外傷で専門医コンサルトが必要な時

1/1

藤井 達也

藤井 達也

山王病院

917views

外傷診療中に専門医へのコンサルトを考慮しなくてはならないシチュエーションをまとめました。

外傷で専門医コンサルトが必要な時

1. 外傷初期診療で専門医の評価が必要な損傷11 髄液漏(耳、鼻) 眼の外傷, 視力障害, 眼球, 眼瞼, 涙管, 視神経損傷 耳下腺、耳下腺管損傷 鼓膜障害, 聴力障害 顔面神経麻痺 整容的に問題となる損傷(耳介, 鼻, 眼瞼, 口唇) 舌, 歯肉, 咽頭損傷 歯牙損傷, 咬合障害 骨折 JATEC(外傷初期診療ガイドライン)  改訂3版 日本救急医学会 日本外傷学会