医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

非専門医が”間質性肺炎を診る”とは L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/72

関連するスライド

肺癌診療ガイドラインの‘’隙間‘’ 第2弾 こんな時、どうする?

肺癌診療ガイドラインの‘’隙間‘’ 第2弾 こんな時、どうする?

キュート先生@呼吸器内科

42

42

症例から学ぼう!MPA 顕微鏡的多発血管炎

症例から学ぼう!MPA 顕微鏡的多発血管炎

ゆっこ@膠原病・リウマチ

72

72

非専門医が”間質性肺炎を診る”とは

投稿者プロフィール
飛野和則

飯塚病院

37,052

90

概要

一般内科、循環器内科、心臓血管外科、老年内科、膠原病科の医師で、たまたま肺の聴診をしたり、肺のCTを読影する機会がある先生におすすめのスライドです。

間質性肺疾患は日常診療に潜んでいて、「分かった時には手遅れ」というケースを日々経験しています。

間質性肺疾患を見逃すことは癌を見逃すことと同じです。

是非この機会に覚えていただければ嬉しいです。

また、診療には多くの人が関わる必要があり、特に診断には技術と“儀式“が必要です。

今回のレクチャーで、少し覗いてみてください。

敬遠したくなる分野かもしれませんが、ざっくばらんに楽しくお伝えしたいと思いますので、是非ご参加ください。

【このスライドで学べること】

・間質性肺疾患の多くは予後が悪い事が分かる。

・間質性肺疾患の診断に至るまでには多くの工数があり、最後はパーティで診断しなければならないことがわかる。

・難病申請し医療費補助が受けられるケースも多く、今は治療薬もあるため、見逃しは罪になることがわかる。

※Zoomウェビナーで解説したスライドになります。

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

肺癌診療ガイドラインの‘’隙間‘’ 第2弾 こんな時、どうする?

肺癌診療ガイドラインの‘’隙間‘’ 第2弾 こんな時、どうする?

キュート先生@呼吸器内科

キュート先生@呼吸器内科

42

8,056

2023/12/18

第3回:間質性肺疾患に必要な膠原病の知識 〜呼吸器内科医のための実践知識 全3回〜 臨床で差をつける間質性肺疾患

第3回:間質性肺疾患に必要な膠原病の知識 〜呼吸器内科医のための実践知識 全3回〜 臨床で差をつける間質性肺疾患

山野泰彦

山野泰彦

148

18,729

2024/4/9

症例から学ぼう!MPA 顕微鏡的多発血管炎

症例から学ぼう!MPA 顕微鏡的多発血管炎

ゆっこ@膠原病・リウマチ

ゆっこ@膠原病・リウマチ

72

15,834

2023/10/30

間質性肺炎の緩和ケア

間質性肺炎の緩和ケア

番場祐基

番場祐基

171

43,265

2020/12/24



テキスト全文

  • #1.

    -

  • #2.

    本日覚えて頂きたい言葉 ILD ILA と

  • #3.

    ある日の外来 健康診断の 胸部レントゲンで 異常陰影あり (右下肺野結節影)

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter