認知症診療について知ってほしいこと(市民向け講演)

1/34

山本 大介

山本 大介

湘南鎌倉総合病院

413views

認知症テーマの市民向け講演のスライドです。医療従事者でも役に立つ内容です。特に、抗認知症薬導入時の説明、病的認知症の説明をご参考にしてください。ケアサービスにつなげるためにも、医療機関での評価が重要であります。

認知症診療について知ってほしいこと(市民向け講演)

1. 市民向け医療講演「認知症」について~もの忘れ(認知症)診療で知っておいてほしいこと~       山本 大介 石垣島徳洲会病院 ・ 湘南鎌倉総合病院              神経内科
2. 認知症(ものわすれ)はどこから? 脳細胞のピークは20歳。 それからずっと減少し続ける。 年齢を重ねるほど、脳の機能は低下しうる。 生理的に、認知機能は悪化しうるもの。 では、病的な認知症とは? 日常生活に問題をきたす機能の低下        を来した場合である。
3. “確からしい”物忘れ? 「自分で物忘れを心配して外来を訪れる人は、 認知症ではない。」という研究がある。 そもそも、「自覚がない」のが認知症の特徴。 物忘れがある+自覚がない+進行性に悪化がある+生活に支障がある これは確からしい物忘れ、と言えます。 物忘れがあっても、進行が無ければよい。   年齢相応と言える。 
4. 皆さんへの質問 「家族から、もの忘れ外来に行こう」 と言われたら、どう思われますか? 家族の言うとおり行ってみようと 思いますか? もしくは、「ご家族に病院に行こう」 と伝えられますか?
5. 実際の外来での会話 「認知症だなんて言われて、病院に連れてこられて気分はあまりよくないでしょう。」 「ただし、年齢によって脳細胞が減るのは当然で、私もあなたも平等に脳の機能は落ちるわけです。」 「もの忘れの薬は、副作用が問題ないなら飲んだ方が得ですよ。少しでも、もの忘れの進行が   遅くなるのですから。」 「御本人にとっても、御家族にとっても、 もの忘れの進行が遅くなるのはいいことですよね?」
6. どんな「得」があるのか? 「認知症の薬は、劇的にもの忘れが改善するわけではありません。進行を遅くするようなものなので、自覚的には“得”が感じにくいかもしれません。」 「薬を飲むと、もし仮に自宅生活できなくなる日が来るとして、その日を2年遅らせることができる、      というデータがあります。」 「家で長く暮らせる時間が2年も増えるなら、 飲んだ方が得だと思いませんか?」
7. 外来の医者の気持ち 外来に家族に連れてこられてムッとしているんだろうな。ご自分では自覚されていないんだろうし。 薬を飲んでもらうのに、スムーズに説明したいな。 家族は困っているから連れてきているんだろうし、家族のためにも、薬は飲んでもらうように     ご本人に話はしないと。 テストでは傷つけないようにしないと。 当事者に嫌な想いをさせたくないと思っています。
8. 認知症の中核症状と周辺症状 中核症状 →物忘れそのもの 周辺症状 →物忘れに伴う問題行動 易怒性 おこりっぽさ 暴力行為 被害妄想 物とられ妄想がおおい 徘徊 これら両方について、「薬」で相談に乗れます。 後者のほうが、介護者には  切実な問題です。
9. もの忘れの当事者は“困っている” 特徴的な所見 「取り繕い」 何か最近のニュース、知りませんか?   返事→『TVみていないからわかりません。』  ・・・・・そんなことはないとは思うのだけど・・・・ 当事者は、落ちた能力を補おうと頑張っている。 私たちは、  困っていること、  頑張っていることを、  理解したいと思っています。
10. ここまでのまとめ 私たちは、なるべくもの忘れで「困っている」方を理解しようとしますし、配慮もします。 もの忘れ外来は怖いものや、不快なものでは  ありませんので、ご安心下さい。 投薬によって「得」があります。 中核症状の進行抑制と、 周辺症状の改善のお手伝いができます。
11. もの忘れ外来でやること 診察 採血検査 コレステロール、糖尿病 ビタミン不足 ホルモン不足(甲状腺) 画像検査 (CT, MRI) 追加の画像検査 もあるが、高度医療施設でしかできません。
12. 実際に診察させてください。 パーキンソン病のような症状があるのか? 歩き方(小刻み?幅広?)が問題ないのか? 変わった症状(失行・失語)はないのか? 受け答えの反応も確認しています
13. 三つの代表的な認知症 アルツハイマー型認知症 脳血管性認知症(脳卒中による認知症) レビー小体型認知症(パ-キンソンの認知症) それぞれ特徴があるので、 大まかに説明します。
14. 歩行障害があるのか?ないのか? 認知症だが、首から下は元気。 歩行がおかしい 歩けない アルツハイマー型 認知症 レビー小体型認知症 脳血管性認知症 いずれかの 高度認知症
15. アルツハイマー型認知症 ・いわゆる「明るい認知症」 ・当事者は「病識がない」 ・一見、普通に見える。 ・脳のやせが特徴的 MRI検査が参考になります。
