Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール


1/64

「量的研究のサンプルサイズと解析」プライマリ・ケア研究 はじめの一歩 Vol.7

  • その他

  • プライマリ・ケア
  • 量的研究
  • サンプルサイズ
  • カイ二乗検定
  • t検定
  • 相関係数
  • ロジスティック回帰分析
  • 多重線形回帰分析
  • 重回帰分析

3,363

8

2021/2/1
金子

横浜市立大学

地域や医療機関といった側面からプライマリ・ケアを切り取り評価する「プライマリ・ケア研究」。

全12回のプライマリ・ケア研究に関する講座のうち、今回は第7回目となる「量的研究のサンプルサイズと解析」です。

<今回のレクチャーの目標>

①サンプリングの意味が分かる

②サンプルサイズ決定の仕方が(なんとなく)分かる

※本スライドは、Antaaオンライン配信のシリーズ連載「プライマリ・ケア研究 はじめの一歩」の第7回の講義スライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。

https://qa.antaa.jp/stream/contents/126


金子 さんの他の投稿スライド

【研究倫理を一緒に学びませんか?】プライマリ・ケア研究 はじめの一歩 Vol.10

#プライマリケア #プライマリ・ケア #研究倫理

3

1,556

プライマリ・ケア研究 はじめの一歩 Vol.9

#プライマリケア #オンライン配信

1

1,207

「量的研究のデザイン」プライマリ・ケア研究 はじめの一歩 Vol.5

#プライマリ・ケア #コホート研究 #ケースコントロール研究

7

1,445

もっと見る




診療科ごとのスライド

内科(246)

消化器内科(44)

循環器内科(57)

呼吸器内科(62)

血液内科(22)

糖尿病内分泌代謝内科(37)

腎臓内科(16)

アレ膠リウマチ内科(19)

脳神経内科(72)

総合診療科(88)

外科(27)

救急科(269)

整形外科(65)

脳外科(12)

泌尿器科(17)

形成外科(11)

皮膚科(20)

眼科(11)

耳鼻科(10)

歯科口腔外科(7)

リハ科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(27)

産婦人科(38)

精神科(52)

放射線科(42)

麻酔科(8)

緩和ケア科(18)

感染症科(158)

産業医(1)

初期研修医(188)

その他(250)


「量的研究のサンプルサイズと解析」プライマリ・ケア研究 はじめの一歩 Vol.7

  1. プライマリ・ケア研究はじめの一歩 Vol.7 横浜市立大学大学院データサイエンス研究科  プライマリ・ケアリサーチユニット 浜松医科大学 地域家庭医療学講座  金子 惇 MD, PhD       量的研究   のサンプルサイズ           と解析  やる気のない人集まれ!

  2. 今日は?

  3. 今日の目標 ①サンプリングの意味が分かる ②サンプルサイズ決定の仕方が(なんとなく)分かる

  4. これまでの復習:量的研究はこの部分(だけ) 世界観 ≒epistemology 客観主義 主観主義 構築主義 理論的枠組み ≒theoretical perspective 実証主義 ポスト実証主義 解釈主義 批判理論 ポスト構造主義 などなど 方法論 =methodology 実験的研究 観察研究 エスノグラフィー グランデッドセオリー などなど 方法 =methods サンプリング 質問紙 観察 インタビュー フォーカスグループ 統計解析 などなど The foundation of social research より改変

  5. 今日の目標 ①サンプリングの意味が分かる ②サンプルサイズ決定の仕方が(なんとなく)分かる

  6. サンプリングって何?

  7. サンプリング=研究対象集団(母集団)から標本(サンプル)をとること 可能な限り母集団と近く! 調査対象集団:最終的に結果を当てはめたい人たち 例:日本全体の高血圧の患者さん 研究対象集団:研究の対象となる集団 例:A病院の高血圧の患者さん 標本:研究対象集団から選ばれた人たち 例:A病院の高血圧の患者さんから ランダムに選ばれた人たち サンプリング

  8. サンプルから真実を推論する=真実は神のみぞ知る 調査対象集団:最終的に結果を当てはめたい人たち 例:日本全体の高血圧の患者さん 研究対象集団:研究の対象となる集団 例:A病院の高血圧の患者さん 標本:研究対象集団から選ばれた人たち 例:A病院の高血圧の患者さんから ランダムに選ばれた人たち 推論 inference 推論 inference

  9. 以下のうち聞いたことがあるものはどれか 帰無仮説 αエラー βエラー

  10. 帰無仮説=null hypothesis 「差がない」という仮説 →これが否定されると「差がある」と言える ※「差がある」ことを直接証明するのは難しい! 帰無仮説とは?

