療の初動がわかる 2.使えるソースご紹介します 3.救急外来で使える早見表作りました

  4. 中毒診療のポイント ・五感(加えて第六感)を使って全身で感じ取る ・そもそも「中毒かもと疑わないと絶対に鑑別に挙がらない」 ・原因物質の有無にかかわらず必要なことはABCの安定化 ・現物があれば現物を持ってきてもらう。 ・できることは限られている。意外と少ない拮抗約 ・正しいソースを用いて、正しい対処を。

  5. 病院到着 Treat the patients, not treat the poison. 患者 搬入 ABCの異常 重傷外傷 熱傷の有無 ABCの安定化(蘇生行為) 除染(必要があれば) 緊急血液浄化適応の薬剤確認 拮抗薬の有無の確認 血液浄化の準備 上級医へTEL 拮抗薬の準備 身体診察(時志度ローム)+5Wsの確認 採血・検体採取 胸写・心電図 治療(緊急血液浄化・消化管除染含む) 集中治療室入院 精神科併診依頼 一般病棟入院 あり なし もしくは不明 採血項目 ・血算 ・生化学 肝機能 腎機能 電解質 筋逸脱酵素など ・動脈血ガス ・血糖 ・薬物検体 ・尿定性・沈渣 トライエージ 胸写:肺炎の有無 心電図:QT延長、ST変化 ブロックの有無、心拍数を確認

  6. 中毒の種類 ・医薬品中毒(過量服薬、誤用等) ・化学物質中毒(労災事故・テロ等) ・農薬中毒(誤用・自殺目的など) ・自然毒(食中毒、誤飲など) ・家庭用品による中毒(誤飲・自殺未遂など)

  7. 中毒っぽい 傷病者 原因物質がわかる(過量内服、農薬服毒など) 1.現物を確認 2.早見表で危険度を把握→対応が代わるものがあるか 3.二次被害対策 原因物質がわからない(中毒かどうかも不明) 1.キシドロームを用いて推定 2.二次被害に注意

  8. 症例1 〜救急外来でのホットライン〜 24歳女性 精神疾患既往にあり ・彼氏と電話で口論になり、死ぬといって電話が切れた ・彼氏が心配して彼女の自宅に行ったところ、空いた薬の袋が大量に散らばっていた。 ・前からこういったことはあり、いつものことだろうと彼氏は思っていたが、唇が真っ青だったため いつもと違うと思い、彼氏から119番通報があり救急要請 ・救急隊が気を利かせて現物を持ってきてくれたが、一包化されていた。

  9. 症例1 〜救急外来でのホットライン〜 救急隊の情報をもとに計算すると、内服量はこのような様子。 直径 8.0 mm 厚さ 2.5 mm 直径 6.0 mm 厚さ 2.5 mm ↑22錠 ↑40錠 ↑20錠

  10. Question.1 このあと、どうしますか? A PTPシートとではなく一包化処方した処方医を恨む B フリーズしたあと「彼氏のいつものこと」という言葉を信じて精査せず返す C 見なかったこと(来なかったこと)にして別の患者を診察する D とりあえず何の薬を飲んだか調べられるかどうか考えてみる

  11. Question.1 このあと、どうしますか? 答え:D 当たり前ですね^^; じゃあどうやって調べましょうか?

  12. 薬に書いてある文字に注目 C-11H 2 変なマーク 13A → ????? OG 72 わかることとしたら書いてあるこの文字(マーク)しかない。 DI検索かけられる電子カルテであれば、DI検索(識別コード検索で入力) かけられなくてもグーグル先生に聞いてみる

  13. ロヒプノール (サイレース・フルニトラゼパム) と言われる睡眠薬であることが判明(2は2gの意味)

  14. よって、 ・ロヒプノール 2mg:22錠 ・レンドルミン:40錠 ・エビリファイ 3mg:20錠 内服したことが判明 (注)粉薬(粉砕)シロップ剤は調べられません

  15. 水に溶かすとこのように青くなるのがロヒプノールなどの特徴(以前悪用されたため、水に溶けると青くなるように着色料を添付している)

  16. 症例2 〜救急外来でのホットライン〜 24歳女性 精神疾患既往にあり ・彼氏と電話で口論になり、死ぬといって電話が切れた ・彼氏が心配して彼女の自宅に行ったところ、市販薬の”バファリン”の空殻が大量にあった ・前からこういったことはあり、いつものことだろうと彼氏は思っていたが、”バファリン”は初めてであったため彼氏から119番通報があり救急要請 ・救急隊は”バファリン”のみだったため、空き箱は持って来ておらず

  17. Question.2 あなたの思うバファリンはどれですか? A バファリン 主成分:アセチルサリチル酸(アスピリン) B バファリンEX 主成分:ロキソプロフェンNa(ロキソニン) C バファリンプレミアム 主成分:イブプロフェン・アセトアミノフェン D バファリンルナ 主成分:イブプロフェン・アセトアミノフェン

  18. Question.2 あなたの思うバファリンはどれですか? 答え:どれもバファリンです。(おそらくAを想起した人が一番多いとは思いますが) バファリンAのAはアスピリンのAです。(参考までに) 情報が正しく伝わらないと間違った方向に行く可能性があります。 現物は基本的には持って来てもらって確認してください。(walk inしかり) 持ってきてない場合は正しい商品名の確認を!

  19. 信頼できる 情報ソース そもそも救急外来に中毒に関係した本をおいていたりしないことも多い ホームの病院にはおいているけど、外勤先にはおいていない そういったときにおそらくインターネットで検索するとは思いますが、信頼に値するページはほとんどない。 次のスライドで信頼できる情報源を提示します。

  20. 情報収集法(医薬品) ・日本中毒情報センター ・臨床中毒学 ・薬毒物情報インデックス(日本医事新報社2014年11月鈴木修氏ら) ・PMDA(医薬品医療機器総合機構) https://www.pmda.goJp/pnavi-02.html ・(海外医薬品)dailymed https://dailymed.nlm.nih.gov/dailymed/index.cfm ・動物用医薬品等データベース https://www.vm. nval.go.jp/ ・EXTRIP(緊急血液浄化がいる薬剤が載っている) https://www.extrip-workgroup.org/recommendations ・あやしいヤクブツ情報ネット(海外からの個人輸入薬剤の健康被害報告など) https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp ・データインデックス株式会社(OTC含めDI検索可能) https://www.data-index.co.jp/search/medicine_medical ・(株)プラメドプラス クスリ早見表市販薬354(医療機関に限り申請すると早見表を1冊くれます)

  21. 情報収集法(化学物質) ・化学物質安全データシート(SDS) 厚生労働省職場のあんぜんサイト http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/GHS_MSD_FND.aspx SDSライブラリ https://sdsjcdbjp/sdslibrary/i/Top ・国際化学物質安全性カード(ICSC) http://www.ilo.org/safework/info/publications/WCMS_324862/lang--en/index.htm ・Toxic Industrial Chemicals(TICs) Guide https://www.osha.gov/SLTC/emergencypreparedness/guides/chemical.html ・環境省 保健化学物質対策 https://www.env.go.jp/chemi/ ・独立行政法人 製品評価技術基盤機構 化学物質管理分野 https://www.nite.go.jp/chem/chrip/chrip_search/systermTop ・公益財団法人 日本中毒情報センター ・WISER https://wiser.nlm.nih.gov ・環境省 PRTRインフォメーション広場 http://www2.env.go.jp/chemi/prtr/prtrmap/ ・環境省 化学物質情報検索支援システム ケミココ http://www.chemicoco.go.jp/

  22. 情報収集法(農薬中毒) ・農薬工業会(農薬中毒の症状と治療法) http://www.jcpa.or.jp/labo/ ・農薬登録情報提供システム(農林水産省) http://www.acis.famic.go.jp/search/vtllg3O1.do

