医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

「重症感を伴う下痢」と「慢性下痢」 L1.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/19

関連するスライド

免疫抑制・化学療法によるB型肝炎ウイルス再活性化への対策

免疫抑制・化学療法によるB型肝炎ウイルス再活性化への対策

黒田浩一

154

154

逆流性食道炎治療薬まとめ

逆流性食道炎治療薬まとめ

Antaa運営事務局

155

155

「重症感を伴う下痢」と「慢性下痢」

投稿者プロフィール
長野広之

京都大学大学院 医療経済学分野

37,878

135

概要

下痢は非常にコモンな症状ですが、その中には重篤な疾患が隠れていることもあります。本スライドでは、「重症感を伴う下痢」と「慢性下痢」をテーマに、下痢症の鑑別のポイントについて解説します。

<重症感を伴う下痢>

・TSS(toxic shock syndrome)、敗血症性ショック

・CD腸炎

・甲状腺クリーゼ

・消化管出血

・SFTS

・アナフィラキシー

<慢性下痢の鑑別のポイント>

“Watery”

・アルコール

・甲状腺機能亢進

・IBS

“Fatty”

・アミロイドーシス

・SIBO

・膵外分泌機能不全

“Inflammatory”

・IBD

・CD腸炎

・アメーバ腸炎

  +

そして忘れてはいけない“薬剤性”(下剤、PPI、NSAIDs)

※本スライドは、2020年11月24日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」で使用したスライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。

https://www.facebook.com/antaa/videos/3796899703688163

本スライドの対象者

研修医/専攻医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

免疫抑制・化学療法によるB型肝炎ウイルス再活性化への対策

免疫抑制・化学療法によるB型肝炎ウイルス再活性化への対策

黒田浩一

黒田浩一

154

16,628

2024/1/22

炎症性腸疾患(IBD)治療薬 薬効ごとのまとめ

炎症性腸疾患(IBD)治療薬 薬効ごとのまとめ

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

76

11,441

2023/10/16

逆流性食道炎治療薬まとめ

逆流性食道炎治療薬まとめ

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

155

14,763

2023/10/13

検便でサルモネラが出たときの対応について

検便でサルモネラが出たときの対応について

松浦良樹

松浦良樹

78

12,130

2023/9/13




テキスト全文

  • #1.

    特別回 「重症感を伴う下痢」 と 「慢性下痢」 京都大学大学院 医療経済学分野 長野広之

  • #2.

    ■ 医師10年目、2児の父 ■ 天理よろづ相談所病院で初期研修。内 科ローテイトコースで後期研修、総合内 科スタッフ. 2016年度より洛和会丸太町 病院 救急総合診療科医員 ■ 2020年度より京都大学大学院 医学 研究科 医療経済学教室 博士課程 ■ 日本プライマリ・ケア連合学会 病院 総合医委員会メンバー

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter