Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/21

小児の食物アレルギーについて 子育てに関わる全員が知っておきたい!

  • 内科

  • アレ膠リウマチ内科

  • 小児科

  • 小児科
  • 食物アレルギー
  • 経皮感作
  • アレルギーマーチ
  • 粗抗原
  • コンポーネント
  • 栄養指導
  • 食物経口負荷試験

7,682

61

2022/2/8
どっと@小児科

総合病院

小児の食物アレルギーで最も大切なことは 正しい知識をつけること

このスライドをみて、一通りのイメージを付けましょう!!

◎目次

・はじめに:外来や家庭でこんなこと聞かれませんか?

・食物アレルギーとは(基礎)

・小児の食物アレルギー 何を知るべき?

・part.1 原因と対策

・経皮感作=アレルギーのアクセル

・全ては湿疹から始まる?アレルギーマーチという考え方

・経口免疫寛容=アレルギーのブレーキ

・原因から考える対策

・part.2 注意する食べ物の種類

・原因食物の内訳

・偽物アレルギーにご注意を

・part.3 検査について

・食べ物毎の参考にしやすい検査項目

・part.4 食物経口負荷試験とは

・part.5 実際の対応(必要最小限の除去)

・専門家による栄養指導の必要性

・実際の指導(例:1歳女児 牛乳アレルギー)

・補足:合併するアレルギー疾患の対策

・Take Home Message


どっと@小児科さんの他の投稿スライド

小児の食物アレルギー 〜食物ごとの特徴を意識する〜

#鶏卵 #ナッツ #ピーナッツ #クルミ #小麦

51

9,230

不登校は要注意!起立性調節障害(OD)ー 朝起きられないのは心?身体? ー

#起立性調節障害 #新起立試験 #起立直後性低血圧 #体位性頻脈症候群 #血管迷走神経性失神 #遷延性起立性低血圧 #ミドドリン塩酸塩 #メチル硫酸アメジニウム #プロプラノロール #漢方薬 #水分 #運動

50

8,001

小児科頻用薬について〜救急外来はこれで十分?〜救急担当 研修医必見!

#溶連菌 #救急外来 #吸入薬 #小児科 #抗ヒスタミン薬 #アセトアミノフェン #初期研修医 #浣腸 #アモキシシリン #ホームケア指導

270

56,445

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(266)

消化器内科(47)

循環器内科(65)

呼吸器内科(63)

血液内科(27)

糖尿病内分泌代謝内科(38)

腎臓内科(19)

アレ膠リウマチ内科(20)

脳神経内科(79)

総合診療科(94)

救急科(286)

外科(27)

消化器外科(2)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(10)

泌尿器科(19)

形成外科(13)

皮膚科(21)

眼科(14)

耳鼻咽喉科(11)

歯科口腔外科(7)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(31)

産婦人科(41)

精神科(53)

放射線科(43)

麻酔科(9)

緩和ケア科(18)

感染症科(162)

産業医(3)

初期研修医(216)

その他(255)


小児の食物アレルギーについて 子育てに関わる全員が知っておきたい!

  1. 員が 全 る わ 関 ⼦育てに ︕ い た き お 知って ⼩児の⾷物アレルギーについて (内容は最も典型的な即時型タイプを主としています) どっと@⼩児科

  2. はじめに︓外来や家庭でこんなこと聞かれませんか︖ こどものアレルギーが⼼配で…、今できること何かありますか︖ やっぱりアレルギー検査とかって先にした⽅がいいんですか︖ ⾷べた⽅が良いのか悪いのか、実際のところどうなんですか︖ (そ、そんなにいっぺんに聞かれても…。正直わからん。) そ、そうですね。様⼦をみていきましょう…かね。 様⼦って何︖あんたそんなことも知らないの︕︖ ヒエ〜 💦💦 こんなご経験はありませんか︖ ⼩児の⾷物アレルギーで最も⼤切なことは 正しい知識をつける こと このスライドをみて、⼀通りのイメージを付けましょう︕︕