  11. とりあえずこの表だけ!

  12. 今日の目標 ①サンプリングの意味が分かる ②サンプルサイズ決定の仕方が(なんとなく)分かる

  13. サンプルサイズって何? サンプルサイズ =取ってくるサンプルの数

  14. サンプルサイズ計算は・・ 真っ暗な部屋で 真っ黒の服を着て 黒猫を探す ようなもの

  15. 先行研究や成書を参考にするが・・ 電気をつけても 黒猫がいるという 保証はない = 過去の研究と 同じことが 自分の研究で 言えるかは 分からない

  16. それでも 我々は黒猫を 探さなければならない それは ・倫理的に最善をつくすため ・限られた資源を有効に使うため

  17. 基本的には 解析方法に依存する!

  18. 解析方法はどうやって決まる?

  19. 基本的には リサーチクエスチョンと変数の種類で決まる

  20. 変数の種類って何?

  21. 以下のうち連続変数はどれか正しいものを一つ選べ 性別 糖尿病の有無 身長 要介護度

  22. ※前回の復習! 以下のうち連続変数はどれか正しいものを一つ選べ 性別 糖尿病の有無 身長 要介護度

  23. ということで順番に・・

  24. -

  25. -

  26. -

  27. とりあえずこの表だけ!

  28. -

  29. -

  30. -

  31. サンプルサイズ計算は・・ 真っ暗な部屋で 真っ黒の服を着て 黒猫を探す ようなもの = 4つの材料の内 2つは分からない

  32. とりあえずこの表だけ!

  33. t検定の場合 表を見る or 計算器に数字を入れる https://select-statistics.co.uk/calculators/sample-size-calculator-two-means/

  34. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  35. 練習問題:喘息治療薬AとBのFEV1.0%の平均値に差があるか見たい Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  36. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  37. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  38. t検定の場合 片方の群のサンプルサイズ =16÷(効果量/標準偏差)2

  39. とりあえずこの表だけ!

  40. カイ二乗検定の場合 表を見る or 計算器に数字を入れる https://select-statistics.co.uk/calculators/sample-size-calculator-two-proportions/

  41. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  42. 練習問題:太極拳をやった人とジョギングをやった人でどちらが腰痛の発生率が低いか? Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  43. -

  44. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  45. とりあえずこの表だけ!

  46. 相関係数の場合:相関係数の予測値! 表を見る or 計算器に数字を入れる http://www.sample-size.net/correlation-sample-size/

  47. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  48. 練習問題:尿中コチニン濃度と骨密度は相関するか? Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  49. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  50. Hulley, Stephen B.; Cummings, Steven R.; Browner, Warren S.; Grady, Deborah G.; Newman, Thomas B.. Designing Clinical Research

  51. 計算しているのは片方のグループの人数 計算しているのは両群が同じ人数の時 実際には脱落したりデータが取れない人がいるので2-3割増し クラスターになっている時は注意!

  52. 多変量解析って聞いたことありますか?

  53. とりあえずこの表だけ!

  54. とりあえずこの表だけ! 説明変数1つにつき、アウトカムのカテゴリーが少ない方の数が10 説明変数1つにつき、10-20

  55. ・リサーチクェスチョンにあったサンプリング ・リサーチクェスチョンにあったサンプルサイズ  が大事! 今日のまとめ

  56. 参考文献

  57. 次回(2/26)は?

  58. To be continued

  59. 横浜市大 プライマリ・ケアリサーチユニット 横浜市大ヘルスデータサイエンス内でプライマリ・ケアリサーチユニット開始! 第2期募集が2月6日にあります! 出願は2021年 1月6-8日!

  60. https://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~ycuds/hds/ プライマリ・ケア 研究手法・統計 10名の教員が両面から研究をサポート! 1年目は週2-3日平日授業、2年目は個別に対応して論文作成 10/30~ 特設サイト公開!

  61. 金子 惇 makotokaneko0314@gmail.comまで https://twitter.com/PrimarycareU https://www.facebook.com/primary.care.research

  62. グループブログ https://fammed-researchreview.medium.com/ ポッドキャスト https://anchor.fm/makoto-kaneko

  63. 横浜保土ヶ谷中央病院総合診療科! 横浜で都市部の総合診療やりましょう!! 見学随時受付中:外来・入院・学生/研修医教育・研究+在宅も!

  64. 2021年~都市部のプライマリ・ケアを学ぶフェローシップ開始!

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.