  23. 情報収集(自然毒) ・厚生労働省 自然毒のリスクプロファイル https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html ・蛇毒 ジャパンスネークセンター https//www.snake-center.com/

  24. 情報収集法(家庭用品) ・日本中毒情報センター ・発生状況からみた急性中毒 初期対応のポイント 家庭用品編 水谷太郎 監修

  25. 過量服薬でも比較的安全な薬10選(あくまでも毒性の話でABCの観察は必要!) 一般名 商品名 用途 特記事項 フルニトラゼパム サイレ一スロヒプノ一ルなど 睡眠薬 水に溶けると青<なる プロマゼパム レキソタンなど 睡眠薬 ジアゼパム セルシンなど 抗不安薬 ミルタザピン リフレックスなど 抗うつ薬 プロメタジン ヒべルナ ピレチア ピ一エイ配合錠 抗ヒスタミン薬 エチゾラム デパス 睡眠薬 ゾルピデム マイスリ一 睡眠薬 クエチアピン セロクエル 抗精神病薬 ニトラゼパム べンザリン ネルボン 睡眠薬 プロチゾラム レンドルミン グッドミン 睡眠薬 アリピプラゾ一ル エビリフアイ 抗うつ薬

  26. 毒性の強い危険な処方薬一覧(緊急透析等の処置が必要なもの) 一般名 先発品名(商品名) 用途 代表的なもの 含有量 代表物で換算した 中毒域 致死域 特記事項 バルプロ酸 デパケン セレニカ 精神安定剤 200mg 10錠以上 30錠以上 フェノバルビタール ベゲタミンA・B フェノバール 抗けいれん薬 安定剤 ベゲタミンA:40mg ベゲタミンB:30mg ベゲタミン30〜40錠 40錠以上 最近減少傾向 アセトアミノフェン カロナール アンヒバ タイレノール 鎮痛剤 カロナール200mg 20錠以上 40錠以上 市販薬にも含まれているため注意 リチウム リーマス 炭酸リチウム 気分安定剤 200mg 9錠以上 20錠以上 高頻度にあり カルバマゼピン デグレトール 抗けいれん薬 200mg 4錠以上 10錠以上 テオフィリン テオロング テオドール 喘息の治療薬 テオドール50mg 30錠以上 120錠以上 カフェインの代謝産物の1つ イミプラミン トフラニール イミドール 抗うつ剤 トフラニール 7錠以上 20錠以上 最近減少傾向 作用時間が長い アスピリン バイアスピリン バファリン 抗血小板剤 バイアスピリン100mg 100錠 150錠以上 コデイン フスコデなど 咳止め コデインリン酸塩20mg 18錠以上 45錠以上 市販薬にも含まれる

  27. 危険な市販品一覧(他にもありますが代表的なもの) 一般名 先発品名(商品名) 用途 代表的なものの 含有量 代表的なものでの 中毒域 致死域 特記事項 ミノキシジル リアップ 育毛剤 報告なし グリホサ一ト ラウンドアップマックスロードなど 農薬 ラウンドアップ42% 1OOml未満 1OOml以上 メ夕ノ一ル メタノ一ル 工業用アルコ一ル 100%原液 10ml以上 5O〜2OOmL (経口摂取) エチレングリコ一ル エチレングリコ一ル 不凍液 95%溶液 25ml以上 1OOml以上 重篤な症状を来す カフェイン エスタロンモカ トメルミン など 眠気防止薬 エスタロンモ力100mg 10錠以上 50錠以上 最近増加傾向 パラコ一ト プリグロックスL パラゼット(販売中止) クラモキソンS(販売中止) 農薬 プリグロックスL 5.0% 原液10〜15mL 救命困難 シアン化合物 青酸力リ 青酸ソ一ダなど ポリウレタンの 火災燃焼など 50〜300mg

  28. Take Home Message 1.原因によらずABCの安定化 2.現物を確認 3.正しいソースで正しい対応を。

  29. Antaa つながる力で 医療を支える

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.