Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/70

発熱・皮疹のみかた

  • 内科

  • 救急科

  • 皮膚科

  • 皮疹
  • 感染症
  • 発熱
  • 風疹
  • 水痘
  • 輸入感染症

198,333

343

2019/10/18
2020/8/18 更新

本スライドの対象者

研修医/専攻医

内容

感染症外来を開始して診察した発熱・皮疹の症例をメインに解説を合わせて説明を行っています。

鈴木祥太郎

飯塚病院


関連するスライド

尿路感染症

#グラム染色 #感染症 #尿路感染症

163

67,350

最終更新:2018年9月23日

60分でわかる感染症診療の基本

#初期研修医向け #抗菌薬 #感染症科 #感染症

987

583,639

最終更新:2019年2月13日

2021.12.22 COVID-19 update

#研修医 #感染症 #COVID

20

4,862

最終更新:2021年12月22日

感染症最新論文100選 2019年版

#感染症 #2019年 #論文

171

493,163

最終更新:2020年8月18日

発熱性好中球減少症のマネジメントと血液内科ローテでレジデントが学ぶべき感染症

#初期対応 #初期研修医向け #敗血症 #抗菌薬 #研修医 #発熱性好中球減少症 #抗真菌薬 #感染症 #免疫不全 #悪性リンパ腫 #総合内科 #白血病 #骨髄腫 #内科 #AntaaSlide初投稿 #血液内科

104

25,403

最終更新:2022年2月15日

外傷処置の豆知識 爪脱臼・破トキ・狂犬病ワクチン・オグサワ・外傷性刺青・手袋タニケット・アルギン酸/救外やるなら知っておきたいシリーズPart 2

#外傷 #救急外来 #救急 #抗菌薬 #研修医 #感染症 #形成外科 #動物咬傷 #咬傷 #爪脱臼 #破トキ #狂犬病ワクチン #オグサワ #外傷性刺青 #手袋タニケット #アルギン酸

324

44,730

最終更新:2022年1月24日



診療科ごとのスライド

内科(300)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(69)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(314)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(42)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(258)

その他(260)


発熱・皮疹のみかた

  1. -

  2. Agenda 自己紹介 発熱・皮疹のSTEPを理解する 発熱・皮疹を見たときのアプローチとは? 海外渡航者の問診・診療のアプローチとは?

  3. 自己紹介 生まれは長崎 2014年 愛知医科大学卒業 2014年4月-2016年3月 九州医療センター初期研修 2016年-2018年 (株)麻生飯塚病院 総合診療科 (総合内科 ”hospitalist”) 後期研修 2019年 同上 総合診療科・感染症フェロー 現在

  4. 総合診療科×感染症フェロー 3年間病棟メイン(ホスピタリスト研修)の研修を行った 院外研修で離島研修も体験 感染症科の研修を経て他科含め視野の広がりに可能性を感じる わがままを通して現職に至る

  5. 今年に入って気付いた事・・・ 発熱・皮疹外来 になっている・・・・

  6. 本日学ぶ3つのポイント 1.発熱・皮疹のSTEPを理解する 2.発熱・皮疹を見たときのアプローチ 3.海外渡航患者の問診・診療のアプローチ

  7. 発熱+皮疹を見たときの6STEP ショックバイタルがある患者の発熱+皮疹 薬剤に伴う重篤な副作用 渡航関連感染症 性行為感染症 周囲に蔓延しやすいウイルス感染症 症状出現が比較的緩やかかつ診断に時間がかかるもの トップランナーの感染症外来診療術から引用

  8. 病歴聴取の前に 緊急性の判断が大事

  9. 発熱+皮疹+ショックバイタル ”VS WATER” V:Vibrio vulnificus(ビブリオ) S:Spleen (脾摘後重症感染症) W:Waterhouse-Friderichsen症候群 A:Anaerobes (Clostridium perfrigens) T:Toxic shock E:Endocarditis (感染性心内膜炎) R:Rickettsia (日本紅斑熱、ツツガムシ病)

  10. 薬剤に伴う重篤な副作用 何事にもまずは薬剤性の除外!! 新規薬剤を探す!!!

