臨床研究基礎の基礎〜PE(I)COとFINER/研究デザイン

1/24

重見 大介

重見 大介

東京大学大学院公共健康医学専攻(SPH)

5267views

臨床研究はハードルが高く感じられるかもしれませんが、本スライドは基礎的なこととしてgoogle scholarやmendeleyの使い方から解説しています。臨床の疑問をリサーチクエスチョンにPE(I)COを用いて変え、できたRQをFINERを用いて検証します。最後にスタディデザインについてケースレポートから介入RCTまで紹介します。

臨床研究基礎の基礎〜PE(I)COとFINER/研究デザイン

1. 2018.2/12臨床研究基礎の基礎 –現場での疑問をカタチに変える–18:00-20:00 at イシテラス 主催:Antaa 重見大介 東京大学大学院SPH 産婦人科専門医
2. 本日の予定 18:00-18:10 自己紹介 18:10-18:30 臨床研究と論文作成って楽しい! 18:30-18:55 PE(I)COとFINERについて 18:55-19:10 臨床現場における研究デザインについて 19:10-19:20 休憩 19:20-19:50 研究のタネを題材にPE(I)COとFINER 19:50-20:00 総括 をみんなで考えてみよう!
3. 始める時期は、早い方がいい! ・臨床経験と研究能力は必ずしも比例しない ・卒後10年目で始めるのと卒後3年以内で始めるのでは  インパクトが違う ・研究についても経験値が重要 ・そして、臨床と研究がどちらも相乗的に楽しくなる! ・さらに、中堅以上になったとき、絶大な差になってくる!
4. -