Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

AtsuMii@呼吸器外科

1/24

肺がん手術の今までとこれから

  • 呼吸器内科

  • 初期研修医

  • 呼吸器外科

  • 肺切除
  • リンパ節郭清
  • 拡大手術
  • 低侵襲手術
  • 気管支形成術
  • JCOG0802試験

4,123

31

更新

シェア

ツイート

AtsuMii@呼吸器外科

大学附属病院

内容

肺がん手術を、術式ごとに経緯も含めて理解できるようまとめたスライドです。標準術式である肺葉切除とリンパ節郭清、これに対する拡大手術と縮小手術と、低侵襲手術についてまとめています。呼吸器内科・呼吸器外科を目指す専門医・後期研修医、呼吸器をローテする初期研修医を対象としています。

◎目次

・本スライドの対象者

・Take Home Messages

・肺切除には

・肺がん手術の歴史〜標準手術が肺葉切除とリンパ節郭清になった経緯〜

・リンパ節郭清

・まとめ1

・標準/拡大/縮小手術

・拡大手術

・気管支形成術(拡大手術の1つ)

・縮小手術

・腫瘍径とCTR

・JCOG 0802試験

・まとめ2

・低侵襲手術

・内視鏡手術の歴史

・まとめ3

本スライドの対象者

研修医/専攻医

参考文献

  • Graham, E.A. Successful Removal of an Entire Lung for Carcinoma of the Bronchus, JAMA. 101: 1371, 1933.

  • Cahan, W.G.: Radical lobectomy: Thoracic and Cardiovascular Surgery 39, 555-572: 1960.

  • Ramsey HE, Cahan WG, Beattie EJ, et al. The importance of radical lobectomy in lung cancer. J Thorac Cardiovasc Surg; 58: 225–230. 1969

  • Ginsberg RJ, Randomized trial of lobectomy versus limited resection for T1 N0 non-small cell lung cancer. Lung Cancer Study Group. Ann Thorac Surg 1995; 60: 615–622.

  • Intuitive社患者配布用資材

  • 国立がん研究センターHP

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

内容

肺がん手術を、術式ごとに経緯も含めて理解できるようまとめたスライドです。標準術式である肺葉切除とリンパ節郭清、これに対する拡大手術と縮小手術と、低侵襲手術についてまとめています。呼吸器内科・呼吸器外科を目指す専門医・後期研修医、呼吸器をローテする初期研修医を対象としています。

◎目次

・本スライドの対象者

・Take Home Messages

・肺切除には

・肺がん手術の歴史〜標準手術が肺葉切除とリンパ節郭清になった経緯〜

・リンパ節郭清

・まとめ1

・標準/拡大/縮小手術

・拡大手術

・気管支形成術(拡大手術の1つ)

・縮小手術

・腫瘍径とCTR

・JCOG 0802試験

・まとめ2

・低侵襲手術

・内視鏡手術の歴史

・まとめ3

本スライドの対象者

研修医/専攻医

参考文献

  • Graham, E.A. Successful Removal of an Entire Lung for Carcinoma of the Bronchus, JAMA. 101: 1371, 1933.

  • Cahan, W.G.: Radical lobectomy: Thoracic and Cardiovascular Surgery 39, 555-572: 1960.

  • Ramsey HE, Cahan WG, Beattie EJ, et al. The importance of radical lobectomy in lung cancer. J Thorac Cardiovasc Surg; 58: 225–230. 1969

  • Ginsberg RJ, Randomized trial of lobectomy versus limited resection for T1 N0 non-small cell lung cancer. Lung Cancer Study Group. Ann Thorac Surg 1995; 60: 615–622.

