アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール

「重症感を伴う下痢」と「慢性下痢」

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/18

シェア
長野 広之

2020/12/01

長野 広之

京都大学大学院 医療経済学分野

7549 page views

下痢は非常にコモンな症状ですが、その中には重篤な疾患が隠れていることもあります。本スライドでは、「重症感を伴う下痢」と「慢性下痢」をテーマに、下痢症の鑑別のポイントについて解説します。

<重症感を伴う下痢>
・TSS(toxic shock syndrome)、敗血症性ショック
・CD腸炎
・甲状腺クリーゼ
・消化管出血
・SFTS
・アナフィラキシー

<慢性下痢の鑑別のポイント>
“Watery”
・アルコール
・甲状腺機能亢進
・IBS
“Fatty”
・アミロイドーシス
・SIBO
・膵外分泌機能不全
“Inflammatory”
・IBD
・CD腸炎
・アメーバ腸炎
  +
そして忘れてはいけない“薬剤性”(下剤、PPI、NSAIDs)

※本スライドは、2020年11月24日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」で使用したスライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。
https://www.facebook.com/antaa/videos/3796899703688163

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

169845 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7604 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25438 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10287 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6077 33
もっと見る

「重症感を伴う下痢」と「慢性下痢」

1. 特別回 「重症感を伴う下痢」 と 「慢性下痢」 京都大学大学院 医療経済学分野 長野広之
2. ■ 医師10年目、2児の父 ■ 天理よろづ相談所病院で初期研修。内 科ローテイトコースで後期研修、総合内 科スタッフ. 2016年度より洛和会丸太町 病院 救急総合診療科医員 ■ 2020年度より京都大学大学院 医学 研究科 医療経済学教室 博士課程 ■ 日本プライマリ・ケア連合学会 病院 総合医委員会メンバー
3.
4. 問診の12項目 1. 主訴 7. 社会歴 2. 現病歴 8. 家族歴 3. Review of systems 9. 月経歴 4. 患者背景 10. 性交渉歴 5. 既往歴 11. ペット飼育歴 6. 薬歴 12. 海外渡航歴
5. 情報をProblem化し鑑別へ N Engl J Med. 2006 Nov 23;355(21):2217-25. 患者の問診 知識 情報収集 文脈 適切に「Problem」を表現する 仮説形成 経験 illness scriptの 検索と選択
6. Semantic Qualifier 得た情報を医学言語化し 普遍化し概念化すること 「複数の関節が腫れている」 「入院当日からの」 「多関節炎」 「polyarthritis」 「急性の」 「Acute」
7. 特異的なKey wordを加えたProblemを ストックしておくと便利
8. 特別回 「重症感を伴う下痢」 と 「慢性下痢」
9. 下痢の分類 ■ 急性下痢は14日以内の1日3回以上の下痢と定義される ■ 多くは感染性(細菌、ウイルス性) ■ 慢性下痢の定義は4週間以上続く下痢
10. 原因 潜伏期 血便 嘔吐 平均体温 カンピロバクター 鶏肉(たたきなど)、飲料 水、サラダ 2-5日 0% 15% 38.1℃ サルモネラ(非チフス) 牛肉のたたき、レバ刺し、生 卵、鶏肉 1-3日 1% 14.6% 38.5℃ ビブリオ 7-9月の魚介類(寿司、刺し 身) 2-48時間 0% 56.1% 37.4℃ エルシニア 加熱不十分な豚肉、牛乳、水 1-2日 - - 発熱は多い (データなし) 腸管毒素原性大腸菌 水や食事(旅行者下痢) 〜2日 0% 4.5% 37.1℃ 腸管出血性大腸菌 加熱不十分な肉、野菜(スプ ラウト) 1-8日 31.8% 6.7% - 黄色ブドウ球菌 握り飯、仕出し弁当、サンド イッチ 6時間 2.2% 94.6% 37.0℃ ノロウイルス 11-4月の生牡蠣、糞口感染、 粉塵感染 1-2日 0% 71.5% 37.7℃ 感染症誌79:864~870,2005
11. 重症感を伴う下痢 ■ TSS、敗血症性ショック ■ CD腸炎 ■ 甲状腺クリーゼ ■ 消化管出血 ■ SFTS ■ アナフィラキシー
12. 重症感を伴う下痢 ■ TSS、敗血症性ショック ■ CD腸炎 ■ 甲状腺クリーゼ ■ 消化管出血 ■ SFTS ■ アナフィラキシー
13. <臨床基準> 1. 発熱:体温>38.9℃ 2. 血圧低下:収縮期血圧<90mmHg 3. 皮疹:びまん性斑状紅斑 4. 落屑:皮疹より1-2週間後に起こる 5. 以下のうち3つ以上の多系統病変 ‒ ‒ ‒ ‒ ‒ ‒ ‒ 消化器: 発症時の嘔吐または下痢 筋肉: 重度の筋肉痛またはCPK > 正常上限の2倍 粘膜: 膣、口腔咽頭または結膜の充血 腎臓: BUNまたはCre > 正常上限の2倍、または無症候性膿尿( >白血球5/HPF) 肝臓: 血清総ビリルビンまたはトランスアミナーゼ値 > 正常上限の2倍 血液: 血小板 < 100,000/mm3 中枢神経系: 見当識障害または意識障害 <検査基準> • 血液・髄液培養陰性(黄色ブドウ球菌は陽性になりうる) • ロッキー山脈紅斑熱、レプトスピラ症、麻疹に対する検査陰性 <分類> Probable:検査基準と臨床基準5つ中4つ Confirmed:検査基準、臨床基準全てを満たす
14. Toxic shock syndromeの7Rs J Infect . 2017 Jun;74 Suppl 1:S147-S152. ■ Recognition ■ Resuscitation ■ Removal of source of infection ■ Rational choice of antibiotics ■ Role of adjunctive treatment ■ Review progress ■ Reduce risk of secondary cases in close contacts
15. 特別回 「重症感を伴う下痢」 と 「慢性下痢」
16. 慢性下痢の鑑別は多い・・ Am Fam Physician. 2011;84(10):1119-1126.
17. 慢性下痢の鑑別 Watery Fatty Inflammatory ■ アルコール ■ アミロイドーシス ■ IBD ■ 甲状腺機能亢進 ■ SIBO ■ CD 腸炎 ■ IBS ■ 膵外分泌機能不全 ■ アメーバ腸炎 そして忘れてはいけない薬剤性(下剤、PPI、NSAIDs)
18. http://nagano1123.livedoor.blog/