  11. 症例:20歳男性 X日  発熱、感冒症状が出現。 X+1日  上半身、両上肢、手に小丘疹が出 現し、同時期より左頚部リンパ節 腫脹も認めていた。 X+8日 精査目的に当科受診した。 既往歴:クラミジア、淋菌

  12. 梅毒

  13. 発熱+皮疹を見たときの6STEP ショックバイタルがある患者の発熱+皮疹 薬剤に伴う重篤な副作用 渡航関連感染症 性行為感染症 周囲に蔓延しやすいウイルス感染症 症状出現が比較的緩やかかつ診断に時間がかかるもの トップランナーの感染症外来診療術から引用 ❌ ❌ ❌ 既往的にも・・・

  14. 性感染症では“問診”が大事 一つのSTDを見つけたら複数あると考える! CDC(米国室病予防管理センター)では以下が記載されている“5P” P(partners)性行為の相手 同性、異性、何人、いつから P(Practice) 性行為スタイル P(Prevention of Pregnancy)避妊方法は? P (Protection of STDs) 性感染症予防 P (Past history of STDs)過去の性感染症罹患歴

  15. この症例では? P(partners):複数、どちらも P(Practice) :両方 P(Prevention of Pregnancy):なし P (Protection of STDs) :女性の時はしている P (Past history of STDs):淋菌・クラミジア罹患歴あり 第二期梅毒と判断。AMPCによる治療介入開始とした。

  16. 一般外来編

  17. 発熱・皮疹患者が来たらどうしますか? Question 1 D A B C 他の人に回す とりあえず向き合ってみる 全員隔離 とりあえずまごころ

  18. 大事なのは病歴・問診力 薬剤歴 海外渡航歴 ワクチン接種歴 性交渉歴 免疫不全がないか (HIV・脾摘後、ステロイド使用) 接触歴(動物・子供・虫) 森林暴露歴 職業歴 皮疹の出現順番

  19. どこで診察するかも大切! 疑わしきは罰せよの方が後々いいことも

  20. 症例:40歳の男性

  21. 身体所見 <全身状態>良好<意識レベル>清明 <Vital Signs>体温37.8℃、血圧137 /75mmHg、脈拍数80bpm 整、SpO2 97%(RA)、呼吸数16/m 頭頚部:眼球結膜充血あり、後頚部リンパ節腫脹あり、貧血なし、黄染なし、粘膜疹なし胸部:心雑音なし、肺雑音なし、消退する紅斑が散在、癒合傾向なし腹部:胸部と同様に消退する紅斑が散在している、掻痒感は軽度 四肢:同様の紅斑が散在している

  22. 背中 左下腿

  23. 続き 【既往歴】特記事項なし 【薬剤歴】カロナールのみ 【アレルギー歴】薬物なし、飲食物なし 【家族歴】兄:透析をしていたが死去(詳細は不明) 【生活歴】ADL:妻・子どもとの6人暮らし、喫煙:20本/日、飲酒:なし、職業歴:農協の職員

  24. 症例経過 Sick contact:会社の同僚が皮疹・発熱を同日から発症している お子さんの学校での流行はなし 皮疹の出現順番:発熱→顔面→体幹→四肢の順番 ワクチン接種歴は不明 ROS+:乾性咳嗽、皮疹、充血 ROS-:鼻汁、関節痛

  25. 血液検査

  26. 発熱+皮疹を見たときの6STEP ショックバイタルがある患者の発熱+皮疹 薬剤に伴う重篤な副作用 渡航関連感染症 性行為感染症 周囲に蔓延しやすいウイルス感染症 症状出現が比較的緩やかかつ診断に時間がかかるもの トップランナーの感染症外来診療術から引用 ❌ ❌ ❌ ❌ ❌ ❌ 周囲の同様の症状あり

  27. 症例経過 “風疹”を疑い、ICTに連絡し速やかに外来に幽閉 3徴を認めていたことから、保健所に連絡を行いPCR検査を施行した。 幸い家族に妊娠している人はいなかった 仕事は、休んでもらい自宅で経過観察

  28. 最終診断 風疹 第2病日にPCRで診断

  29. 風疹の感染力はインフルエンザの何倍? Question 2 D A B C 同じくらい ほぼかからない 3-5倍 20倍

  30. 感染力 基本産生産数が高い ※一人の患者が免疫がない何人に伝播させるかの指標 国立感染症研究所. 麻疹風疹ワクチン. https://www.niid.go.jp/niid/images/idsc/kikikanri/H24/20121017-04.pdf インフルエンザの3-5倍かかる!!

