発熱性好中球減少症(FN:Febrile Neutropenia)の対応

1/24

近藤 猛

近藤 猛

名古屋大学医学部附属病院

7049views

発熱性好中球減少症(FN:Febrile Neutropenia)は緊急事態です。その対応について、2つの条件(好中球500/mm3以下、38.3度以上の口腔温または1時間以上38度)から問診、身体所見、検査(培養検査含む)と考え方を紹介します。フローチャートや具体的な処方例、真菌、ウイルスまで症例を交えながら解説します。

発熱性好中球減少症(FN:Febrile Neutropenia)の対応

1. Case 1 悪性リンパ腫にてChop療法中の71歳男性 体温40℃にて病棟よりコール 本日の採血結果をみるとWBC300,好中球200
2. 発熱性好中球減少症 Febrile Neutropenia 2008.10.29 近藤 猛
3. 緊急事態 ! !
4. -