  • Intuitive社患者配布用資材

  • 国立がん研究センターHP


このスライドと同じ診療科のスライド

臨床病期1期(ステージ1)の非小細胞肺癌のガイドライン

#オシメルチニブ #肺葉切除 #非小細胞肺癌 #外科切除 #テガフール・ウラシル #開胸 #アテゾリズマブ #胸腔鏡下手術 #標準手術 #術後補助療法 #PET

31

3,643

最終更新:2023年1月23日

救急エコーはまず肺より始めよ 簡単ですぐに使えて コスパ最高

#エコー #救急外来 #医学生 #研修医 #救急科 #気胸 #肺エコー #初期研修医 #POCUS #B line #Lung slidingの消失 #A line #Lung sliding

567

63,481

最終更新:2023年1月5日

はじめての胸腔ドレナージ!-注意すべきことは?-

#気胸 #呼吸器外科 #胸腔穿刺 #ドレナージ

360

44,538

最終更新:2023年1月3日

呼吸器内科医のキャリアプラン~呼吸器内科医の実際のところ~

#J-osler #ライフプラン #認定医 #育児 #専門医取得 #資格

58

18,852

最終更新:2022年12月15日

みんなの救命救急科出版記念!SNSから始まる新たなキャリア

#SNS #みんなの救命救急科 #Antaa Slide

18

4,672

最終更新:2022年11月11日

Primary survey 呼吸(B)の異常【メカニズムの評価を中心に】

#看護師 #初期研修医向け #みんなの救命救急科 #急性呼吸不全 #ABCDアプローチ

56

21,149

最終更新:2022年11月3日


診療科ごとのスライド

内科(323)

消化器内科(50)

循環器内科(72)

呼吸器内科(76)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(45)

腎臓内科(28)

アレ膠リウマチ内科(27)

脳神経内科(90)

総合診療科(124)

救急科(329)

外科(31)

消化器外科(2)

呼吸器外科(3)

乳腺外科(0)

整形外科(77)

脳神経外科(14)

泌尿器科(21)

形成外科(18)

皮膚科(24)

眼科(18)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(4)

小児科(43)

産婦人科(46)

精神科(60)

放射線科(46)

麻酔科(12)

緩和ケア科(22)

感染症科(181)

産業医(8)

初期研修医(298)

その他(279)


肺がん手術の今までとこれから

  • 1.

    肺がん⼿術の 今までとこれから AtsuMii@呼吸器外科

  • 2.

    本スライドの対象者 • 呼吸器外科を⽬指す外科専⾨医や後期研修医 • 呼吸器内科を⽬指す内科専⾨医や後期研修医 • 呼吸器をローテする初期研修医

  • 3.

    Take Home Messages 1. 肺がんに対する標準術式は肺葉切除+リンパ節郭清。 2. 周囲臓器を合併切除するのが拡⼤⼿術、肺葉切除より⼩さく 切除するのが縮⼩⼿術。 3. 低侵襲⼿術には、創を⼩さく、少なくするものと切除範囲を ⼩さくするものの2種類。

  • 4.

    肺切除には 切除範囲によって、 全摘、葉切除、区域切除、部分(楔状)切除 の4種類に⼤別されます 全摘 ⽚側の肺を 全て切除 葉切除 肺葉の単位で 切除 区域切除 肺葉よりも⼩さな 区域に沿って切除 切除範囲が ⼤きくなれば、侵襲や 肺機能の損失も ⼤きくなります 部分(楔状)切除 解剖学的な構造は無視し、 部分的に切除

  • 5.

    肺がん⼿術の歴史 〜標準⼿術が肺葉切除とリンパ節郭清になった経緯〜

  • 6.

    1933年 Dr. Evarts A. Graham(ワシントン⼤学) 49歳の産婦⼈科医の左上葉肺がんに対して、左肺全摘術 術後18年⽣存 初の 術後⻑期 ⽣存例 それまでは、肺⾎管、気管⽀を肺⾨で⼀括処理していたが、 Dr. Grahamは肺⾎管、気管⽀をそれぞれ処理 今⽇の肺癌⼿術の基礎を築いた 肺がんに対して 外科切除(全摘)が できるようになり ました ちなみに、 胃がんに対する胃切除の最初の報告は、 1881年 Billroth Dr. Evarts A. Graham Graham, E.A. Successful Removal of an Entire Lung for Carcinoma of the Bronchus, JAMA. 101: 1371, 1933.

  • 7.

