Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/18

COVID-19の症状 2020.12

  • 感染症科

  • 感染症
  • COVID-19

4,777

5

2020/12/12
2020/12/12 更新

本スライドの対象者

研修医/専攻医

内容

2020.11に掲載したものの「COVID-19の症状」の部分です。

黒田浩一

神戸市立医療センター中央市民病院


黒田浩一さんの他の投稿スライド

市中肺炎診療の考え方 ウィズコロナ時代

#市中肺炎 #感染症 #COVID-19

102

404,036

最終更新:2020年12月12日

COVID-19 診断・治療・感染対策

#感染症科 #感染症 #新型コロナウイルス感染症 #COVID-19

176

917,275

最終更新:2020年11月16日

COVID-19治療 アップデート 2022年11月版

#ステロイド #COVID-19 #レムデシビル #コロナ #ソトロビマブ #モルヌピラビル #ニルマトレルビル・リトナビル #デキサメタゾン

268

419,237

最終更新:2022年11月5日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(301)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(70)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(316)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(44)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(259)

その他(260)


COVID-19の症状 2020.12

  1. COVID-192020.12 UPDATE 神戸市立医療センター中央市民病院 感染症科 黒田浩一 COVID-19の症状

  2. COVID-19の症状

  3. 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 診療の手引き 第3版

  4. BMJ. 2020 Oct 23;371:m3862. doi: 10.1136/bmj.m3862.

  5. 重症COVID-19はbiphasic illnessである 重症化 炎症cascade>ウイルス増殖 J Antimicrob Chemother. 2020 Oct 25;dkaa442. doi: 10.1093/jac/dkaa442.

  6. 重症化する一般的な経過 N Engl J Med. 2020 May 15. doi: 10.1056/NEJMcp2009575. 時間単位で急速に 呼吸不全が悪化することがある

  7. Lancet Respir Med. 2020;8(7):717-725. COVID-19の気管切開ガイダンス ・入院:16-20%(米国・欧州) ・挿管:5-12% ・長期間の人工呼吸器:6% ・気管切開:0.5%

  8. COVID-19患者の症状 軽症・中等症81%、重症14%、最重症5% 1, 5)

  9. 嗅覚障害と味覚障害(1) 急性発症する嗅覚または味覚障害は、COVID-19の特徴のひとつである 報告によって頻度にバラつきがある :重症度・人種・性別・聴取に仕方に影響を受けている可能性 嗅覚障害の頻度(メタ解析):41-53% 1-2) 味覚障害の頻度(メタ解析):38-44% 1-2) 鼻閉を伴うことは少ない(25-35%)3-5) 嗅覚または味覚障害がCOVID-19の初発症状であることは10-30%程度 3-5)

  10. 嗅覚障害と味覚障害(2) 症状が嗅覚または味覚障害のみのCOVID-19患者  :1.9-3%(分母は全COVID-19患者)1-2) COVID-19疑い患者の嗅覚または味覚障害の診断精度  :感度23-42%、特異度95-99% 3-5) 嗅覚障害のリスク 1,3,6-10)  :女性、若年、軽症、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎

  11. 当院のCOVID-19患者でも同様の傾向 第2波(2020.6-2020.9)の10歳以上の患者111名を対象とした % %

  12. 嗅覚障害と味覚障害:まとめ COVID-19患者の40-50%でみられる 通常は、発熱や気道症状と同時または後に出現する 軽症例、女性、若年者で多くみられる 急性気道感染症患者でのCOVID-19診断における特異度は高い COVID-19流行期の急性気道感染症で来院した患者では  必ず嗅覚障害と味覚障害の有無を確認する

  13. COVID-19の年代別イメージ 診断された患者(病院に受診する患者)では.... - 小児・20歳未満:いわゆる風邪(数日-1週間で改善) - 20-30歳台:軽症(症状は長め)、嗅覚障害、時々肺炎 - 40-50歳台:肺炎多い、発熱7-10日以上はありえる - 60歳以上:呼吸不全を呈する肺炎が多い インフルエンザとは、臨床経過は異なるが、発症時の症状は似ているため区別は困難

  14. 他の感染症の合併(診断時・入院後) 細菌感染症(主に気道):2.2-7%(ICUに限定:11-15%)1-3,10-12) 血液培養陽性率(院内発症も含む):1.6-1.8% 4,10) ウイルス感染症:1.6-20.7% 1,2,5,6,10) 非定型肺炎: 0.15% 6) 院内感染:4.3-14.3% 3,11,13)、真菌感染症もありえる 7-9) :ICUで人工呼吸器管理中の患者では侵襲性肺アスペルギルス症に注意 報告によって、対象とする感染症(気道感染症のみ or すべての感染症)、時期(季節)、気道検体の提出率、重症患者の占める割合が異なるため、報告される細菌感染症合併率に違いが生じている

  15. COVID-19と細菌感染症 入院が必要なCOVD-19患者は、インフルエンザ入院患者のように、高率に細菌感染症を合併するわけではない(一般病棟 5%未満、ICUでは11-15%) 注意点:どの報告も診断時の気道検体の培養提出率が低いため、市中発症の細菌感染症合併が過小評価されている可能性がある 原因となる細菌は、市中感染・院内感染ともに、それぞれ一般的な細菌であり、SARS-CoV-2患者に感染しやすい細菌は今のところ指摘されていない(市中感染:肺炎球菌、S. aureus、H. influenzae、院内感染:緑膿菌、腸内細菌科細菌、S. aureus、CNS) Clin Microbiol Infect. 2020 Sep 23;S1198-743X(20)30577-2. Clin Microbiol Infect. 2020 Jul 31;S1198-743X(20)30450-X. Open Forum Infectious Diseases, ofaa484, https://doi.org/10.1093/ofid/ofaa484

  16. 他の感染の合併:インフルエンザ インフルエンザとの混合感染は報告されている - 1%-50%と幅が大きい1-5) - 報告による頻度の差は、研究が行われた季節による? 混合感染は、COVID-19単独より予後が悪い可能性がある 5,7) 予防が重要:インフルエンザワクチンとマスク着用 8)

  17. 他の感染の合併(当院data) 2020年3月から9月までの218例の入院時の呼吸器感染症合併 - インフルエンザ合併なし(流行が収束していた) - 非定型肺炎合併なし - 細菌性肺炎(10例:4.6%)  全例、重症(6例:9.7%)または最重症(4例:13.8%) - その他:尿路感染症 2例・褥瘡感染症1例(うち2例は他院院内発生例)

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.