16. 点数が2以上でアルツハイマー型認知症を疑うことができます。
17. 脳血管性認知症 「脳卒中」(脳梗塞、脳出血)が原因 いわゆる、「暗い認知症」。 この場合は、認知症の薬だけではなくて、高血圧や、脂質異常症、糖尿病も問題です。 よって、これらのチェックのためにも、   病院に来ていただく メリット   があります。 いずれの認知症でも             これらの治療は重要です。
18. 脳血管性認知症 アルツハイマー型認知症との合併も多いです。 いずれにせよ、脳卒中の予防は大切です。 医者との付き合いがない方は、ある程度の年齢になったら、是非、付き合いをするようにしてください(かかりつけ医を持つ、ということ)。 健診はそれの第1歩です。
19. レビー小体型認知症 「パーキンソン病」の認知症と説明 いわゆる「暗い認知症」 動きの悪さもでてくる 幻視(変なものが見える人)が多い。 投薬は少し難しい。相性が悪いことも。
20. レビー小体型認知症 診断のヒントは以下です。 1日のなかで調子のいい時と悪い時の差がある。 ぼーっとしている。寝てばかり。 幻視が見える(虫、蛇、人がおおい)。 寝言がひどい(レム睡眠行動障害と言います)。 歩行が小刻みである。 薬を飲んだら、変になってしまったことがある。
21. 画像検査 アルツハイマー型  認知症。 側頭葉のやせが目立つ。
22. 画像検査 脳血管性認知症。 脳梗塞が原因のものわすれ。 脳梗塞の予防も大切。
23. 画像検査 慢性硬膜下血腫。 転倒したあとにじわじわと出血が続く。 転倒に注意して下さい。
24. 明るい認知症 → アルツハイマー型認知症 ニコニコ。 病識なし! 1) 一見すると 普通である。 近所の人レベルでは分からない。 2) でまかせ 即答! 考える余地なくすぐに質問に応える。 3) 取り繕い。 つまり、言い訳をする。 4) 振り返り動作。 後ろに控える、家族に振り向く動作。 5) とにかく明るい。 病識ないので受診への拒否感。
25. 明るい認知症 → アルツハイマー型認知症 ニコニコ。 病識なし! 1) 一見すると 普通である。 近所の人レベルでは分からない。 2) でまかせ 即答! 考える余地なくすぐに質問に応える。 3) 取り繕い。 つまり、言い訳をする。 4) 振り返り動作。 後ろに控える、家族に振り向く動作。 5) とにかく明るい。 でまかせ即答。取り繕い。病識なし。 かわいげがない、と感じるのは 思慮深さが足りない。 認知症患者は“困っている”。 失った能力を必死でカバーしようと している努力に理解を示そう。
26. 暗い認知症 →脳血管性? レビー小体型? ムスっ としている。 1) 愛想悪い。 ADのようなニコニコした印象とは異なる。 2) 表情くらい。 仮面様顔貌、ともいう。 3) 質問に長考。 でまかせ即答とは異なる。 すぐに返事なし。 4) 動作緩慢。 パーキンソンの症状、という。 5) 雰囲気が暗い。
27. 現在使える認知症治療薬:中核症状へ アリセプト コリンエステラーゼ阻害薬 レミニール コリンエステラーゼ阻害薬 イクセロン コリンエステラーゼ阻害薬 メマリー NMDA受容体阻害薬 コリンエステラーゼ阻害薬+メマンチン が最大処方。
28. 認知症の相談 病院でご相談ください。 薬でお手伝いができます。これは得があります。 薬は3種類。 もの忘れの薬 :中核症状へ 気分安定の薬:周辺症状へ 高血圧やコレステロールの薬 「生活の相談」もできます。 介護保険の導入の相談 こちらのほうが実際に役に立ちます。
29. ケアへの連携の第1歩 病院に受診していただき、まずは診断を受けましょう。 投薬治療の効果も期待できます。 そして、受診をきっかけに介護保険サービスの導入も行うことができます。 投薬のみならず、ケアサービスを導入していくことが、ご本人・ご家族にとって大きなメリットになります。 まずは病院へ相談しましょう。
30. 私からのお願い ① 運動の習慣は作りましょう。 転倒しないよう、頭をぶたないよう気を付けて下さい。 内科のかかりつけ医は作ってください。
31. 私からのお願い ② 家族にもの忘れ外来にいこうと言われたら、 とりあえず病院に行ってみて下さい。       良くなる認知症もあるわけです。 良くならなくとも、進行抑制ができます。 内科の薬と同じ感覚で、もの忘れの薬は    飲んでもいいと思っています。 御本人のため、御家族のために、        お互い思いやることが大切です。
32. 私からのお願い ③ どんな医療を受けたいのか、ということも御家族と話をされておくことをお勧めします。 しっかりしているときの考えが大事です。 御自分のことは、御自分で決めていただくと  一番、文句が少ないのです。
33. 皆さんへの質問 御家族と、どのような医療を受けたいか 話し合ったことはありますか? 御家族はあなたのお考えを 知っていますか?
34. ご静聴ありがとうございました。ご質問やご意見があればお願い致します。