    1950年 Dr. Edward D. Churchill (マサチューセッツ総合病院) ⼿術死亡率 5年⽣存率 肺がん切除 171例 標準術式(全摘) 114例 22.8% 12% 対照術式(葉切) 57例 14.1% 19% ⼿術死亡、⽣存率ともに 全摘より、葉切が良い結果 Dr. Edward D. Churchill 葉切が 標準術式と なりました Churchill, E. D.The Surgical Management of Carcinoma of the Lung, J. Thoracic Surg.20: 349-365: 1950.

  • 8.

    リンパ節郭清 “Radical lobectomy” Cahan WG ”根治的肺葉切除”と 1960年 Dr. WG Cahan 和訳されました 肺葉切除+リンパ節郭清を ”Radical lobectomy”と呼び、 肺がんの標準術式とするよう提唱 1969年 Dr. HE Ramsey リンパ節郭清を伴う切除は、 単純切除と⽐較し、⽣存率が良く、 ⼿術死亡に差がない 葉切+リンパ節郭清が 標準術式と なりました Cahan, W.G.: Radical lobectomy: Thoracic and Cardiovascular Surgery 39, 555-572: 1960. Ramsey HE, Cahan WG, Beattie EJ, et al. The importance of radical lobectomy in lung cancer. J Thorac Cardiovasc Surg; 58: 225–230. 1969

  • 9.

    まとめ1 • 肺がん対する最初の術式は、全摘でした。 • その後、全摘と葉切の⽐較試験が⾏われ、周術期、⻑期予後とも 結果の良かった葉切が第⼀選択となりました。 • 単純葉切と⽐較し、リンパ節郭清を追加する”radical lobectomy”の予後が良好であり、以降、葉切+リンパ節郭清が 標準術式となりました。

  • 10.

    標準/拡⼤/縮⼩⼿術 • これまでの経緯から、肺葉切除+リンパ節郭清が標準術式とな りました。 • 標準⼿術に対する術式として、拡⼤⼿術と縮⼩⼿術があります。

  • 11.

    拡⼤⼿術 • 進⾏肺がんに⾏う⼿術。 • 肺の周囲には肋⾻、⼤動脈、⼼臓、椎体などの臓器、組織が存 在します。 • 肺がんがこれらに浸潤した場合に、肺とともに切除(合併切除) します。これが拡⼤⼿術と呼ばれます。 切除する肺の量が 多い訳ではありません

  • 12.

    気管⽀形成術(拡⼤⼿術の1つ) 通常の 肺葉切除 ここで気管⽀を 切ります 気管⽀形成を伴う 肺葉切除 腫瘍が中枢に 存在している場合、 通常の位置で切ると 断端に癌が残るので、 通常より、中枢で 切離する必要があります 気管⽀ 楔状切除 気管⽀ 管状切除 気管⽀の切り⽅は 2通り ⼀部でも気管⽀が つながっている →楔状切除 完全に切り離して しまう →管状切除 最後に、切離した 気管⽀を縫合します

  • 13.

    縮⼩⼿術 • 縮⼩⼿術は、切除する肺の量が葉切除よりも⼩さいもの。区域 切除と部分(楔状)切除があります。 区域切除 部分(楔状) 切除

  • 14.

    画像診断技術の 進歩 末梢⼩型肺がんの 増加 喫煙率の低下 ⼩さな肺がんには 縮⼩⼿術で良い︖ という疑問が当然出てきます

  • 15.

    1995年 GinsbergらLung Cancer Surgery Group(LCSG) 3cm以下の肺がんに対する縮⼩⼿術の妥当性を検討する試験 局所再発率 5年⽣存率 葉切 2.1% 89.1% 縮⼩⼿術 6.3% 83.1% 区域切除と 部分切除が 含まれています 局所再発率、⽣存率ともに 葉切が良かった ⼩さな肺がんに対しても 葉切+リンパ節郭清が 標準術式 Ginsberg RJ, Randomized trial of lobectomy versus limited resection for T1 N0 non-small cell lung cancer. Lung Cancer Study Group. Ann Thorac Surg 1995; 60: 615–622.

  • 16.

    0 0.25 CTR 0.5 JCOG 0804 (cm) 腫 瘍 全 2 体 径 腫瘍径とCTR JCOG 0802の結果が、 2022年4⽉に発表され ました! 1 JCOG 0802 部分切除 ⽇本発の試験 葉切除 vs 区域切除 JCOG 1211 区域切除 CTR(consolidation/tumor ratio) 0 3 pure GGN 葉切除 渡辺俊⼀ <0.5 肺癌, 2020, 60:924-928 1 pure solid part solid nodule 低 悪性度 ⾼ 国⽴がん研究センターHPより

  • 17.

    ⼩さいけれど、充 実部分の⼤きい(= 悪性度が⾼そうな) 病変が対象 JCOG 0802試験 • 2cm以下、CTR>0.5の⾮⼩細胞肺がんに対する葉切除と区域 切除の⽐較試験 部切は ⼊っていません • 5年全⽣存率 葉切除 91.1% vs 区域切除 94.3% と区域切除 で良好な結果 将来的に、⼩型肺がんに対する標準術式が 変更となる可能性あり

  • 18.

    まとめ2 • 拡⼤⼿術は進⾏肺がんに対する術式で、周囲臓器・組織を合併 切除するものや、気管⽀形成術が含まれます。 • 縮⼩⼿術は標準術式の葉切除と⽐較し、⼩さな範囲で切除する 術式で、区域切除や部分(楔状)切除が含まれます。

  • 19.

    低侵襲⼿術 • 切除範囲を⼩さくする(=縮⼩⼿術)ものと創を⼩さく、少なく するものの2種類あります。 • 創を⼩さく、少なくすることができるようになったのは、内視 鏡等技術の進歩によります。

  • 20.

    内視鏡⼿術の歴史 • 1987年 • 1990年 世界初の腹腔鏡下胆嚢摘出術(Dr. P Mouret(フランス)) 国内1例⽬のが腹腔鏡下胆嚢摘出術 (帝京⼤学溝⼝病院外科 ⼭川達郎) • 胸腔鏡⼿術は、1990年から気胸に対して導⼊ • 1992年 世界初の肺癌に対する胸腔鏡下肺葉切除術(Dr. RJ Lewis(アメリカ)) • 1993年 国内初の胸腔鏡下肺葉切除術(東海⼤学 岩崎正之)

  • 21.

    • 2002年 世界初のロボット⽀援肺葉切除術の報告(Dr. F.M.A. Melfi(イタリア)) • 2009年 国内初のロボット右肺上葉切除の報告(藤⽥保健衛⽣⼤学 須⽥隆) • 2011年 世界初の単孔式胸腔鏡下肺葉切除術の報告(Dr. D. Gonzalez (スペイン)) 開胸⼿術 胸腔鏡⼿術 ロボット⽀援⼿術 胸腔鏡⼿術、ロボット⽀援⼿術とも 施設によって創の位置、数が若⼲異なります 単孔式はこの創 1か所だけです 20-30cmの ⽪膚切開 3〜5か所、 最⼤8cmの ⽪膚切開 5〜6か所、 最⼤4cm程度の ⽪膚切開 da Vinci(⼿術⽀援ロボット) Intuitive社患者配布⽤資材より

  • 22.

    まとめ3 • 内視鏡含めさまざまな機器の進歩により、肺がん⼿術にも内視 鏡⼿術が導⼊され、低侵襲化が進みました。 • 今後も、技術の進歩や新たな知⾒の出現によって、より低侵襲 で適切な肺がん⼿術が患者さんに提供できるようになると考え ています。

  • 23.

    Take Home Messages 1. 肺がんに対する標準術式は肺葉切除+リンパ節郭清。 2. 周囲臓器を合併切除するのが拡⼤⼿術、肺葉切除より⼩さく 切除するのが縮⼩⼿術。 3. 低侵襲⼿術には、創を⼩さく、少なくするものと切除範囲を ⼩さくするものの2種類。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.