使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/27

シェア

Dr. やまて

Non-Med Hospital

6070 page views

「変性疾患はとっつきづらい」と思っている人は多いかもしれません.しかしParkinson病はコモンな疾患で,救急外来・病棟で出くわす場面もあります.疾患像をおおまかに捉えて,非専門医としての「デキる」対応をしましょう.

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

28057 15

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

288215 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

16619 39

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

418349 203

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

61027 33

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18740 49
もっと見る

デキレジは”こう動く” ーParkinson病ー

1. デキレジは“こう動く” ーParkinson病ー presented by Non-Med Hospital
2. Introduction こんな経験,ありませんか?
3. 「高齢者の発熱か.Parkinson病の既往ありか.(へぇー)  ん!?めっちゃ高熱ですやん!  しかも,やけに手足硬くない!?わたわた」 「これは悪性症候群ですね」 「はい!?」 ヤバレジ 神経内科医 こんな経験,ありませんか?①
4. 「消化管穿孔の患者さんを担当するぞ.  なになに?Parkinson病があるのか.  絶食だけど,薬って中止していいのかな?」 「よし.投薬内容を確認して.L-ドパ量を計算しよう.  LED換算表をもとに,ドパストンで代替だ!」 「What!?」 ヤバレジ こんな経験,ありませんか?② デキレジ
5. 2人の違い 把握してない 把握している 疾患の全体像 非専門医の対応 理解していない 理解している
6. このスライドの目標 把握してない 把握している 理解していない 理解している デキレジになろう! 疾患の全体像 非専門医の対応
7. CONTENTS 01. Parkinson病とは 02. 救急外来でみるPD 03. 病棟でみるPD
8. 01.Parkinson病とは PDの概論/自然歴/治療法
9. 【四大症状】   振戦   筋強剛   姿勢反射障害   無動,小刻み歩行 レム睡眠行動障害 うつ,幻覚 認知症 便秘,排尿障害 起立性低血圧 嗅覚障害 Parkinson病 非専門医でも使う 抗てんかん薬を覚えよう! 脳内でのドパミン不足が原因で, いろんな症状が出る病気 運動症状 自律神経障害 精神症状 1 2 3 4
10. 初期 進行期 高度進行期 Parkinson病治療 ≒ 糖尿病治療 オフ (運動症状が悪化) オン (コントロール良好) 効きすぎ (ジスキネジアなど) ドパミン 症  状(血 糖 値)を見ながら ドパミン(インスリン)の量を調整    ①直接補充 :L-ドパ(インスリン)  ②作用を補助:アゴニスト(SU/グリニド薬)  ③分解を阻害:COMT阻害薬(DPP-4阻害薬)
11. 治療が奏功 (ハネムーン期) 日常生活に支障 (治療抵抗性) 寝たきり Parkinson病の自然歴 初期 進行期 高度進行期 前駆期 Ⅰ Ⅲ Ⅴ Ⅱ Hoen & Yhar 重症度分類 Ⅳ 0年 10年 15-20年
12. 02.救急外来でみるPD Wearing off/ジスキネジア/悪性症候群
13. 救急外来でみるPD 押さえておくべきはこの3つ
14. Case1「ふるえがひどくなりました.」 最近の治療状況(減量中?) 悪化する時間帯(内服直前) 服薬コンプライアンス ドパミン需要量の増加(感染症など) off 症状 ■対処法 治療が不十分で,ドパミンが足りない状態 ■聴取すべき情報 治療の強化(投薬の増量)※救急外来では不要 うごけない… ■症状 振戦,歩行障害の増悪
15. Case2「ふるえがひどくなりました.」 ジスキネジア くねくね動く… 投薬の調整(投薬の減量)※救急外来では不要 ■対処法 最近の治療状況(増量中?) 悪化する時間帯(内服数時間後) 服薬コンプライアンス ■聴取すべき情報 不随意運動の出現 ■症状 治療の副作用で,ドパミンが過剰な状態
16. Case3「高熱が出て,朦朧としてます.」 最近の治療状況(減量中?) 服薬コンプライアンス(急な中断は?) 感染の合併は? 悪性症候群 ■聴取すべき情報 自律神経障害:発熱(≧40℃),頻脈,発汗 錐体外路症状:著名な筋固縮,振戦 意識障害  :混迷 ■対処法 投薬再開,ダントロレンナトリウム,全身管理 ※適切に治療しないと死に至る ■症状 急な中断で,脳内のバランスが崩壊 ※詳細な機序は不明 …… ガチガチ
17. 救急外来でみるPD まとめ off 症状 ジスキネジア 悪性症候群 足りない 効きすぎ 急な中断 ■聴取  治療状況(減量?)  悪化する時間帯  服薬コンプライアンス  急性疾患の有無 治療の強化 ■聴取  治療状況(増量?)  悪化する時間帯  服薬コンプライアンス 投薬の減量 ■聴取  治療状況(減量?)  服薬コンプライアンス  感染合併の有無 投薬再開,全身管理, ダントロレンナトリウム
18. 03.病棟でみるPD Wearing off/ジスキネジア/悪性症候群
19. 病棟でみるPD 押さえておくべきはこの2つ
20. Q1.欠食/周術期のPD管理は? 急な中断は, 悪性症候群/ドパミンアゴニスト離脱症候群のリスク 内服できない (ex.全身状態不良) 腸が使えない (ex.周術期) 経腸投与 静注薬/貼付薬に置換 A1.なるべく治療を継続
21. 治療薬のL-ドパ換算量(LED)を計算  静注薬 and/or 貼付薬に置換 具体的な置換方法 出典:INTENSIVIST 2016;8:827-837 例) マドパー®100mg 3T 朝昼夕 コムタン®100mg 1T 朝昼夕 LED=(100mg×3)+(100mg×0.2)×3=450mg ドパストン®50mg+生食50ml 1日3回 ニュープロ®パッチ4.5mg   1日1枚 ※LD:L-ドパ投与量 半量〜等量投与
22. Q2.不穏/せん妄時のPD管理は? A2.禁忌薬に注意 ハロペリドール(セレネース®) :禁忌! リスペリドン (リスパダール®):低用量なら副作用軽減 クエチアピン (セロクエル®) :糖尿病患者で禁忌 ペロスピロン (ルーラン®)  :日本国内での使用 鎮静薬の多くは抗精神病薬 抗精神病薬=抗ドパミン作用=Parkinson症状の悪化 クエチアピン<オランザピン<リスペリドン<ハロペリドール (低用量では,リスペリドン<オランザピン) ■主な薬剤 ■症状を悪化させにくい順 案)内服可 :リスペリドン0.5ml/糖尿病なければクエチアピン12.5mg   内服不可:フルニトラゼパム(サイレース®) 1mg+生食100ml          ※呼吸抑制に注意.基本的に使用しない.
23. 病棟でみるPD まとめ 欠食/周術期 不穏/せん妄 禁忌薬に注意 ▶内服ができない(状態不良)    経腸投与 ▶腸が使えない(周術期)    静注薬/貼付薬に置換  ※LEDを計算 投薬を継続 ▶禁忌薬    ハロペリドールは禁忌 ▶症状を悪化させにくい薬    低用量リスペリドン  クエチアピン(糖尿病なければ)
24. デキレジは“こう動く”
25. 進行期 高度進行期 初期 病棟 救急外来 off 症状 悪性症候群 欠食/周術期 不穏/せん妄 ドパミンが過剰 ドパミンが不足 脳内バランスが崩壊 投薬を継続 禁忌薬に注意 ■症状:パーキンソニズム ■聴取:減量? ■対処:投薬増量 ■症状:不随意運動 ■聴取:増量? ■対処:投薬減量 ■症状:発熱,固縮,混迷 ■聴取: 急な中断? ■対処:投薬再開,ダントロレン ■内服不可:経腸投与 ■経腸不可:静注薬/貼付薬 ■禁忌薬:ハロペリドール ■使用薬:低用量リスペリドン,      クエチアピン(DM禁忌) ジスキネジア
26. デキレジに,なれましたか? 把握してない 把握している 理解している デキレジ! 疾患の全体像 非専門医の対応 理解していない
27. Dr. やまてが運営するサイト「Non-Med」では, 医師のための ”Non-Medical” を,発信しています. 興味がある方はぜひ!  https://non-med.com We are DEKI-RESI! Non-Med Hospital