医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide

お知らせ

ログイン
ホーム
診療科

このスライドは会員限定コンテンツです。


今すぐ無料登録で続きを読みましょう!

【まとめ】非循環器医のための徐脈性不整脈(洞不全症候群・房室ブロック) L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

投稿者

三浦光太郎

1/52

テキスト全文

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

ページ番号から遷移も可能!

【まとめ】非循環器医のための徐脈性不整脈(洞不全症候群・房室ブロック)

  • 循環器内科

  • 救急科

  • 循環器内科
  • 徐脈性不整脈
  • 洞不全症候群
  • 房室ブロック

136,645

502

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
三浦光太郎

平塚市民病院

概要

病棟や外来で洞不全症候群や房室ブロックに出会った時、診断や対応に困ったことはありませんか?

本スライドでは「非循環器医のための洞不全症候群と房室ブロック」と題して徐脈性不整脈のポイントをまとめました。

具体的には、日本のガイドラインをもとに徐脈性不整脈の分類、それぞれの症状・原因・治療方法、補充調律について解説しています。

<スライドの内容>

・徐脈性不整脈とは?

・洞不全症候群(SSS)の定義/分類/原因/治療

・房室ブロック(AVB)の定義/分類/原因/治療

・補充調律とは?

※本スライドは、Antaaウェブサイト上に掲載されたバックナンバー記事を再編集して作成されました。

本スライドの対象者

専攻医

テキスト全文

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

ページ番号から遷移も可能!

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

三浦光太郎さんの他の投稿スライド

DAPT(抗血小板薬2剤併用療法)〜目的/薬剤選択/治療期間のポイント

#DAPT #PCI #ステント血栓症

634

327,213

最終更新:2023年11月10日




診療科ごとのスライド

内科(512)

消化器内科(68)

循環器内科(86)

呼吸器内科(126)

血液内科(37)

糖尿病内分泌代謝内科(66)

腎臓内科(47)

アレ膠リウマチ内科(49)

脳神経内科(112)

総合診療科(218)

救急科(420)

外科(38)

消化器外科(4)

呼吸器外科(34)

乳腺外科(0)

整形外科(92)

脳神経外科(22)

泌尿器科(25)

形成外科(24)

皮膚科(32)

眼科(19)

耳鼻咽喉科(14)

歯科口腔外科(9)

リハビリテーション科(12)

心臓血管外科(6)

小児科(66)

産婦人科(50)

精神科(69)

放射線科(84)

麻酔科(13)

緩和ケア科(29)

感染症科(226)

産業医(9)

初期研修医(489)

医学生(45)

その他(358)


Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter