Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/23

TKAにおける Patient-specific guideを併用した改良型 JIGEN の有用性

  • 整形外科

  • TKA
  • 改良型JIGEN
  • 三次元術前計画システム

1,696

5

2019/9/30
2019/10/28 更新

内容

TKAにおける Patient-specific guideを併用した改良型 JIGEN の有用性を研究しました。CT画像を用いた三次元術前計画システムを使用しています。

佐藤卓

新潟医療センター


関連するスライド

3D 術前計画ソフトを用いたTKAの実際

#TKA #3D術前計画ソフト #ZedKnee

7

3,353



診療科ごとのスライド

内科(284)

消化器内科(48)

循環器内科(67)

呼吸器内科(63)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(40)

腎臓内科(20)

アレ膠リウマチ内科(21)

脳神経内科(82)

総合診療科(104)

救急科(300)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(12)

泌尿器科(19)

形成外科(14)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(35)

産婦人科(42)

精神科(54)

放射線科(44)

麻酔科(10)

緩和ケア科(19)

感染症科(166)

産業医(3)

初期研修医(237)

その他(259)


TKAにおける Patient-specific guideを併用した改良型 JIGEN の有用性

  1. 佐藤 卓、 渡辺 聡、山中佳代、 高橋勇樹、坂爪佑輔 新潟医療センター  TKAにおける Patient-specific guideを併用した改良型 JIGENTM の有用性

  2. 三次元術前計画システム インプラント設置だけでなく、         手術器械の設置・調節 も目標設置状態に合わせて予め計画 手術器械連携型 CT画像を用いた

  3. 計画 術中 計画 術中 本法の原理 髄内(IM)ロッドの刺入アライメントが予測可能 解ら 2008

  4. 計画 術中 計画 術中 術中、刺入点と刺入深度を制御 → 計画通りのIMロッドアライメントを再現 本法の原理 髄内(IM)ロッドの刺入アライメントが予測可能 解ら 2008

  5. 前方皮質に接触 (術前計画) IMロッド挿入シミュレーション

  6. θ θ 前方皮質接線を用いた回旋角度設定

  7. 手術器械設置シミュレーション 顆部形状を参照 IMロッドの計画的刺入と外反角度調整 回旋アライメント 屈伸・内外反アライメント 予定    骨切り面 外反角度 前方接線 後顆接線

  8. これまでの問題点 ① 大腿骨 × 脛骨 IMロッド刺入点決定デバイスの位置 IMロッド刺入点位置と回旋 再現性↓(特に脛骨側) 肉眼的に決定

  9. θ これまでの問題点 ②

  10. 骨切り後も脛骨回旋指標を確認可能 patient specific guide (PSG) の併用

  11. 骨切り後も脛骨回旋指標を確認可能 patient specific guide (PSG) の併用

  12. 骨切り後も脛骨回旋指標を確認可能 patient specific guide (PSG) の併用 個々のCTデータから3Dプリンタで作成

  13. 骨切り後も脛骨回旋指標を確認可能 patient specific guide (PSG) の併用 個々のCTデータから3Dプリンタで作成 刺入点・回旋角度の再現性向上 手技の簡便化 器械数の減少

  14. PSGによるIMロッド刺入点と回旋決定

  15. 術中ビデオ(大腿骨側)

  16. 術中ビデオ(脛骨側)

  17. 本法を用いてTKAを施行し、術後三次元設置位置評価が可能であった50膝(41例:女性38, 男性3) 対象 三次元下肢アライメント測定システム (KneeCASⓇ) Sato et al. J Arthroplasty 2002, 2007 使用機種 設置評価法 EVOLUTIONⓇ(マイクロポート社)  年齢 :平均 72歳 (66 - 83 歳)  診断: 全膝 変形性膝関節症

  18. 設置角度誤差と度数分布 大腿骨側 冠状面 矢状面 回旋 脛骨側 0.5±1.3 外反 0.9±1.9 伸展 0±2.6 0.5±1.7 内反 0.7±1.7 前傾 98% 90% 92% 96% 94% 82% 1.2±3.9 内旋

  19. 術前計画との角度差 (絶対値)とoutlier 発生率  大腿骨側 脛骨側 回旋のoutlier cut off値は5度  CTナビゲーション 本法(50膝)

  20. PSGの設置精度(先行研究) Thienpont et al. JBJS Am 2017 冠状面   アライメント 大腿骨側とHKA:PSGが有意に正確 脛骨側:PSGが有意に不正確 Systematic review による meta analysis 回旋アライメントはPSGが優勢  2,866 PSG vs 2,956 従来法 6 randomized study 444膝 Mannan et al. Knee 2016 脛骨側は統一的な評価基準無し

  21. PSGの設置精度(先行研究) Thienpont et al. JBJS Am 2017 冠状面   アライメント 大腿骨側とHKA:PSGが有意に正確 脛骨側:PSGが有意に不正確 Systematic review による meta analysis 回旋アライメントはPSGが優勢  2,866 PSG vs 2,956 従来法 6 randomized study 444膝 Mannan et al. Knee 2016 脛骨側は統一的な評価基準無し

  22. 本法の有用性 元来有している回旋アライメントにおける優位性 IMロッドの計画的刺入による                    冠状面・矢状面アライメントの安定性 + PSGとして 術者間、症例間の再現性向上 手技の簡便化 手術器械数の減少 改良型JIGENとして

  23. ご静聴有り難うございました ご静聴有り難うございました

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.