  3. ⾷物アレルギーとは(基礎) 定義︓⾷物によって引き起こされる抗原特異的な免疫学的機序を介して ⽣体にとって不利益な症状が惹起される現象。 ・有病率 乳幼児 5-10% 学童以降 1-3% ・症状 摂取から約2時間以内に体から排除するためのアレルギー反応が起こる。 稀に命に関わるアナフィラキシーを起こす(国内で年に0-4⼈の⽅が亡くなる)。 *⽪膚症状 86.6% 呼吸器症状 38.0% 消化器症状 27.1% ショック 10.8% ・⾃然経過 乳幼児期の主な原因である鶏卵・⽜乳・⼩⻨は、成⻑とともに多くは 耐性を獲得する。学童以降に発症した⾷物は耐性獲得の可能性が低い。 ・管理・治療 正しい診断に基づいた必要最⼩限の原因⾷物の除去を原則とし、症状 誘発時の対応、⾷⽣活・栄養⾯で注意する点の指導を⾏う。

  4. ⼩児の⾷物アレルギー 何を知るべき︖ 1.原因と対策 2.注意する⾷べ物の種類 3.検査について 今回は情報の整理を主としましたので、 アナフィラキシー対応などは割愛します。 4.⾷物経⼝負荷試験とは 5.実際の対応(必要最⼩限の除去)

  5. part.1 原因と対策 - ポイント - アレルギーは湿疹から作られ、腸から治る。 経⽪感作と経⼝免疫寛容を理解する。 • ⾷物アレルギーの原因は、腸が未熟な状態でアレルゲンを摂取することだ と考えられていましたが、近年の研究で常識は180度変わりました。 2003年 ピーナッツオイルをスキンケアとして塗ると、ピーナッツアレルギーが増える。 2008年 ピーナッツを早くから⾷べている地域に、ピーナッツアレルギーが少ない。 2015年 乳児期の早期摂取によりピーナッツアレルギーを予防できる。 2017年 肌をきれいにして卵を早期に摂取すると卵アレルギーを予防できる。 こういった経緯で ⽪膚(湿疹) と ⾷べること の重要性が認識されてきています。

  6. 経⽪感作=アレルギーのアクセル そもそもアレルギーは・・・ 本来は安全なもの(⾷物や花粉)を、 危険な異物 と免疫が誤解し、侵⼊時に 追い出す反応(かゆみや咳、嘔吐)を、 正常な⽪膚 湿疹・肌荒れ ⾓質などで防御 バリア機能が破綻 (バリア機能) 免疫細胞が活性化 異物は侵⼊しない 異物が⽪膚に侵⼊ 過敏に起こしてしまう状態。 免疫の誤解がつくられる主な部位が 湿疹・肌荒れ と考えられています。 *そのため周囲の環境に存在するものに抗体が 作られることが多いです。 例① そば屋の⼦どものソバアレルギー 例② クルミを⾷べる家の⼦のクルミアレルギー 異物にIgE抗体を作る

  7. 全ては湿疹から始まる︖ アレルギーマーチという考え⽅ 乳児湿疹 + アトピー性⽪膚炎 ⾷物アレルギー + 気管⽀喘息 + アレルギー性⿐炎 アレルギー性結膜炎 アレルギー素因のある児は、しばしば成⻑に伴い様々なアレルギー疾患を発症します。 その様⼦を⾳楽隊のマーチ(⾏進)になぞらえて、アレルギーマーチと呼びます。 その中で最も重要な病態が 湿疹 (アトピー性⽪膚炎) だと考えられています。

  8. 経⼝免疫寛容=アレルギーのブレーキ そもそも腸管は 異物 である⾷物を消化・吸収し、栄養 を得ています。 そのため 経⼝免疫寛容 といって、⾝体にとって必要なものが摂取された場合は、 異物であっても、過敏反応を起こさないように覚えておこうという機能があります。 → アレルギー疾患のブレーキ的な機能です。 すぐに治らなくとも脱感作(反応しにくい段階)を作ることも期待できます。 重症度にもよりますが、最近はむやみに完全除去はせず、 誘発歴があっても、安全な量はなるべく⾷べていくこと 栄養だから 受け⼊れよう が勧められます。治る可能性を⾼めるだけでなく、脱感 作によって誤⾷時の安全性を⾼めることにも繋がります。

  9. 原因から考える対策 経⽪感作 経⼝免疫寛容 発症の原因 予防・治癒の要 アクセルになる ブレーキの役割 アレルギーのアクセルとブレーキから考える対策は︖ 肌をきれいにする(湿疹の治療) ⾷べ始めを遅くしない 環境中の抗原を減らす むやみに完全除去にしない どちらも⼤切です︕

  10. part.2 注意する⾷べ物の種類 - ポイント - 基本は三⼤アレルゲン(鶏卵・⽜乳・⼩⻨) 近年急激に増加している ナッツ類 にも注意が必要です。 • ⾷物アレルギーは原因を理解した上で、注意が必要な⾷べ物を把握すること が予防・対策に重要です。三⼤アレルゲンといわれる 鶏卵・⽜乳・⼩⻨ で ⾷物アレルギーのほぼ 3/4 を占めることを知っておきましょう。 • 他に、⾃宅で摂取する家庭が急激に増えているピーナッツやクルミなどの ナッツ類、回転寿司で空間中に⾶び交う(らしい)イクラ も散⾒されます。 • ⽣活環境に存在し、本⼈が⾷べていないものにリスクがあるイメージです。

  11. 原因⾷物の内訳 (平成29年度 即時型⾷物アレルギー全国モニタリング調査結果参照) カシューナッツ 1.7% ⼤⾖ 1.6% ソバ 1.8% エビ 2.5% 年代別 ① その他 3.0% イクラ 3.8% ピーナッツ 5.1% 鶏卵 クルミ 5.2% 34.7% ⼩⻨ 10.6% ⽜乳 22.0% 新規アレルゲン ② ③ 鶏卵 ⽜乳 ⼩⻨ 鶏卵 ⿂卵 ナッツ ⿂卵 落花⽣ ナッツ 果物 甲殻類 (イクラ) (イクラ) 甲殻類 ナッツ ⼩⻨ ⿂類

  12. 偽物アレルギーにご注意を ⾷物アレルギーは体につくられた抗体による免疫反応です。 抗体の関与しない反応が、誤ってアレルギーとされていることが多々あります。 医療者⽬線でも、患者⽬線でも注意しておきましょう。 パターン① ⾷中毒に準ずるもの ・サバを⾷べて30分後に全⾝にじんましんが︕→ ヒスタミン中毒 ・⽣卵を⾷べた後に発熱と下痢が︕→ ⾷中毒(アレルギーは通常発熱を伴わない) パターン② ⾷物に含まれる仮性アレルゲンなどによる反応(⾷物不耐症) ・ヤマイモが⼝についたら痒くなった。 → アセチルコリンなど ・⽜乳を飲むと下痢をします。 → 乳糖不耐症 ・おしゃれなゼリーを⾷べたら顔が⾚くなった。 → アルコールかも

  13. part.3 検査について - ポイント - 安易な検査は不必要な除去の元、重要なのは 問診 です。 ⾎液/⽪膚検査は参考程度、確定診断には 負荷試験 を⾏います。 • ⾷物アレルギーの診断において、最も重要なものは 問診 です。 check! 症状が出たときの様⼦・⾷べたもの・時間経過・アレルギー素因・基礎疾患など • ⾎液/⽪膚検査が陽性でも、実際には⾷べられることも少なくありません。 なんとなく検査して、なんとなく除去はむしろリスクが⾼くなります。 • 明らかな症状誘発歴がなければ、検査で陽性でも診断には 負荷試験 が必要です。 検査結果に応じて、どう進めていくかをイメージしてから検査を⾏いましょう。

  14. ⾷べ物毎の参考にしやすい検査項⽬ 粗抗原+(検査可能な)コンポーネント *コンポーネント︓抗原の中でより反応しやすい部分 ⾷物アレルギーでは、数⼗種類を同時測定する検査(MAST・Viewなど)は不適です。 粗抗原 (卵⽩) コンポーネント (オボムコイド) ⾼め 感度 低め 低め 特異度 ⾼め 卵⽩(+) オボムコイド(+) → かなりそれらしい 卵⽩(+) オボムコイド(ー) → 偽陽性も考慮する 粗抗原 コンポーネント 鶏卵(卵⽩) オボムコイド ⽜乳 カゼイン ⼩⻨ ω-5 グリアジン ピーナッツ Ara h 2 クルミ Jug r 1 カシューナッツ Ana o 3

  15. part.4 ⾷物経⼝負荷試験とは - ポイント - ⽬的は主に2つ ① 確定診断 ② ⾷べられる量の評価 安全性を確保するため、慣れている施設で⾏うことが必要です。 • ⾷物経⼝負荷試験はアレルギーがある、もしくは疑われる⾷べ物を安全性を 確保して、病院で実際に⾷べてみる検査です。 • 原因⾷物がわからない場合の確定診断や、原因⾷物がわかっている場合でも 閾値(安全に⾷べられる量)や耐性獲得を評価するために⾏います。 • 現在推奨される 必要最⼩限の除去 を⽬指すために最も重要な検査ですが、 アナフィラキシーを誘発する可能性もあり、適切な評価・対応が可能な施設 で⾏う必要があります(⾷物アレルギー研究会のHPで負荷試験実施施設の確認が可能です)。