  31. 風疹とは トガウイルス科に属する1本鎖のRNAウイルスでエンベロープを持っている。 発疹発現の数日前から出現後7日が最も感染力を持っている。 5類感染症のため届出が必要。

  32. 感染経路、症状 典型的な症状: 発熱、それとほぼ同時に発症する皮疹、リンパ節腫脹 ※後頸部に多いとされている ※成人の場合は関節痛も多い 飛沫感染(咳くしゃみ) 潜伏期間:14-18日 合併症:関節炎、血小板減少、先天性風疹症候群 眼:白内障(25%)、耳:難聴(60%)、心臓:先天性心疾患(45%) Clin Infect Dis 2000;31:85, Lancet 2004;363:1127

  33. 臨床経過 大阪大学感染制御部から引用(https://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/home/hp-infect/file/manual/e-5ingai.pdf)

  34. 成人風疹の診療のポイント 成人風疹も3徴は『発熱、皮疹、リンパ節腫脹』 皮疹は非典型的なこともある (紫斑癒合傾向にあることも) ③ 確定診断はPCRまたは、風疹IgMで行う。 疑い事例は、保健所に連絡を。

  35. 成人風疹の症状頻度 方法 東京都都立駒込病院で風疹と診断された症例27例を後方視的に検討したもの。 患者: 2012/1/1−2013/4/30の期間に 抗体検査で風疹と診断された27例 年齢 中央値34.5歳(20-56歳) 結果: 三徴が全てが揃うわけではない。 リンパ節も実は、バラバラである。 加藤博史、今村顕史、関谷紀貴 他 感染症誌 2013; 87: 603-607

  36. 疑った時に大事なのは・・・ 皮疹の広がり方に注目 予防接種歴、周囲の流行状況から疑う! 2-3週間前に近くに同様の症状がいたら黒 周囲に妊婦さんがいないかの確認

  37. 麻疹・風疹の違い 内科 Vol 1116 No6 2015から引用

  38. 先天性風疹症候群 三大症状は先天性心疾患、難聴、白内障 妊婦が顕性感染した場合の発症頻度は妊娠1ヶ月で50%以上、2ヶ月で35%以上、3ヶ月で18%、4ヶ月で8%程度であるとされている。 成人でも15%程度は不顕性感染なので、無症状でも起こることがある。 NIID 国立感染症研究所から引用 https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/429-crs-intro.html

  39. 先天性風疹症候群は防げます 風疹の定期接種対象者は予防接種を受けましょう。 妊婦さんが周りにいる人は、風疹にかからないように予防に努めましょう 妊婦の夫 10代後半〜40歳代の女性 産褥早期の女性 ※生ワクチンなので妊婦は禁忌です

  40. TOPICS 毎日新聞 デジタルから引用

  41. https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/rubella/2019/rubella191009.pdf

  42. 国内の現状 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fusin-todokede-zouka.htmlから引用

  43. Topics 2019年4月以降、クーポン券が届きます。 対象者: 1972年4月2日-1979年4月1日生まれの男性が対象。

  44. 2019年からの対応

  45. Take Home Message 発熱・皮疹を見たら風疹・麻疹は忘れない 感染症に大事なのは流行を知ること 風疹は赤ちゃんを守るためにも正しい知識を。

  46. Question 3 A B YES NO ワクチンキャッチアップ知ってますか?

  47. 海外渡航編

  48. 渡航感染症の問診で大事なこと 渡航地域 渡航地域によって流行感染症が異なる 潜伏期間 鑑別が絞られてくる 暴露歴 飲水・食事・環境・性行為含め大事

  49. 渡航地域 流行感染症を調べる方法はいくつかあります。 FORTH 日本語です。厚生労働省が管理しています。 CDC FORTHにないものも見れます。 Fit for travel マラリアマップなど見れます etc

  50. 潜伏期間 Lancet 2003;361:1459-69を参考

  51. 皮疹の性状から鑑別 症例から学ぶ輸入感染症A to Z ver. 2から引用

  52. 渡航感染症の基本 検査前確率を見積れるかがカギになる 渡航地域・潜伏期間・暴露リスク 熱帯感染症ばかりでない ワクチンで防げるものは防ぐ

  53. 症例:21歳 男性 現病歴 X-17日 タイ・カンボジアを旅行した。 X日 帰国した。 X+1日 腹部症状・白色の下痢を認めた。 X+4日 病院を受診してLVFX・整腸剤を処方され帰宅。 X+10日 下痢症状は改善した。 X+12日 皮疹が出現した。 X+13日 40度の発熱を認めたため、当院ERを受診した。

  54. 追加情報 【既往歴】特記事項なし 【薬剤歴】カロナール 【アレルギー】薬物- 飲食物- 【ADL】自立、一人暮らし 【喫煙】なし 【飲酒】月に一本くらいのビール 【職業歴】大学生

  55. 身体所見 <全身状態>良好<意識レベル>意識清明 <Vital Sign>体温36.7℃、血圧132/82mmHg、脈拍数98bpm 整、SpO2 98%(室内気)、呼吸数16/分 頭頚部:貧血なし、黄染なし、充血あり、後頚部リンパ節腫脹あり(可動性良好・弾性軟・圧痛なし)、皮疹は散在している 胸部:心雑音・肺雑音なし 腹部:平坦、軟、圧痛点なし、腸管蠕動音正常 四肢:頭頚部・体幹と同様の皮疹が散在している

  56. 症例写真

  57. タイ  バンコク→チェンマイ→パーイ 陸路でカンボジアへ シェリムアップに行った後に帰国 Fit fo travelから引用 https://www.fitfortravel.nhs.uk/destinations/asia-east/thailand/thailand-malaria-map

  58. ワクチン接種歴 A肝-、B肝-、風疹(+)、麻疹(+)、チフス-、マラリア-、日本脳炎(+) 食事摂取歴 現地では、ドラゴンフルーツなどを摂取、生ものはなし、水は現地の屋台のものを飲んだ 動物接触歴 象、イヌはなし、蚊には刺された 最近の旅行歴 2018年10月アメリカ(サンフランシスコ:研究発表)3月インドネシア

  59. 渡航地域 タイ→カンボジア(マラリアはいない) 潜伏期間 14-21日かな・・・ 暴露歴 現地の水などは飲んでいる、子供との接触あり 渡航感染症でやばいのはなさそうかな・・・

  60. 皮疹の性状から鑑別 症例から学ぶ輸入感染症A to Z ver. 2から引用

  61. 症例の経過 皮疹の性状から水疱性病変として鑑別。 頭皮内にも水疱があることから水痘を疑った。 罹患歴無し、ワクチン接種歴は水痘はなし。 マラリアマップを確認して否定的と判断。

  62. 検査結果 デング熱抗原抗体:陰性 インフルエンザ迅速:陰性 VZV IgM(EIA) 9.34 VZV IgG(EIA) 8.6

  63. 診断 成人水痘

  64. 水痘 VZV(varicella zoster virus)によって引き起こされる 空気感染によって感染する 接触・飛沫感染もある 基本産生数は8-10 基本産生数:免疫を持たない集団に感染者が入った時に感染する数

  65. 臨床経過 大阪大学感染制御部から引用(https://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/home/hp-infect/file/manual/e-4ingai.pdf)

  66. 水痘はワクチンで防げる! 日本では定期接種の開始は2014年 生ワクチンである 日本でも定期接種を開始してから4歳以下で75%を占めていた水痘患者が40%まで低下している。 接触後、72時間以内であれば70-100%は発病を防げる

  67. ワクチンの効果 水痘の患者さんは、左記の三地域を見ると71-84%減少を認めていた。 Seward JF, Watson BM, Peterson CL et al.:Varicella disease after introduction of varicella vaccine in the United States,1995-2000. JAMA 287:606-611,2002.

  68. 課題 定期接種後、小児科の患者数は減少している 現在、5歳以上の症例数は変化なし。 20-40歳代が30-50%を占めている。 定期接種対象年齢以外の年代の 未罹患者に対するワクチンアップが大切である

  69. Take Home Message 何事も問診が大事 オリンピックイヤーも近づき輸入感染症も増えるのでしっかりと鑑別を ワクチンキャッチアップをしていきましょう 入院患者でも肺炎球菌を打つなど・・・

  70. -

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.