Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/14

治療に前向きでない患者さんにどうアプローチする?~「まるわかり糖尿病塾」のぞき見~

  • その他

  • プライマリ・ケア
  • 糖尿病

2,488

7

更新

シェア

ツイート

内容

多くの場合、患者さんは「痛い」「しんどい」、または治して欲しい不具合があり病院へとやってきて、その不具合がよくなることを期待しています。

ところが糖尿病は“臨床疫学的に定められた疾患”であり、確率論的に合併症の危険性が高いと考えられた数値によって定められる疾患です。

本スライドでは、2020年11月発行の『かゆいところに手が届く!まるわかり糖尿病塾』の概要と共に、“治療に前向きでない患者さんにどうアプローチする?”という視点、そして疾患(disease)だけでなく患者さんの病の経験(illness)を理解することの大切さを解説しています。

『かゆいところに手が届く!まるわかり糖尿病塾』(三澤 美和、岡崎 研太郎/編)、医学書院

https://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=92075

※本スライドは、2020年11月19日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」で使用したスライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。

https://www.facebook.com/antaa/videos/697059291178655

本スライドの対象者

専攻医/専門医
三澤美和

大阪医科大学附属病院


関連するスライド

食事・運動・薬物療法を 120%発揮させる スーパー連携術 〜理想的な地域における糖尿病性腎症重症化予防と現実〜

#多職種 #糖尿病 #重症化予防 #合併症 #腎症 #医療連携

9

5,955

最終更新:2021年1月10日

地域で働く✖地域で子育て

#総合診療 #プライマリ・ケア #地域医療

3

6,247

最終更新:2020年11月13日

【デキレジ】頭痛 - 一次性頭痛のみかた -

#救急外来 #ER #神経内科 #研修医 #プライマリ・ケア #片頭痛 #脳神経内科 #頭痛 #初期研修医 #緊張型頭痛 #群発頭痛

243

62,975

最終更新:2023年1月21日

糖尿病治療薬アルゴリズム 〜薬効ごとのまとめ〜

#糖尿病 #ビグアナイド #メトグルコ #SGLT2阻害薬 #GLP-1 #チアゾリジン #SU薬 #グリニド薬 #DPP4 #α-GI #イシヤク

191

62,331

最終更新:2021年11月24日

【研究倫理を一緒に学びませんか?】プライマリ・ケア研究 はじめの一歩 Vol.10

#プライマリケア #プライマリ・ケア #研究倫理

6

1,958

最終更新:2021年6月28日

チームで歩んだ糖尿病診療 〜迷わず行けよ、行けばわかるさ〜

#糖尿病 #チーム医療 #療養支援

10

33,179

最終更新:2021年1月8日



診療科ごとのスライド

内科(322)

消化器内科(50)

循環器内科(72)

呼吸器内科(76)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(45)

腎臓内科(28)

アレ膠リウマチ内科(27)

脳神経内科(90)

総合診療科(124)

救急科(328)

外科(31)

消化器外科(2)

呼吸器外科(3)

乳腺外科(0)

整形外科(77)

脳神経外科(14)

泌尿器科(21)

形成外科(18)

皮膚科(24)

眼科(18)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(4)

小児科(43)

産婦人科(46)

精神科(60)

放射線科(46)

麻酔科(12)

緩和ケア科(22)

感染症科(180)

産業医(8)

初期研修医(296)

その他(279)


治療に前向きでない患者さんにどうアプローチする?~「まるわかり糖尿病塾」のぞき見~

  • 1.

    まるわかり糖尿病塾のぞき見  ~治療に前向きでない患者さんに どうアプローチする?~

  • 2.

    本、出ました! かゆいところに手が届く! まるわかり糖尿病塾  プライマリ・ケアで知っておきたい 糖尿病診療の知識、 全部入り。 https://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=92075

  • 3.

    患者さんとの出会いから、診療のその先まで 第1章 診療のその前に:患者との出会い 第2章 継続外来“必ず押さえる”基本編(1)  フォローアップの基本、薬の使い分け、合併症管理 第3章 継続外来“必ず押さえる”基本編(2)  3分でできる運動指導 3分でできる栄養指導  こんなときどうする? 旅行、災害、アルコールやタバコ 第4章 継続外来“覚えておきたい”応用編  挙児希望の女性、精神疾患、小児、高齢者、がんサバイバー  ▶ケースカンファレンス①②  第5章 診療のその先へ:スタッフ教育と地域連携

  • 4.

    今日はちょっとのぞいてみたいと思います

  • 5.

    糖尿病は他の病気と何が違う? 多くの場合、患者さんは「痛い」とか「しんどい」とか治して欲しい不具合があり病院へとやってきて、その不具合がよくなることを期待している ところが糖尿病は、臨床疫学的に定められた疾患であり、確率論的に合併症の危険性が高いと考えられた数値によって定められる疾患である。

  • 6.

    つまり 患者さんは「決められた数値」に達したことで「糖尿病」と診断されるため、本人には自覚的な症状がない   糖尿病はヴァーチャルな病気である        石井均 病いを引き受けられない人々のケア 患者さんはある日突然、その数値に達したことで  糖尿病にされてしまう

  • 7.

    患者さんの気持ちを理解するのは簡単じゃない 患者さんは糖尿病という疾患(disease)を患いながら、糖尿病という病いの経験(illness)を生きている  HbA1cの上下を議論する前に 「糖尿病と生きる世界」を想像し、伴走してあげてほしい

  • 8.

    治療に前向きでない患者に、どうアプローチする? 私たちの目の前には、スムーズにいかない患者さんがたくさん現れる 投げやりな態度をとる患者さん 頑張っていたけど、燃え尽きてしまった患者さん 何度も治療を中断してしまう患者さん 

  • 9.

    こんなとき役に立つ!コーチング×糖尿病 ①「ペーシング」「傾聴」「承認」によって  患者ー医療者関係を強化する ②情報提供(ティーチング)を行う ③「患者中心の医療の方法」における 健康観・病いの経験を探り全人的に理解する ④行動変容のステージを評価する

  • 10.

    医療者が見ている糖尿病 医者は「病い」を、病態生理学的な ものとして客観的にとらえている ことが多い。                   これを疾患(disease)と呼ぶ  

  • 11.

    患者さんには生きてきた歴史、人生観などがある。 そして、それぞれの患者さんはそれぞれの 人生観によって「病い」に対しての意味を 持っている。(ばちがあたった・・・など)      ⇒これを病い(illness)と考える 疾患(disease)だけではなく、 患者さんの病いの経験(illness)を理解する!

  • 12.

    Diseaseとillnessの理解で前向きでない人にアプローチ 医者の考えている疾患(disease)          患者の考えている病い(illness)には 当然違いが生じてくる。 医療者は disease と illness  両方を理解する必要がある!

  • 13.

    続きは書籍で・・・笑 スタンダードな治療や説明方法だけでなく 患者さんや医療者の心理に 焦点をあて、編集しています。 https://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=92075

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.