敗血症患者の輸液/考え方〜SSCGと動的指標〜

1/22

荒川 裕貴

荒川 裕貴

東京都立多摩総合医療センター

13232views

敗血症患者を診た時の初期輸液の考え方をqSOFAやSSCG2016の理論を含めて解説しています。敗血症では血管内脱水と血管拡張の要素が混在して血圧低下が起きており、まずは細胞外液による十分な補液が必要である。またCO=SV×HRの理論式を元になぜ敗血症では輸液しなくてはならないか輸液をすると前負荷があがるのか、血圧低下に輸液が有効か、たくさん輸液をするとどうなるのかを説明しています。敗血症治療の触りを学びましょう!

敗血症患者の輸液/考え方〜SSCGと動的指標〜

1. 『敗血症の輸液療法』 東京都立多摩総合医療センター 救急科  荒川 裕貴
2. 症例:68歳 女性 主訴:悪寒 現病歴: 来院前日の夜から倦怠感を自覚。 来院当日の朝に38.5℃の発熱あり。食欲不振、嘔気あり自宅で休んでいたが症状は改善しなかった。 23時頃に悪寒・戦慄が出現、体動困難となったため夫が救急要請。
3. 症例:68歳 女性 既往歴:糖尿病、高脂血症、胆嚢結石症 常用薬:メトグルコ、ジャヌビア、クレストール 来院時Vital: JCS 1,GCS E3V4M6, HR 118, BP 85/48 RR 24, SpO2 96(room), BT 37.5℃
4. -