  16. part.5 実際の対応(必要最⼩限の除去) - ポイント - ⾷物の除去は、種類も量も必要最⼩限 を⼼がける。 その上で 安全性確保・栄養の担保 のために患者教育が重要。 • 完全除去は、⼀部の重症例や誤⾷リスクの低い⾷物で現在も⾏われますが、 特に⼩児は 相対的に治りにくくなること、誤⾷時に重い症状を起こす リスクが⾼まる ことから、なるべく避けたいと考えられています。 • また、特に複数の⾷物を除去している場合、実はアレルギーのない⾷物 や すでに治っている⾷物 を除去していることも珍しくありません。 • 負荷試験で確認できた閾値の範囲内で、摂取していくことが望ましいです。

  17. 専⾨家による栄養指導の必要性 栄養を補う 誤⾷を防ぐ QOLの向上 適正な成⻑ 誤⾷例の提⽰ 加⼯品の提⽰ 代替⾷の提⽰ 周囲への説明 お店の紹介 ⾷物アレルギーと診断された場合 ほとんどの⽅が今後の⽣活・将来に⼤きな不安を抱えます。 正確な情報を調べることは思っているより⼤変です。 軽症例でも、⼀度は専⾨的な指導を受けることをお勧めします。

  18. 実際の指導(例︓1歳⼥児 ⽜乳アレルギー) ヨーグルトの初回摂取でじんましんが出現し、特異的IgEも陽性のため⽜乳アレルギー疑いで専⾨施設に紹介。 ⽜乳の負荷試験を⾏い、3ml は摂取できたが、10ml でじんましんが複数個出現し、陽性と判断された。 今回の負荷試験は 10ml 陽性でした。やはり⽜乳アレルギーをお持ちのよう です。⾷物アレルギーはアナフィラキシーなど命に関わる症状を起こす可能性 があり、今後乳製品の摂取に注意が必要です。 ⽜乳アレルギーは乳に含まれるタンパク質、主にカゼインが原因です。乳製 品でもタンパク質の量は幅があり、例えばバターよりチーズの⽅が反応を起こ しやすいです。⼀般的な乳製品のタンパク質含有量の⼀覧をお渡ししますね。 乳製品を除去するとカルシウム不⾜に注意が必要です。⾖腐や⾖乳、しらす などで補うか、アレルギー⽤ミルクの使⽤も可能です。 以前はアレルギーのある⾷べ物は完全に避けることが基本でしたが、現在は 摂取が可能な量は摂取していた⽅がよいと考えられています。これから実際の 摂取⽅法やアレルギー症状が出現したときの対応について説明します。…

  19. 補⾜︓合併するアレルギー疾患の対策 ⾷物アレルギーの管理では、必要最⼩限の除去・患者指導と同等に 合併するアレルギー疾患の管理 が⾮常に重要です。 アレルギーマーチを意識して Total Management を⽬指します。 ⾷物アレルギー アトピー性⽪膚炎 ・感作の悪化・進⾏を防ぐ。 ・アレルギーマーチの進展を防ぐ。 気管⽀喘息 ・誤⾷時の重⼤な発作を防ぐ。 アレルギー性⿐炎 ・⼝腔周囲症状を防ぐ。 ・QOLを⾼める。

  20. Take Home Message • アレルギーは肌で作られ、腸から治る。 経⽪感作 と 経⼝免疫寛容 を理解しよう。 • ⾷物の除去は、種類も量も 必要最⼩限 。 • 今後の⾷⽣活や栄養についての相談も重要。 軽症でも⼩児アレルギー専⾨外来に相談しよう。

  21. 参考⽂献 • ⾷物アレルギー診療ガイドライン 2016 • ⾷物アレルギー診療の⼿引き 2020 • 海⽼澤元宏ら 症例を通して学ぶ年代別⾷物アレルギーのすべて 改定第2版 南⼭堂 • Lack G, et al. N Engl J Med 2003; 348(11):977-85 • Do Toit G, at al. J Allergy Clin Immun 2008; 122:984-91 • Du Toit G, at al. N Engl J Med 2015; 372:802-13

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.